普通の日常を冒険に変える
30の方法

22
6

「人生は何色か」と聞かれたときのベストな答え方。

「人生は何色か」と聞かれたときのベストな答え方。 | 普通の日常を冒険に変える30の方法

人生とは何色なのか

「人生は何色か」

そう聞かれたとき、あなたならどう答えますか。

人によって答え方はさまざまです。

頭の体操をするつもりで、ちょっと考えてみてください。

もちろん人によって答えは異なるでしょう。

ある人は「青色」と答えるでしょう。

ある人は「赤色」と答えるでしょう。

「黄色」「緑色」「紫色」など、いろんな答えがあるはずです。

自分の人生を振り返りながらイメージする色を思い浮かべてみるといいでしょう。

自分が「人生を色に例えるならこうだ」と思う色があるはずです。

もちろんどんな色も自分が「これだ」と思うなら正解ですが、ここで注意したいことがあります。

1つの色で答えると、その色で思考が固定されます。

固定されるのは安定する反面、不都合なことでもあります。

「人生は青色」と答えてしまうと「青色」で固定されます。

「人生は赤色」と答えてしまうと「赤色」で固定されます。

人生には多種多様な意味や価値観があります。

もっとほかの色もたくさんあるはずです。

1つの色で答えると、意味が固定されます。

そのほかの答えを排除することになり、可能性が制限されてしまいます。

悪くはありませんが、理想的な答え方でもありません。

では、どう答えるのがいいのでしょうか。

「人生は何色か」と聞かれたときのベストな答え方

「人生は何色か」と聞かれたときのベストな答え方があります。

「虹色」なのです。

虹色は、すべての色が含まれた完璧な色です。

明るい色から暗い色まで、さまざまな色が含まれています。

美しいグラデーションの中に、すべての色が集まっています。

虹を思い出してください。

雨上がりに現れる虹は、虹色でできています。

美しくて見とれてしまいます。

「人生は虹色」という答え方はユニークですが、こういう発想が大切です。

「1つの色に限定せず、すべての色を受け入れる」ということです。

一度しかない人生ですから、すべてを楽しもうではありませんか。

すべてを受け入れ、すべてを楽しむためにも「人生は虹色」という考え方が大切です。

「人生は虹色でできている」

「人生は虹色でできている」

この言葉を胸に秘め、今日も人生を生きてください。

あらゆる意味が生まれ、あらゆる価値観を楽しめ、あらゆる可能性が広がります。

人生は虹色です。

人生を華やかにする完全色です。

人生を色に例えるなら「虹色」と答えましょう。

普通の日常を冒険に変える方法(22)
  • 「人生は虹色」と考え、すべての意味・価値観・可能性を受け入れる。
何事も取りかかった時点で、半分終わっている。

普通の日常を冒険に変える30の方法
普通の日常を冒険に変える30の方法

  1. 冒険は、与えられるものではなく、作り出すもの。
    冒険は、与えられるものではなく、作り出すもの。
  2. 社会人の勉強とは、気づく力を上げること。<br>気づく力が向上すると、日常が冒険になる。
    社会人の勉強とは、気づく力を上げること。
    気づく力が向上すると、日常が冒険になる。
  3. 知らない道を歩くのは、小さな冒険の旅だ。
    知らない道を歩くのは、小さな冒険の旅だ。
  4. 過去も未来も考えない。<br>今に集中するだけで、普通の日常が冒険に変わる。
    過去も未来も考えない。
    今に集中するだけで、普通の日常が冒険に変わる。
  5. 経験したことのないことがあれば、積極的に取り組んでみよう。<br>未経験の先には、ワンダーワールドが待っている。
    経験したことのないことがあれば、積極的に取り組んでみよう。
    未経験の先には、ワンダーワールドが待っている。
  6. 人生につまらないことは1つもない。
    人生につまらないことは1つもない。
  7. 頭を白紙にして「何でもあり」という価値観で生きてみる。
    頭を白紙にして「何でもあり」という価値観で生きてみる。
  8. 迷ったときは、難しいほうを選んでおけば間違いない。
    迷ったときは、難しいほうを選んでおけば間違いない。
  9. 当たり前に幸せがある。<br>当たり前に感謝する習慣を持てば、誰でも幸せになる。
    当たり前に幸せがある。
    当たり前に感謝する習慣を持てば、誰でも幸せになる。
  10. 「小さな好き」で日常を埋め尽くしていると「大きな好き」を楽しめなくなる。
    「小さな好き」で日常を埋め尽くしていると「大きな好き」を楽しめなくなる。
  11. 普段話しかけない人に話しかけてみることを「冒険」という。
    普段話しかけない人に話しかけてみることを「冒険」という。
  12. 新しい冒険は、普段よく行く場所の中にある。
    新しい冒険は、普段よく行く場所の中にある。
  13. 普段から明るい言葉に触れていないと、だんだんネガティブになっていく。
    普段から明るい言葉に触れていないと、だんだんネガティブになっていく。
  14. 笑顔の挨拶には、笑顔で返すのがマナー。<br>目安は、相手の1.2倍。
    笑顔の挨拶には、笑顔で返すのがマナー。
    目安は、相手の1.2倍。
  15. この世は5次元のパラレルワールド。<br>どの世界に生きるか決めるのは、あなた。
    この世は5次元のパラレルワールド。
    どの世界に生きるか決めるのは、あなた。
  16. 「怖い」「恥ずかしい」と思うことに、あえて飛び込んでみる。<br>これを「冒険」と言う。
    「怖い」「恥ずかしい」と思うことに、あえて飛び込んでみる。
    これを「冒険」と言う。
  17. 「できるわけがない」を「できるかもしれない」に言い換えるだけで、人生の可能性がアップする。
    「できるわけがない」を「できるかもしれない」に言い換えるだけで、人生の可能性がアップする。
  18. 成功には、プロセスを楽しむ姿勢が必要。<br>プロセスを楽しむことが、成功の秘訣にもなる。
    成功には、プロセスを楽しむ姿勢が必要。
    プロセスを楽しむことが、成功の秘訣にもなる。
  19. あらゆる人が、先生。<br>あらゆる場所が、学校。
    あらゆる人が、先生。
    あらゆる場所が、学校。
  20. いいことが起こる前は悪いことが起こっている。<br>悪いことが起こったら、いいことが起こる前触れ。
    いいことが起こる前は悪いことが起こっている。
    悪いことが起こったら、いいことが起こる前触れ。
  21. 生まれ変わりたいなら、プライドを捨てることが必要。<br>プライドを捨てた瞬間、あなたは生まれ変わる。
    生まれ変わりたいなら、プライドを捨てることが必要。
    プライドを捨てた瞬間、あなたは生まれ変わる。
  22. 「人生は何色か」と聞かれたときのベストな答え方。
    「人生は何色か」と聞かれたときのベストな答え方。
  23. 何事も取りかかった時点で、半分終わっている。
    何事も取りかかった時点で、半分終わっている。
  24. 料理をお金で味わっていないか。<br>きちんと自分の舌で味わおう。
    料理をお金で味わっていないか。
    きちんと自分の舌で味わおう。
  25. 人生を深く味わうとは「2回目を楽しむこと」をいう。
    人生を深く味わうとは「2回目を楽しむこと」をいう。
  26. 「自分の意外な一面」を見つけることも、宝探しの1つ。
    「自分の意外な一面」を見つけることも、宝探しの1つ。
  27. 「やめたほうがいい」と言われることは、やったほうがいい。<br>「やったほうがいい」と言われることは、やめたほうがいい。
    「やめたほうがいい」と言われることは、やったほうがいい。
    「やったほうがいい」と言われることは、やめたほうがいい。
  28. 過去の挫折は、乗り越えるためにある。<br>諦めたことに再挑戦することを「冒険」と呼ぶ。
    過去の挫折は、乗り越えるためにある。
    諦めたことに再挑戦することを「冒険」と呼ぶ。
  29. 回転寿司屋で、特別に贅沢な3分間を楽しむ方法。
    回転寿司屋で、特別に贅沢な3分間を楽しむ方法。
  30. 条件が悪くなったら、こうつぶやこう。<br>「いよいよ冒険らしくなってきた!」
    条件が悪くなったら、こうつぶやこう。
    「いよいよ冒険らしくなってきた!」

同じカテゴリーの作品

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION