普通の日常を冒険に変える
30の方法

16
5

「怖い」
「恥ずかしい」と思うことに、
あえて飛び込んでみる。
これを
「冒険」と言う。

「怖い」「恥ずかしい」と思うことに、あえて飛び込んでみる。これを「冒険」と言う。 | 普通の日常を冒険に変える30の方法

「怖い」「恥ずかしい」と思うことに、あえて飛び込む

あなたの日常には「怖い」「恥ずかしい」と思うことはありますか。

おそらく誰もが「ある」と答えるはずです。

怖いことや恥ずかしいことがない人はいません。

どんなに勇敢な人でも「怖い」「恥ずかしい」と思うことが1つはあるものです。

もちろんあなたの日常にも「怖い」「恥ずかしい」と思うことがあるでしょう。

「怖い」「恥ずかしい」と思うことは、ストレスがあるため、無意識のうちに避けています。

わざわざ不快な気持ちになろうとは思いません。

「嫌だ」「苦手だ」といった気持ちがあれば、避けて当然です。

そこにこそ冒険のチャンスがあります。

「怖い」「恥ずかしい」と思うことに、あえて飛び込んでみるのです。

想像のとおり、怖かったり恥ずかしかったりして、苦しい思いをするかもしれません。

想像とは違って、意外と怖くも恥ずかしくも何ともないかもしれません。

何が起こるかは、挑戦してからのお楽しみです。

緊張や恐怖で震えたり泣きそうになったりするかもしれませんが、言い方を変えれば、それだけ特別な経験ができている証拠です。

素晴らしい発見は、怖いことや恥ずかしいことの中にあります。

怖いことや恥ずかしいことに飛び込むと、素晴らしい何かを発見できます。

怖いこと・恥ずかしいこととはいえ、命まで取られることはない

あらためて考えてみましょう。

怖い・恥ずかしいとはいえ、命まで取られることはないはずです。

もちろん健康や生命に関わる危険があるなら避けるべきですが、大半は無傷無害のはずです。

恐怖や恥ずかしさを感じることのほとんどは、心で感じるストレスにすぎません。

妄想が膨らんで、必要以上に不安が大きくなっているだけです。

たとえ経済的・精神的ダメージがあったとしても微々たるものです。

失ったお金はまた稼げばいい。

精神的ダメージは、時間が回復します。

笑って済むこともあります。

あらためて考えると、大したことはないのです。

何らかの発見がある

怖いことや恥ずかしいことに取り組んでみると、何らかの発見があります。

「なるほど。こうなのか!」と発見することがあるでしょう。

メンタルが鍛えられ、新しい自分と出会えるでしょう。

たとえ発見がなかったとしても「新鮮な体験」としてあなたの血となり肉となるでしょう。

発見や経験など、何か得られることがあり、あなたの成長に役立ちます。

楽しむ気持ちを大切にすれば、取り組みやすくなる

足がすくんだり勇気が出なかったりするときは、大切にしたいことがあります。

「楽しむ気持ち」です。

「恐怖を楽しむ」「恥ずかしさを楽しむ」という考え方をすれば、ポジティブな気持ちで取り組めます。

楽しむ気持ちに集中すればするほど、恐怖や恥ずかしさを忘れることができます。

「怖い」「恥ずかしい」と思うことに、あえて飛び込んでみようではありませんか。

これを「冒険」と言うのです。

普通の日常を冒険に変える方法(16)
「できるわけがない」を「できるかもしれない」に言い換えるだけで、人生の可能性がアップする。

普通の日常を冒険に変える30の方法
普通の日常を冒険に変える30の方法

  1. 冒険は、与えられるものではなく、作り出すもの。
    冒険は、与えられるものではなく、作り出すもの。
  2. 社会人の勉強とは、気づく力を上げること。<br>気づく力が向上すると、日常が冒険になる。
    社会人の勉強とは、気づく力を上げること。
    気づく力が向上すると、日常が冒険になる。
  3. 知らない道を歩くのは、小さな冒険の旅だ。
    知らない道を歩くのは、小さな冒険の旅だ。
  4. 過去も未来も考えない。<br>今に集中するだけで、普通の日常が冒険に変わる。
    過去も未来も考えない。
    今に集中するだけで、普通の日常が冒険に変わる。
  5. 経験したことのないことがあれば、積極的に取り組んでみよう。<br>未経験の先には、ワンダーワールドが待っている。
    経験したことのないことがあれば、積極的に取り組んでみよう。
    未経験の先には、ワンダーワールドが待っている。
  6. 人生につまらないことは1つもない。
    人生につまらないことは1つもない。
  7. 頭を白紙にして「何でもあり」という価値観で生きてみる。
    頭を白紙にして「何でもあり」という価値観で生きてみる。
  8. 迷ったときは、難しいほうを選んでおけば間違いない。
    迷ったときは、難しいほうを選んでおけば間違いない。
  9. 当たり前に幸せがある。<br>当たり前に感謝する習慣を持てば、誰でも幸せになる。
    当たり前に幸せがある。
    当たり前に感謝する習慣を持てば、誰でも幸せになる。
  10. 「小さな好き」で日常を埋め尽くしていると「大きな好き」を楽しめなくなる。
    「小さな好き」で日常を埋め尽くしていると「大きな好き」を楽しめなくなる。
  11. 普段話しかけない人に話しかけてみることを「冒険」という。
    普段話しかけない人に話しかけてみることを「冒険」という。
  12. 新しい冒険は、普段よく行く場所の中にある。
    新しい冒険は、普段よく行く場所の中にある。
  13. 普段から明るい言葉に触れていないと、だんだんネガティブになっていく。
    普段から明るい言葉に触れていないと、だんだんネガティブになっていく。
  14. 笑顔の挨拶には、笑顔で返すのがマナー。<br>目安は、相手の1.2倍。
    笑顔の挨拶には、笑顔で返すのがマナー。
    目安は、相手の1.2倍。
  15. この世は5次元のパラレルワールド。<br>どの世界に生きるか決めるのは、あなた。
    この世は5次元のパラレルワールド。
    どの世界に生きるか決めるのは、あなた。
  16. 「怖い」「恥ずかしい」と思うことに、あえて飛び込んでみる。<br>これを「冒険」と言う。
    「怖い」「恥ずかしい」と思うことに、あえて飛び込んでみる。
    これを「冒険」と言う。
  17. 「できるわけがない」を「できるかもしれない」に言い換えるだけで、人生の可能性がアップする。
    「できるわけがない」を「できるかもしれない」に言い換えるだけで、人生の可能性がアップする。
  18. 成功には、プロセスを楽しむ姿勢が必要。<br>プロセスを楽しむことが、成功の秘訣にもなる。
    成功には、プロセスを楽しむ姿勢が必要。
    プロセスを楽しむことが、成功の秘訣にもなる。
  19. あらゆる人が、先生。<br>あらゆる場所が、学校。
    あらゆる人が、先生。
    あらゆる場所が、学校。
  20. いいことが起こる前は悪いことが起こっている。<br>悪いことが起こったら、いいことが起こる前触れ。
    いいことが起こる前は悪いことが起こっている。
    悪いことが起こったら、いいことが起こる前触れ。
  21. 生まれ変わりたいなら、プライドを捨てることが必要。<br>プライドを捨てた瞬間、あなたは生まれ変わる。
    生まれ変わりたいなら、プライドを捨てることが必要。
    プライドを捨てた瞬間、あなたは生まれ変わる。
  22. 「人生は何色か」と聞かれたときのベストな答え方。
    「人生は何色か」と聞かれたときのベストな答え方。
  23. 何事も取りかかった時点で、半分終わっている。
    何事も取りかかった時点で、半分終わっている。
  24. 料理をお金で味わっていないか。<br>きちんと自分の舌で味わおう。
    料理をお金で味わっていないか。
    きちんと自分の舌で味わおう。
  25. 人生を深く味わうとは「2回目を楽しむこと」をいう。
    人生を深く味わうとは「2回目を楽しむこと」をいう。
  26. 「自分の意外な一面」を見つけることも、宝探しの1つ。
    「自分の意外な一面」を見つけることも、宝探しの1つ。
  27. 「やめたほうがいい」と言われることは、やったほうがいい。<br>「やったほうがいい」と言われることは、やめたほうがいい。
    「やめたほうがいい」と言われることは、やったほうがいい。
    「やったほうがいい」と言われることは、やめたほうがいい。
  28. 過去の挫折は、乗り越えるためにある。<br>諦めたことに再挑戦することを「冒険」と呼ぶ。
    過去の挫折は、乗り越えるためにある。
    諦めたことに再挑戦することを「冒険」と呼ぶ。
  29. 回転寿司屋で、特別に贅沢な3分間を楽しむ方法。
    回転寿司屋で、特別に贅沢な3分間を楽しむ方法。
  30. 条件が悪くなったら、こうつぶやこう。<br>「いよいよ冒険らしくなってきた!」
    条件が悪くなったら、こうつぶやこう。
    「いよいよ冒険らしくなってきた!」

同じカテゴリーの作品

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION