普通の日常を冒険に変える
30の方法

13
5

普段から明るい言葉に触れていないと、
だんだんネガティブになっていく。

普段から明るい言葉に触れていないと、だんだんネガティブになっていく。 | 普通の日常を冒険に変える30の方法

あなたは普段、どのくらい明るい言葉に触れていますか。

私たちが生きる世界は、ネガティブな言葉や情報が多数存在しています。

テレビや新聞では、ネガティブなニュースのオンパレードです。

痛ましい事故、腹立たしい事件、猛威を振るう災害。

セクハラ・パワハラの問題。

少子化問題、年金問題、医療・介護の問題。

「神様は本当にいるのだろうか」と疑うほど痛ましいニュースも少なくありません。

時事を学ぶつもりでニュースを見聞きしているうちに、だんだん暗い気持ちになり、精神的にも苦しくなってきます。

あげくには、未来に希望が持てなくなってきます。

人と接していると、望んでもいないのに、相手から批判や悪口を聞かされます。

聞きたくなくても、聞かされる状況があります。

人の悪口を聞いたところで仕方ありません。

悪口を聞かされ、どうしろというのでしょう。

私たちは知らず知らずのうちに、ネガティブな情報にさらされています。

そのため私たちは普通に生活しているだけで、だんだんネガティブになってしまうのです。

明るい言葉に触れる習慣を持とう

そこで心がけたいのが「明るい言葉に触れる習慣」です。

自分から明るい言葉に触れていくようにしましょう。

たとえば、自己啓発書です。

「自己啓発書なんて意味がない」という人がいますが誤解です。

明るい言葉に触れるだけでも意味があります。

明るい言葉に触れているだけで、意識が上向きます。

気持ちが明るくなり、考えもポジティブになっていきます。

成績や学力とは無関係ですが、心の健康にとってはとてもいいことです。

コミュニケーションでは、自分から明るい話題を話していくことも大切です。

コミュニケーションでは「丁寧な言葉遣い」「明るい言葉」「ポジティブな話題」を意識しましょう。

自分が発した言葉は、相手の耳に届くだけでなく、自分の耳にも届きます。

つまり、自分が明るい言葉を発することで「明るい言葉」に触れることができるのです。

日頃から意識して、明るい言葉に触れていくようにしましょう。

「努力する」というより「習慣にする」と考えましょう。

努力するのは大変ですが、習慣にしてしまえば、自然と体が動き始めるので楽になります。

暗い人生を歩みたいですか、明るい人生を歩みたいですか。

明るい人生を歩みたいなら、明るい言葉のシャワーを浴びましょう。

明るい人生は、自分の力で切り開いていくものです。

明るい人生にしたいなら「明るい言葉に触れる習慣」が欠かせないのです。

普通の日常を冒険に変える方法(13)
  • 明るい言葉に触れることを習慣にして、心の健康を保つ。
笑顔の挨拶には、笑顔で返すのがマナー。
目安は、相手の1.2倍。

普通の日常を冒険に変える30の方法
普通の日常を冒険に変える30の方法

  1. 冒険は、与えられるものではなく、作り出すもの。
    冒険は、与えられるものではなく、作り出すもの。
  2. 社会人の勉強とは、気づく力を上げること。<br>気づく力が向上すると、日常が冒険になる。
    社会人の勉強とは、気づく力を上げること。
    気づく力が向上すると、日常が冒険になる。
  3. 知らない道を歩くのは、小さな冒険の旅だ。
    知らない道を歩くのは、小さな冒険の旅だ。
  4. 過去も未来も考えない。<br>今に集中するだけで、普通の日常が冒険に変わる。
    過去も未来も考えない。
    今に集中するだけで、普通の日常が冒険に変わる。
  5. 経験したことのないことがあれば、積極的に取り組んでみよう。<br>未経験の先には、ワンダーワールドが待っている。
    経験したことのないことがあれば、積極的に取り組んでみよう。
    未経験の先には、ワンダーワールドが待っている。
  6. 人生につまらないことは1つもない。
    人生につまらないことは1つもない。
  7. 頭を白紙にして「何でもあり」という価値観で生きてみる。
    頭を白紙にして「何でもあり」という価値観で生きてみる。
  8. 迷ったときは、難しいほうを選んでおけば間違いない。
    迷ったときは、難しいほうを選んでおけば間違いない。
  9. 当たり前に幸せがある。<br>当たり前に感謝する習慣を持てば、誰でも幸せになる。
    当たり前に幸せがある。
    当たり前に感謝する習慣を持てば、誰でも幸せになる。
  10. 「小さな好き」で日常を埋め尽くしていると「大きな好き」を楽しめなくなる。
    「小さな好き」で日常を埋め尽くしていると「大きな好き」を楽しめなくなる。
  11. 普段話しかけない人に話しかけてみることを「冒険」という。
    普段話しかけない人に話しかけてみることを「冒険」という。
  12. 新しい冒険は、普段よく行く場所の中にある。
    新しい冒険は、普段よく行く場所の中にある。
  13. 普段から明るい言葉に触れていないと、だんだんネガティブになっていく。
    普段から明るい言葉に触れていないと、だんだんネガティブになっていく。
  14. 笑顔の挨拶には、笑顔で返すのがマナー。<br>目安は、相手の1.2倍。
    笑顔の挨拶には、笑顔で返すのがマナー。
    目安は、相手の1.2倍。
  15. この世は5次元のパラレルワールド。<br>どの世界に生きるか決めるのは、あなた。
    この世は5次元のパラレルワールド。
    どの世界に生きるか決めるのは、あなた。
  16. 「怖い」「恥ずかしい」と思うことに、あえて飛び込んでみる。<br>これを「冒険」と言う。
    「怖い」「恥ずかしい」と思うことに、あえて飛び込んでみる。
    これを「冒険」と言う。
  17. 「できるわけがない」を「できるかもしれない」に言い換えるだけで、人生の可能性がアップする。
    「できるわけがない」を「できるかもしれない」に言い換えるだけで、人生の可能性がアップする。
  18. 成功には、プロセスを楽しむ姿勢が必要。<br>プロセスを楽しむことが、成功の秘訣にもなる。
    成功には、プロセスを楽しむ姿勢が必要。
    プロセスを楽しむことが、成功の秘訣にもなる。
  19. あらゆる人が、先生。<br>あらゆる場所が、学校。
    あらゆる人が、先生。
    あらゆる場所が、学校。
  20. いいことが起こる前は悪いことが起こっている。<br>悪いことが起こったら、いいことが起こる前触れ。
    いいことが起こる前は悪いことが起こっている。
    悪いことが起こったら、いいことが起こる前触れ。
  21. 生まれ変わりたいなら、プライドを捨てることが必要。<br>プライドを捨てた瞬間、あなたは生まれ変わる。
    生まれ変わりたいなら、プライドを捨てることが必要。
    プライドを捨てた瞬間、あなたは生まれ変わる。
  22. 「人生は何色か」と聞かれたときのベストな答え方。
    「人生は何色か」と聞かれたときのベストな答え方。
  23. 何事も取りかかった時点で、半分終わっている。
    何事も取りかかった時点で、半分終わっている。
  24. 料理をお金で味わっていないか。<br>きちんと自分の舌で味わおう。
    料理をお金で味わっていないか。
    きちんと自分の舌で味わおう。
  25. 人生を深く味わうとは「2回目を楽しむこと」をいう。
    人生を深く味わうとは「2回目を楽しむこと」をいう。
  26. 「自分の意外な一面」を見つけることも、宝探しの1つ。
    「自分の意外な一面」を見つけることも、宝探しの1つ。
  27. 「やめたほうがいい」と言われることは、やったほうがいい。<br>「やったほうがいい」と言われることは、やめたほうがいい。
    「やめたほうがいい」と言われることは、やったほうがいい。
    「やったほうがいい」と言われることは、やめたほうがいい。
  28. 過去の挫折は、乗り越えるためにある。<br>諦めたことに再挑戦することを「冒険」と呼ぶ。
    過去の挫折は、乗り越えるためにある。
    諦めたことに再挑戦することを「冒険」と呼ぶ。
  29. 回転寿司屋で、特別に贅沢な3分間を楽しむ方法。
    回転寿司屋で、特別に贅沢な3分間を楽しむ方法。
  30. 条件が悪くなったら、こうつぶやこう。<br>「いよいよ冒険らしくなってきた!」
    条件が悪くなったら、こうつぶやこう。
    「いよいよ冒険らしくなってきた!」

同じカテゴリーの作品

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION