普通の日常を冒険に変える
30の方法

25
5

人生を深く味わうとは
「2回目を楽しむこと」をいう。

人生を深く味わうとは「2回目を楽しむこと」をいう。 | 普通の日常を冒険に変える30の方法

2回目を楽しもう

 

人生を深く味わうとは何か。

それは「2回目を楽しむこと」をいいます。

同じ物事なら、同じ刺激しかないと思うのは誤解です。

もちろん1回目と同じ感動を得るのは難しいでしょう。

すでに内容を把握しているため、同じ感動を味わうのは不可能です。

そのため、多くの人は、「一度経験したから十分だよね」と考えがちです。

ここに誤解があります。

2回目には、2回目のよさがあります。

同じ物事であっても、すでに内容がわかっているからこそ、別の感動があります。

新しい発見があったり、感じ方が変わったりします。

より深く知り、より深く理解することが、人生を深く味わうことになります。

 

たとえば、小説です。

お気に入りの小説があれば、もう一度読んでみましょう。

「読んだことがあるから再読しても仕方ない」と思うかもしれませんが誤解です。

2回目の読書は、すでに内容をわかっているため、より深く理解できます。

「なるほど。そういう意味だったのか」

1回目ではわからなかったことがわかるようになります。

 

映画も、面白かった作品があるなら、2回目の視聴を楽しんでみましょう。

「1回見たから十分」と考えるのはよくありません。

名作は、何度でも楽しめます。

物語や結末を知っているからこそできる楽しみ方があります。

2回目は、全体的な内容をすでに知っているため、別のところに注意を向ける余裕が生まれます。

見落としていたポイントに気づくことが少なくありません。

1回目では気づかなかったことに気づくことで、作品をより深く楽しめます。

 

旅行も、もう一度同じ場所に行ってもいい。

いわゆる再訪問です。

「一度行ったことがある。同じ場所に行っても仕方ない」と思わないことです。

1回目とは違った感じ方ができるはずです。

どんな場所か知っているからこそ、働く感受性があります。

2回目は、別の感動を体験できるでしょう。

「やっぱりいい場所だなあ」としみじみできるでしょう。

1回目では気づかなかった景色もあれば感動もあるでしょう。

「こんなところにこんなものがあったのだね」と思うことが感動です。

同じ場所であっても、1回目とは違った旅行を楽しめるはずです。

 

 

3回目や4回目もあっていい

 

「1回で十分」と考えるのではなく「2回目も楽しもう」と考えてください。

本当の素晴らしさは、2回目から理解できます。

また2回目で終わりにするのではなく、3回目や4回目もあっていい。

3回目・4回目には、3回目・4回目なりのよさがあります。

繰り返すたびに新しい気づきや発見があり、感動できるでしょう。

素晴らしいことには、何度も味わえるだけの価値があります。

たとえ何も得られることがなかったとしても、人生をより深く楽しんだことになります。

人生を深く味わうとは「2回目を楽しむこと」をいうのです。

普通の日常を冒険に変える方法(25)
  • 2回目を楽しんで、より人生を深く味わう。
「自分の意外な一面」を見つけることも、宝探しの1つ。

普通の日常を冒険に変える30の方法
普通の日常を冒険に変える30の方法

  1. 冒険は、与えられるものではなく、作り出すもの。
    冒険は、与えられるものではなく、作り出すもの。
  2. 社会人の勉強とは、気づく力を上げること。<br>気づく力が向上すると、日常が冒険になる。
    社会人の勉強とは、気づく力を上げること。
    気づく力が向上すると、日常が冒険になる。
  3. 知らない道を歩くのは、小さな冒険の旅だ。
    知らない道を歩くのは、小さな冒険の旅だ。
  4. 過去も未来も考えない。<br>今に集中するだけで、普通の日常が冒険に変わる。
    過去も未来も考えない。
    今に集中するだけで、普通の日常が冒険に変わる。
  5. 経験したことのないことがあれば、積極的に取り組んでみよう。<br>未経験の先には、ワンダーワールドが待っている。
    経験したことのないことがあれば、積極的に取り組んでみよう。
    未経験の先には、ワンダーワールドが待っている。
  6. 人生につまらないことは1つもない。
    人生につまらないことは1つもない。
  7. 頭を白紙にして「何でもあり」という価値観で生きてみる。
    頭を白紙にして「何でもあり」という価値観で生きてみる。
  8. 迷ったときは、難しいほうを選んでおけば間違いない。
    迷ったときは、難しいほうを選んでおけば間違いない。
  9. 当たり前に幸せがある。<br>当たり前に感謝する習慣を持てば、誰でも幸せになる。
    当たり前に幸せがある。
    当たり前に感謝する習慣を持てば、誰でも幸せになる。
  10. 「小さな好き」で日常を埋め尽くしていると「大きな好き」を楽しめなくなる。
    「小さな好き」で日常を埋め尽くしていると「大きな好き」を楽しめなくなる。
  11. 普段話しかけない人に話しかけてみることを「冒険」という。
    普段話しかけない人に話しかけてみることを「冒険」という。
  12. 新しい冒険は、普段よく行く場所の中にある。
    新しい冒険は、普段よく行く場所の中にある。
  13. 普段から明るい言葉に触れていないと、だんだんネガティブになっていく。
    普段から明るい言葉に触れていないと、だんだんネガティブになっていく。
  14. 笑顔の挨拶には、笑顔で返すのがマナー。<br>目安は、相手の1.2倍。
    笑顔の挨拶には、笑顔で返すのがマナー。
    目安は、相手の1.2倍。
  15. 「当たり前」を「ありがたい」に言い換えるだけで、幸福感に満たされる。
    「当たり前」を「ありがたい」に言い換えるだけで、幸福感に満たされる。
  16. 「怖い」「恥ずかしい」と思うことに、あえて飛び込んでみる。<br>これを「冒険」と言う。
    「怖い」「恥ずかしい」と思うことに、あえて飛び込んでみる。
    これを「冒険」と言う。
  17. 「できるわけがない」を「できるかもしれない」に言い換えるだけで、人生の可能性がアップする。
    「できるわけがない」を「できるかもしれない」に言い換えるだけで、人生の可能性がアップする。
  18. 成功には、プロセスを楽しむ姿勢が必要。<br>プロセスを楽しむことが、成功の秘訣にもなる。
    成功には、プロセスを楽しむ姿勢が必要。
    プロセスを楽しむことが、成功の秘訣にもなる。
  19. あらゆる人が、先生。<br>あらゆる場所が、学校。
    あらゆる人が、先生。
    あらゆる場所が、学校。
  20. いいことが起こる前は悪いことが起こっている。<br>悪いことが起こったら、いいことが起こる前触れ。
    いいことが起こる前は悪いことが起こっている。
    悪いことが起こったら、いいことが起こる前触れ。
  21. 生まれ変わりたいなら、プライドを捨てることが必要。<br>プライドを捨てた瞬間、あなたは生まれ変わる。
    生まれ変わりたいなら、プライドを捨てることが必要。
    プライドを捨てた瞬間、あなたは生まれ変わる。
  22. 「人生は何色か」と聞かれたときのベストな答え方。
    「人生は何色か」と聞かれたときのベストな答え方。
  23. 何事も取りかかった時点で、半分終わっている。
    何事も取りかかった時点で、半分終わっている。
  24. 料理をお金で味わっていないか。<br>きちんと自分の舌で味わおう。
    料理をお金で味わっていないか。
    きちんと自分の舌で味わおう。
  25. 人生を深く味わうとは「2回目を楽しむこと」をいう。
    人生を深く味わうとは「2回目を楽しむこと」をいう。
  26. 「自分の意外な一面」を見つけることも、宝探しの1つ。
    「自分の意外な一面」を見つけることも、宝探しの1つ。
  27. 「やめたほうがいい」と言われることは、やったほうがいい。<br>「やったほうがいい」と言われることは、やめたほうがいい。
    「やめたほうがいい」と言われることは、やったほうがいい。
    「やったほうがいい」と言われることは、やめたほうがいい。
  28. 過去の挫折は、乗り越えるためにある。<br>諦めたことに再挑戦することを「冒険」と呼ぶ。
    過去の挫折は、乗り越えるためにある。
    諦めたことに再挑戦することを「冒険」と呼ぶ。
  29. 回転寿司屋で、特別に贅沢な3分間を楽しむ方法。
    回転寿司屋で、特別に贅沢な3分間を楽しむ方法。
  30. 条件が悪くなったら、こうつぶやこう。<br>「いよいよ冒険らしくなってきた!」
    条件が悪くなったら、こうつぶやこう。
    「いよいよ冒険らしくなってきた!」

同じカテゴリーの作品

4:13

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION