人生の教科書



仕事効率化
プロとは、当たり前のことを当たり前にする人のこと。
仕事効率化
好きなことを始めにして、嫌いなものは後回しでいい。
仕事効率化
希望を口にすることも、仕事の1つ。
スキル
お金持ちより、時間持ちになろう。
仕事効率化
初めて経験する仕事に対しては、必ず不安が発生するもの。
仕事効率化
他人の悪口を言わないのは、難しい。
仕事効率化

ほかの人と差をつける
30の仕事術

お気に入り3 読んだ
7

お金やプレゼントは、
与えた分だけ減る。
気配りや励ましは、
いくら与えても減ることはない。

お金やプレゼントは、与えた分だけ減る。気配りや励ましは、いくら与えても減ることはない。 | ほかの人と差をつける30の仕事術

与えて、減るものと減らないものがあります。

物質的なものは、与えると、自分の分が減ります。

相手が喜ぶ物質的なものといえば、たとえば「お金」です。

お金を与えると相手は喜びますが、自分の分が減ります。

「プレゼント」も物質的です。

誕生日プレゼントも、相手はとても喜んでくれます。

もちろん物質的なものを否定しているのではありません。

ただ、物質的なものは有限であり、与える限界があると知っていただきたい。

物質で人を喜ばせることができても、限界があるため適度さが必要です。

 

しかし、精神的なものなら、いくら与えても、自分の分が減ることはありません。

 

たとえば「気配り」です。

相手を思いやる気持ちは、いくら与えても減ることはありません。

無限に与えることができるのですから、与えるなら、精神的なものを与えたほうが自分の損がありません。

「励まし」も減ることはありません。

  • 「あなたならできるよ。大丈夫だよ」

励ますなら、いくらでもできるはずです。

そういう減らない精神的な喜びを、どんどん味わうことです。

物質的な喜びには限界がありますが、精神的な喜びには限界がありません。

あなたが差をつけるなら、精神的な喜びを与えることです。

いくら与えても減ることはないのですから、しすぎて破産することはありません。

自分のお金や立場を気にする必要もありません。

まとめ

ほかの人と差をつける仕事術 その7
  • 与えるなら、
    減らないものを与える。
仕事のできる人は、同じ種類の仕事をまとめて一気に片付ける。

もくじ
(ほかの人と差をつける30の仕事術)

同じカテゴリーの作品