生き方

幸せのタネをまく
30の方法

2
28

収納は、
心を映し出した鏡。
余裕のある人になりたいなら
「詰め込む癖」をやめること。

収納は、心を映し出した鏡。余裕のある人になりたいなら「詰め込む癖」をやめること。 | 幸せのタネをまく30の方法

余裕のある人になるために、やめるべき癖とは

 

余裕のある人になりたいなら、ある癖をやめましょう。

それは「詰め込む癖」です。

詰め込む癖は悪い癖です。

「詰め込む」ということは、無駄がなくて合理的かつ効率的に感じるかもしれませんが、誤解です。

「詰め込む」ということは「余裕をなくす」ということです。

一見すると理想的に思えますが、余裕という点で言えば最悪です。

 

あなたの余裕は、クローゼットに現れる

 

突然ですが、自分の部屋のクローゼットを開けてください。

その場にいなければ、思い出すだけでもかまいません。

クローゼットの中が、ぎゅうぎゅうになっていないでしょうか。

隙間がなく詰め込まれている様子は、無駄がなく素晴らしく思えますが、注意が必要です。

それは、余裕のない状態です。

隙間がないと、出し入れのときに大変です。

摩擦が生じて、服の劣化も早くなります。

少しでもたくさん収納しようとすると、ぎゅうぎゅうに詰め込みがちです。

人によっては、100パーセントで満足できず、110パーセント・120パーセントの状態になっていることもあるでしょう。

これはよくありません。

すでに限界を超えている状態です。

収納そのものを痛めてしまう可能性もあります。

 

詰め込む癖をやめる

 

余裕を作りたいなら、100パーセントの収納はやめることです。

詰め込む癖をやめるということです。

収納を普段100パーセントで設定している人は、考え方を改めましょう。

余裕がないから、100パーセントに詰め込むのではありません。

100パーセントに詰め込んでいるから、余裕がなくなるのです。

 

100パーセントの状態は避け、隙間を作るようにしてください。

「余白を作る」と言い換えてもいいでしょう。

余裕のある人になるためには、詰め込む癖をやめることが必要不可欠です。

 

 

隙間を作る目安

 

隙間は、いくら作ればいいのでしょうか。

目安は「20パーセント」です。

20パーセントは、隙間を作るようにしましょう。

この考え方は、クローゼットに限りません。

本棚・食器棚、冷蔵庫、冷凍庫、机の引き出しなど、収納に関することは全般に言えます。

収納は、80パーセントが上限と考えるのが正解です。

80パーセントを超えることがあったとしても、一時的にとどめておくことです。

20パーセントの余裕があれば、いざというときに役立ちます。

物を入れたり取り出しやすくなったりします。

幸せのタネをまく方法(28)
  • 詰め込む癖をやめる。
  • 収納は、80パーセントを上限と考え、常に20パーセントの余裕を作っておく。
意外な日にもらう意外なプレゼントほど、嬉しいプレゼントはない。

もくじ
幸せのタネをまく30の方法
収納は、心を映し出した鏡。余裕のある人になりたいなら「詰め込む癖」をやめること。 | 幸せのタネをまく30の方法

  1. ためらうことなく幸せになろう。<br>あなたが幸せになることは、社会貢献になる。
    ためらうことなく幸せになろう。
    あなたが幸せになることは、社会貢献になる。
  2. 私たちは、人生を楽しむ勉強が不足している。
    私たちは、人生を楽しむ勉強が不足している。
  3. 大好物をもっとおいしく食べるおまじない。<br>「大好物を食べることができて幸せ!」
    大好物をもっとおいしく食べるおまじない。
    「大好物を食べることができて幸せ!」
  4. 高価なプレゼントをもらったとき、そのまま放置していませんか。
    高価なプレゼントをもらったとき、そのまま放置していませんか。
  5. 嫌なものや汚いものは見なければいい。<br>これだけで心はずいぶん安定する。
    嫌なものや汚いものは見なければいい。
    これだけで心はずいぶん安定する。
  6. 誕生日を覚えているだけでも、祝ったことになる。<br>祝いの言葉も、れっきとしたプレゼントの1つ。
    誕生日を覚えているだけでも、祝ったことになる。
    祝いの言葉も、れっきとしたプレゼントの1つ。
  7. リズムは、自然とできるものではなく、意識をして作るもの。
    リズムは、自然とできるものではなく、意識をして作るもの。
  8. 体の成長には限界がある。<br>心の成長には限界がない。
    体の成長には限界がある。
    心の成長には限界がない。
  9. 「怒らない人になる」と誓いを立てることで、理性のレベルがワンランク上がる。
    「怒らない人になる」と誓いを立てることで、理性のレベルがワンランク上がる。
  10. スマートに自慢をする方法は「相手からの許可」にある。
    スマートに自慢をする方法は「相手からの許可」にある。
  11. うっかり同じ本を買ってしまったら、プレゼントのチャンスができたということ。
    うっかり同じ本を買ってしまったら、プレゼントのチャンスができたということ。
  12. 自分の機嫌は、自分でとる。
    自分の機嫌は、自分でとる。
  13. これからの自分に期待しよう。<br>期待するから、人生をわくわく生きられる。
    これからの自分に期待しよう。
    期待するから、人生をわくわく生きられる。
  14. 好きなことをするために、大切なことを犠牲にする必要はない。
    好きなことをするために、大切なことを犠牲にする必要はない。
  15. ないものを見る癖をやめろ。<br>あるものを見る癖をつけろ。
    ないものを見る癖をやめろ。
    あるものを見る癖をつけろ。
  16. 身に起こる不幸は、幸せのタネ。
    身に起こる不幸は、幸せのタネ。
  17. 立派な人にならなくていい。<br>普通の人になれれば十分。
    立派な人にならなくていい。
    普通の人になれれば十分。
  18. いいことがあったら、人に話そう。<br>その人にとって「いいこと」になる。
    いいことがあったら、人に話そう。
    その人にとって「いいこと」になる。
  19. けなす人は、いずれけなされるようになる。<br>認める人は、いずれ認められるようになる。
    けなす人は、いずれけなされるようになる。
    認める人は、いずれ認められるようになる。
  20. 連れの急なキャンセルは、1人で行動するチャンス。
    連れの急なキャンセルは、1人で行動するチャンス。
  21. 興味のある情報を探すのではない。<br>興味と結びつける力をつけるのだ。
    興味のある情報を探すのではない。
    興味と結びつける力をつけるのだ。
  22. 挨拶を返してくれないときむっとする、本当の理由とは。
    挨拶を返してくれないときむっとする、本当の理由とは。
  23. 目的のない人生が悪いとは限らない。<br>目的のない人生には「自由」がある。
    目的のない人生が悪いとは限らない。
    目的のない人生には「自由」がある。
  24. 余裕のない人は「これが最後」という言い方をする。<br>余裕のある人は「次がある」という言い方をする。
    余裕のない人は「これが最後」という言い方をする。
    余裕のある人は「次がある」という言い方をする。
  25. 念じただけで、相手の幸せを願ったことになる。
    念じただけで、相手の幸せを願ったことになる。
  26. 人のために何かをすることで、生きる力が得られる。
    人のために何かをすることで、生きる力が得られる。
  27. プレゼントは、贈る側も主役。<br>贈る喜びは、もらう喜びと同じくらい大きい。
    プレゼントは、贈る側も主役。
    贈る喜びは、もらう喜びと同じくらい大きい。
  28. 収納は、心を映し出した鏡。<br>余裕のある人になりたいなら「詰め込む癖」をやめること。
    収納は、心を映し出した鏡。
    余裕のある人になりたいなら「詰め込む癖」をやめること。
  29. 意外な日にもらう意外なプレゼントほど、嬉しいプレゼントはない。
    意外な日にもらう意外なプレゼントほど、嬉しいプレゼントはない。
  30. 人生で大切なのは、独占より共有。
    人生で大切なのは、独占より共有。

同じカテゴリーの作品