人生を豊かにする
30の気づき

  • お金がかかる贅沢もある。
    お金がかからない贅沢もある。
人生を豊かにする30の気づき

お金がかかる贅沢もある。
お金がかからない贅沢もある。

贅沢をするためには、お金がかかると思われています。
贅沢であればあるほど、お金がたくさん必要になると思っている人が多いことでしょう。
・憧れの高級ブランド品を買うこと

お金がかかる贅沢もある。お金がかからない贅沢もある。

なぜ人の目は、前にしかないのか。

人の目は、前にしかありません。
生物の進化の過程で、目が後ろにあっても、不思議ではありません。
目が後ろにあったほうが、後ろから迫る危険を察知して、避けることができるはずです。

なぜ人の目は、前にしかないのか。

偉業の達成に、特別な能力や才能が必要とは限らない。
小さな仕事でも、地道に続けて世の中に役立つものを生み出せればいい。

偉業の達成パターンには、大きく2つあります。
(1)特別な能力や才能を発揮することで偉業を成し遂げるパターン
(2)小さな仕事を地道に続けることで偉業を成し遂げるパターン

偉業の達成に、特別な能力や才能が必要とは限らない。小さな仕事でも、地道に続けて世の中に役立つものを生み出せればいい。

ハイヒールを履いてみると、女性の気持ちが理解できる。
もっと女性に優しくなれる。

男性が女性の気持ちを理解するなら、一度ハイヒールを履いてみることをおすすめします。
「女装をしろ」と言っているわけではありません。
女性の気持ちを理解するなら、実際にハイヒールを履いて歩いてみるのが手っ取り早いのです。

ハイヒールを履いてみると、女性の気持ちが理解できる。もっと女性に優しくなれる。

なぜ、あなたの人生は「いいね」の連続なのか。

SNSでは「いいね」の機能があります。
「いいね」とは、ポジティブ評価を表します。
「いいね」の数が多ければ多いほど、その行為が認められたことになります。

なぜ、あなたの人生は「いいね」の連続なのか。

小さなサプライズは、ポケットにある。

小さなサプライズはどこにあるのでしょうか。
ポケットの中にあります。
人間はうっかりする生き物です。

小さなサプライズは、ポケットにある。

ふと目に留まったのは、あなたに必要な言葉だから。

読みものを楽しんでいると、ある言葉がふと目に留まることはありませんか。
普通に読んでいると、ある言葉に心が引かれることがあるでしょう。
その活字だけ浮き上がって見える。

ふと目に留まったのは、あなたに必要な言葉だから。

品のある人とそうでない人の差は、食べ放題のとき現れる。

品のある人とない人の差は、どこに現れるのか。
その1つが「食べ放題」です。
レストランのビュッフェでは、よく食べ放題のメニューが用意されています。

品のある人とそうでない人の差は、食べ放題のとき現れる。

シンプルなゲームを楽しむコツは、本気になること。

シンプルなゲームを楽しむコツは何でしょうか。
それは「本気になること」です。
パズルゲーム、ビンゴゲーム、ボードゲーム、トランプゲーム。

シンプルなゲームを楽しむコツは、本気になること。

新しいチャンスは、あなたが無駄と思っていることにある。

新しいチャンスはどこにあるのでしょうか。
あなたが無駄と思っていることにあります。
無駄と思っていることは「無駄になるからやめておこう」「無駄だから関わらないでおこう」となっています。

新しいチャンスは、あなたが無駄と思っていることにある。

試験で高得点を取った人に「頭がいいね」と褒めてはいけない。

「頭がいいね」
試験で高得点を取った人に対してよく使われる褒め言葉です。
あなたも試験で高得点を取った人がいれば「頭がいいね」と褒めることがあるでしょう。

試験で高得点を取った人に「頭がいいね」と褒めてはいけない。

なぜ人は、歴史の勉強をするのか。

あるところに「歴史の勉強は無駄だ」と思う学生がいました。
彼は、歴史の先生に、こう問いかけました。
「なぜ、歴史の勉強をするのですか。歴史の勉強なんて意味がないですよ。過去の話を知ったところで、何の役にも立ちません」

なぜ人は、歴史の勉強をするのか。

季節の移り変わりは早い。
せめて1つくらいは「季節らしい思い出」を作ろう。

私たちは年齢を重ねるにつれて、不思議な時間感覚を覚えます。
どんどん時間の進み方が早く感じられるようになるのです。
子供のころは1年が長く感じられましたが、大人になると1年はあっという間です。

季節の移り変わりは早い。せめて1つくらいは「季節らしい思い出」を作ろう。

「過労死」という言葉はあっても「過遊死」という言葉はない。
人は、どれだけ遊んでも死なないようにできている。

働きすぎは体によくありません。
働きすぎは過労死を招くことがあります。
働きすぎると、肉体的にも精神的にも無理な負担がかかり、どんどんストレスをためてしまいます。

「過労死」という言葉はあっても「過遊死」という言葉はない。人は、どれだけ遊んでも死なないようにできている。

人生には「今日」しかない。

人生には「今日」しかありません。
「明日やあさってがあるじゃないか」と思うかもしれません。
たしかに言葉や観念としては存在しますが、現実には存在しません。

人生には「今日」しかない。

自分にとって悪い天候は、誰かにとって良い天候。

悪い天候だからといって、すべての人が同じに感じているとは限りません。
悪い天候は主観的な感覚です。
自分にとって悪い天候であっても、世界のどこかには良い天候と感じている人がいます。

自分にとって悪い天候は、誰かにとって良い天候。

神様からのご利益がないのではない。
神様からのご利益に気づいていないだけだ。

「神様からのご利益がない」と嘆いている人がいます。
「きちんと拝んでいるのに、ご利益がない」
「毎日欠かさず拝んでいるのに、ご利益がない」

神様からのご利益がないのではない。神様からのご利益に気づいていないだけだ。

アポロ計画は、11号にして人類史上初の月面着陸を果たした。
1号から10号までの存在を忘れてはならない。

人類史上初の月面着陸といえば、アポロ計画の「アポロ11号」が有名です。
アポロ計画とは、NASAによる有人月飛行計画のことをいいます。
初めて人類を月に送り込んだとして、歴史の教科書にも必ず載っている偉業ですね。

アポロ計画は、11号にして人類史上初の月面着陸を果たした。1号から10号までの存在を忘れてはならない。

なぜハッピーエンドの最終回だけ見ても、感動できないのか。

感動を生む要素の1つに「ハッピーエンド」があります。
念願の勝利シーン、奇跡の逆転シーン、感動の再会シーンなど、さまざまな種類のハッピーエンドがあります。
アニメやドラマのシリーズといえば、ハッピーエンドで締めくくられるのが定番です。

なぜハッピーエンドの最終回だけ見ても、感動できないのか。

夜空に浮かぶ月には、時代を越えた感動がある。

夜空に浮かぶ大きな天体といえば「月」です。
月の年齢はおよそ45億年。
地球の年齢は46億年ですからほぼ同じくらいの年齢です。

夜空に浮かぶ月には、時代を越えた感動がある。

ぎりぎり間に合わないときもあれば、ぎりぎり間に合うときもある。
人生は帳尻が合うようにできている。

日常ではぎりぎり間に合わない場面があるものです。
「締め切りにぎりぎり間に合わなかった」
「電車にぎりぎり間に合わなかった」

ぎりぎり間に合わないときもあれば、ぎりぎり間に合うときもある。人生は帳尻が合うようにできている。

あなたはいつの間にか、人に影響を与えている。

あなたはいつの間にか人に影響を与えています。
「私は何もしていない。特別なことはしていない」
そう思うかもしれませんが、なんと言おうと人に影響を与えているのは事実です。

あなたはいつの間にか、人に影響を与えている。

みんなから嫌われている蚊にも、すごいと認める点がある。

蚊は、みんなから嫌われている存在です。
「ブーン」という蚊の飛ぶ音は不快感があります。
小さな音にもかかわらず、耳障りでこれほどいらいらさせられる音はありません。

みんなから嫌われている蚊にも、すごいと認める点がある。

桜が散ると、みんな見向きもしなくなる。
散った後の桜も、鑑賞を楽しもう。

桜が咲く季節になると、みんな一斉に桜を見始めます。
一斉に咲くピンクの桜は、大変美しくて見応えが抜群です。
桜の周りに人が集まって、じっくり見て楽しんだり、カメラを向けて何枚も写真を撮ったりします。

桜が散ると、みんな見向きもしなくなる。散った後の桜も、鑑賞を楽しもう。

あなたがしていることは、1つしかない。
毎日ベストを尽くしているだけ。

頑張り屋のあなたは、毎日、一生懸命生きていることでしょう。
真面目にやるべきことをやっているでしょう。
朝から晩まで何かしら取り組んでいるはずです。

あなたがしていることは、1つしかない。毎日ベストを尽くしているだけ。

なぜ大きな仕事は、1人でやってはいけないのか。

大きな仕事を1人で、やろうとしていませんか。
「大変そうだけど、1人でやろう。多分何とかなるだろう」
ちょっと待ってください。

なぜ大きな仕事は、1人でやってはいけないのか。

天気にも「幅」がある。
天気を伝えるとき、できるだけ具体的な表現を心がけてみよう。

人に天気を伝えることがあります。
遠くに住んでいる人との電話で「そちらは今どんな天気?」と聞かれることがあるでしょう。
そんなとき、ざっくりとした伝え方になっていませんか。

天気にも「幅」がある。天気を伝えるとき、できるだけ具体的な表現を心がけてみよう。

なぜプロと呼ばれる人は「仕事に関係ない遊び」をしているのか。

プロは、生活のすべてを仕事に捧げているように思われがちです。
遊ぶ暇などなく、24時間365日、ずっと仕事一色の日々を送っていると思われます。
遊びをするにしても、できるだけ仕事に関係している遊びをしていると思うかもしれません。

なぜプロと呼ばれる人は「仕事に関係ない遊び」をしているのか。

「言わなくてもわかる」と考える人ほど、ぼける。
言わなくてもわかることであってもきちんと口に出して伝える人は、ぼけない。

ぼける人に目立つのは「言わなくてもわかる」という考え方です。
いわゆる、以心伝心です。
たしかに長い付き合いであれば「言わなくてもわかる」という状況はあるでしょう。

「言わなくてもわかる」と考える人ほど、ぼける。言わなくてもわかることであってもきちんと口に出して伝える人は、ぼけない。

なぜ奇跡は、いつも最後に起こるのか。

人生では、諦めなければいけないことがあります。
成果が出ないのに延々と続けるわけではいきません。
なかなか成果が出ないと、建設的な未来が描けません。

なぜ奇跡は、いつも最後に起こるのか。

同じカテゴリーの作品

プラス思考」の人気記事

1
ポジティブになれない原因は、行動しないから。
プラス思考
ポジティブになれない原因は、行動しないから。
ポジティブ思考になる30の方法
2
ネガティブな人は、複雑に考える。ポジティブな人は、シンプルに考える。
プラス思考
ネガティブな人は、複雑に考える。
ポジティブな人は、シンプルに考える。
ポジティブ思考になる30の方法
3
気持ちはなくていいから、とにかく癖にしてしまう。
プラス思考
気持ちはなくていいから、とにかく癖にしてしまう。
ポジティブ思考になる30の方法
4
「どうせできない」はネガティブになるおまじない。「何とかなる」はポジティブになるおまじない。
プラス思考
「どうせできない」はネガティブになるおまじない。
「何とかなる」はポジティブになるおまじない。
ポジティブ思考になる30の方法
5
嫌なことがあったときは、意味のあることと考える。
プラス思考
嫌なことがあったときは、意味のあることと考える。
明るい性格になる30の方法
6
足りないのは、自分を褒める習慣。
プラス思考
足りないのは、自分を褒める習慣。
暗い気持ちがぱっと明るくなる30の方法
7
相手を変えようとすると、うまくいかない。自分を変えようとすると、うまくいく。
プラス思考
相手を変えようとすると、うまくいかない。
自分を変えようとすると、うまくいく。
ポジティブ思考になる30の方法
8
「明るい人」になりたければ「行動する人」になればいい。
プラス思考
「明るい人」になりたければ「行動する人」になればいい。
明るい性格になる30の方法
9
「積極的な人間関係」でポジティブになる。
プラス思考
「積極的な人間関係」でポジティブになる。
ポジティブ思考になる30の方法
10
すべてうまくいかないときは、神様からの「休憩しろ」というメッセージ。
プラス思考
すべてうまくいかないときは、神様からの「休憩しろ」というメッセージ。
暗い気持ちがぱっと明るくなる30の方法
© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION