生き方

幸せのタネをまく
30の方法

3
10

スマートに自慢をする方法は
「相手からの許可」にある。

スマートに自慢をする方法は「相手からの許可」にある。 | 幸せのタネをまく30の方法

たまには自慢をしてもいい

 

自慢がいけないわけではありません。

たまには自慢をしてもいいのです。

自慢も会話ネタの1つです。

コミュニケーションの一助になります。

たまには自慢を聞いてほしいことがあるでしょう。

もちろん自慢ばかりでは相手に嫌がられますが、たまには自慢をしてもいい。

自分に強みや長所があれば、アピールしたくなるのは普通です。

承認欲求があるのは普通のことであり、別に悪いことではありません。

自慢話とは、自己アピールの1つです。

上手に自慢すれば、あなたのことが相手に伝わって理解が深まるでしょう。

特に頑張ったことや努力の成果は、思い入れが強くあり、誰かに聞いてもらいたいもの。

「どうしても聞いてもらいたい!」

そんなときは自慢をしてもいいのです。

ただし、自慢をするときには注意があります。

「爽やかな言い方」を心がけましょう。

偉そうな言い方は厳禁です。

嫌みや不快感が出ないよう、できるだけ爽やかな言い方を心がけることが大切です。

 

では、スマートに自慢するにはどうすればいいのでしょうか。

いきなり自慢を始めるのではありません。

にこにこしながら「ちょっと自慢してもいい?」と許可をもらってから始めればいいのです。

 

許可をもらう言い方をすれば、自慢の印象はよくなる

 

にこにこしながら相手にお願いしてみましょう。

「ちょっと自慢してもいい?」と。

 

明るいお願いするような言い方なら、相手に威圧感を与えません。

「どんな内容なのだろう?」と興味を持ってくれれば、相手も了承してくれるでしょう。

許可をもらえれば、堂々と自慢ができます。

相手から了承を得てから自慢することになるので、嫌な感じがしません。

「さあ、これから自慢話をされる」と分かります。

相手は心の準備が整うので、不快を感じにくくなります。

相手にとっては「話してもいいですよ」と了承したことになるので、快く受け入れてくれるでしょう。

少しくらい露骨であっても、好意的に受け止めてもらいやすくなります。

同じ自慢でも、いきなり始めるのと許可をもらってから始めるのとでは印象が違います。

許可をもらってから始める自慢のほうが、相手に受け入れてもらいやすくなります。

 

 

スマートに自慢をする方法は「相手からの許可」にある

 

自慢がいけないのではありません。

いきなり始める自慢がいけないのです。

相手に許可をもらえば、堂々と自慢ができます。

また、自慢の内容を話すときも、爽やかな言い方を心がけましょう。

「偉そうな話し方」は避け「謙虚な話し方」を心がけます。

上から目線にならないよう、事実を淡々と述べる話し方をすれば、嫌みがなくなります。

スマートに自慢できる方法は、事前の了承にあるのです。

幸せのタネをまく方法(10)
  • 自慢をするなら、「まず相手の了承を得る」という方法で、爽やかな言い方を心がける。
うっかり同じ本を買ってしまったら、プレゼントのチャンスができたということ。

もくじ
幸せのタネをまく30の方法
スマートに自慢をする方法は「相手からの許可」にある。 | 幸せのタネをまく30の方法

  1. ためらうことなく幸せになろう。<br>あなたが幸せになることは、社会貢献になる。
    ためらうことなく幸せになろう。
    あなたが幸せになることは、社会貢献になる。
  2. 私たちは、人生を楽しむ勉強が不足している。
    私たちは、人生を楽しむ勉強が不足している。
  3. 大好物をもっとおいしく食べるおまじない。<br>「大好物を食べることができて幸せ!」
    大好物をもっとおいしく食べるおまじない。
    「大好物を食べることができて幸せ!」
  4. 高価なプレゼントをもらったとき、そのまま放置していませんか。
    高価なプレゼントをもらったとき、そのまま放置していませんか。
  5. 嫌なものや汚いものは見なければいい。<br>これだけで心はずいぶん安定する。
    嫌なものや汚いものは見なければいい。
    これだけで心はずいぶん安定する。
  6. 誕生日を覚えているだけでも、祝ったことになる。<br>祝いの言葉も、れっきとしたプレゼントの1つ。
    誕生日を覚えているだけでも、祝ったことになる。
    祝いの言葉も、れっきとしたプレゼントの1つ。
  7. リズムは、自然とできるものではなく、意識をして作るもの。
    リズムは、自然とできるものではなく、意識をして作るもの。
  8. 体の成長には限界がある。<br>心の成長には限界がない。
    体の成長には限界がある。
    心の成長には限界がない。
  9. 「怒らない人になる」と誓いを立てることで、理性のレベルがワンランク上がる。
    「怒らない人になる」と誓いを立てることで、理性のレベルがワンランク上がる。
  10. スマートに自慢をする方法は「相手からの許可」にある。
    スマートに自慢をする方法は「相手からの許可」にある。
  11. うっかり同じ本を買ってしまったら、プレゼントのチャンスができたということ。
    うっかり同じ本を買ってしまったら、プレゼントのチャンスができたということ。
  12. 自分の機嫌は、自分でとる。
    自分の機嫌は、自分でとる。
  13. これからの自分に期待しよう。<br>期待するから、人生をわくわく生きられる。
    これからの自分に期待しよう。
    期待するから、人生をわくわく生きられる。
  14. 好きなことをするために、大切なことを犠牲にする必要はない。
    好きなことをするために、大切なことを犠牲にする必要はない。
  15. ないものを見る癖をやめろ。<br>あるものを見る癖をつけろ。
    ないものを見る癖をやめろ。
    あるものを見る癖をつけろ。
  16. 身に起こる不幸は、幸せのタネ。
    身に起こる不幸は、幸せのタネ。
  17. 立派な人にならなくていい。<br>普通の人になれれば十分。
    立派な人にならなくていい。
    普通の人になれれば十分。
  18. いいことがあったら、人に話そう。<br>その人にとって「いいこと」になる。
    いいことがあったら、人に話そう。
    その人にとって「いいこと」になる。
  19. けなす人は、いずれけなされるようになる。<br>認める人は、いずれ認められるようになる。
    けなす人は、いずれけなされるようになる。
    認める人は、いずれ認められるようになる。
  20. 連れの急なキャンセルは、1人で行動するチャンス。
    連れの急なキャンセルは、1人で行動するチャンス。
  21. 興味のある情報を探すのではない。<br>興味と結びつける力をつけるのだ。
    興味のある情報を探すのではない。
    興味と結びつける力をつけるのだ。
  22. 挨拶を返してくれないときむっとする、本当の理由とは。
    挨拶を返してくれないときむっとする、本当の理由とは。
  23. 目的のない人生が悪いとは限らない。<br>目的のない人生には「自由」がある。
    目的のない人生が悪いとは限らない。
    目的のない人生には「自由」がある。
  24. 余裕のない人は「これが最後」という言い方をする。<br>余裕のある人は「次がある」という言い方をする。
    余裕のない人は「これが最後」という言い方をする。
    余裕のある人は「次がある」という言い方をする。
  25. 念じただけで、相手の幸せを願ったことになる。
    念じただけで、相手の幸せを願ったことになる。
  26. 人のために何かをすることで、生きる力が得られる。
    人のために何かをすることで、生きる力が得られる。
  27. プレゼントは、贈る側も主役。<br>贈る喜びは、もらう喜びと同じくらい大きい。
    プレゼントは、贈る側も主役。
    贈る喜びは、もらう喜びと同じくらい大きい。
  28. 収納は、心を映し出した鏡。<br>余裕のある人になりたいなら「詰め込む癖」をやめること。
    収納は、心を映し出した鏡。
    余裕のある人になりたいなら「詰め込む癖」をやめること。
  29. 意外な日にもらう意外なプレゼントほど、嬉しいプレゼントはない。
    意外な日にもらう意外なプレゼントほど、嬉しいプレゼントはない。
  30. 人生で大切なのは、独占より共有。
    人生で大切なのは、独占より共有。

同じカテゴリーの作品