暮らし

週末を楽しく有意義に過ごす
30の方法

  • 週末は、
    短いどころか、
    たっぷりある。
週末を楽しく有意義に過ごす30の方法

もくじ
  1. 週末は、短いどころか、たっぷりある。

    「週末はあっという間に過ぎるなあ」
    そんな言葉を口にしていませんか。
    楽しい週末ほど、なぜかあっという間に過ぎてしまうものです。

  2. 週末は、自分の都合で定義していい。

    週末とは、いつのことを言うのでしょうか。
    辞書で引くと、記載がまちまちです。
    「日曜だけ」という記載もあれば「土曜日と日曜日」という記載もあります。

  3. 週末の予定は、自分から積極的に立てるもの。

    「今度の週末の予定は何ですか」
    そう聞かれて、すぐ返事ができるでしょうか。
    「いいえ、特に予定はありません」という返事では、寂しいです。

  4. 金曜の夜は、家族へのお土産を買って帰る日。

    週末は、金曜から始まります。
    金曜の夜は、家族へのお土産を買って帰る日です。
    1週間頑張ったのだから、自分にご褒美を与えたいと思うでしょう。

  5. 人生で本当に差がつくのは、実は週末。

    人生で差がつくのは、平日ではありません。
    平日は、意外に差がつきません。
    平日は、強制力があります。

  6. 週末の体感を長くするには、起きる時間がポイント。

    週末があっという間に過ぎると感じる人には、ある共通点があります。
    週末、起きる時間が、遅いのです。
    「週末くらいは、だらだら過ごしたい」と思い、多くの人が、起きる時間が遅くなりがちです。

  7. 「週末くらいゆっくり寝させてほしい」と思うのは、平日の生活がおかしい証拠。

    週末こそ、早起きをしましょう。
    早起きをすれば、体感できる週末が長くなります。
    「そうは言っても、平日は寝不足だから、週末くらいはゆっくり寝たい」という人もいるでしょう。

  8. 週末は、朝のウォーキングから始めるのがいい。

    週末にしてほしいのが、朝のウォーキングです。
    平日は、なかなか朝のウォーキングができません。
    平日の朝にウォーキングをすると疲れてしまい、日中の勉強や仕事に差し支えるからです。

  9. 私たちは、太陽への感謝を、すっかり忘れている。

    私たちは、太陽への感謝を忘れがちです。
    平日は仕事や学校に忙しく、太陽があっても、深く気に留めることがありません。
    「おや、明るいものがあるね」という程度です。

  10. 週末に思い出したい、3つの出来事。

    「今週も早かったな」
    週末になると、そんな言葉が口癖になっていませんか。
    早く感じたのは事実かもしれませんが、それだけでは寂しいです。

  11. 週末1日目の朝食から、ぱっと豪華にしたほうがいい。

    平日の疲れが残っている週末は、いきなり最初から贅沢にいきましょう。
    週末1日目の朝食は、ぜひ、豪華な朝食をおすすめします。
    贅沢な食材を使って、自宅で朝食を作るのもいいでしょう。

  12. 時計をしていないのも、1つのファッション。

    腕時計をしている人を見ると「かっこいいな」と思います。
    手首に腕時計があると、知的な印象を受けます。
    几帳面で、時間を大切にしている様子がうかがえます。

  13. 人込みは、無料で元気をもらえるガソリンスタンド。

    元気を出したいときには、人の集まるところに行きましょう。
    週末こそ、人込みです。
    人に揉まれると、余計に疲れて元気がなくなるのではないかと思いますが、そうではありません。

  14. 週末は、平日に使っている道具のメンテナンスをする時間。

    平日は忙しいため、なかなか道具をメンテナンスする時間はありません。
    メンテナンスするなら、週末がうってつけです。
    週末は、平日に使っている道具のメンテナンスをする時間です。

  15. なぜ1週間は、7日間なのか。

    なぜ1週間は、7日間なのでしょうか。
    最も身近な1週間であるにもかかわらず、意外に由来を知らない人も多いのではないでしょうか。
    1週間という単位は、旧約聖書の冒頭、神様がこの世を7日間で作ったことが由来です。

  16. 努力した後の達成感は、努力しなければ味わえない。

    週末は、なぜあれほど気持ちいいのでしょうか。
    マラソンをし終わったときの、達成感に似ています。
    走っているときは「つらい、苦しい、やめたい」と思います。

  17. 週末は、羽目を外してもいい日。

    週末は、羽目を外す日です。
    羽目を外すなんて、ばかばかしい時間の使い方と思いますが、そうではありません。
    有意義な時間の使い方です。

  18. 週末の贅沢は、平日に向けた準備である。

    週末は、エネルギーを充電する日です。
    平日は、エネルギーがあってこそ、頑張れます。
     

  19. 週末は、たっぷり汗をかくためにある。

    たっぷり汗をかいたのは、いつですか。
    少し汗をかいた経験ではなく、たっぷり汗をかいた経験です。
    平日に少し汗ばむことはあっても、たっぷり汗をかくことは、少ないのではないでしょうか。

  20. 週末なら、分厚い専門書でも、一気に読破できる。

    知性は、磨かなければ、輝きません。
    知性を磨くには、読書をするのが近道です。
    本は、先人の知恵の結晶です。

  21. 近所にある娯楽施設に行けば、十分旅行を楽しめる。

    大型連休とは違い、週末は、旅行の範囲が限られます。
    遠くに行くことだけが、旅行ではありません。
    近場でも、楽しむことができれば、立派な旅行です。

  22. 週末は、仕事のことを考えないのが仕事。

    週末は、仕事のことを忘れるようにしましょう。
    週末まで仕事のことを考えていると、気分転換がうまくできなくなります。
    気分転換とは、何かをすっかり忘れ、別のことに集中することです。

  23. 部屋に花を置くから、あなたに華が生まれる。

    あなたの部屋には、花がありますか。
    「花なんて何の役に立つのか」と思いますが、大いに役立ちます。
    花には、3つの効用があります。

  24. 週末は、友達に連絡を取ろう。
    合言葉は「今週は、どんな1週間だった?」。

    週末は、ぜひ仲のいい友達に連絡を取りましょう。
    直接会うのが理想ですが、電話でもかまいません。
    平日は忙しくても、週末ならたっぷり話す時間があるでしょう。

  25. 週末は、1週間の終わりであると同時に、始まりでもある。

    週末といえば「1週間の終わり」というイメージがあります。
    私たちの感覚としては、1週間は月曜から始まり、日曜で終わると感じがちです。
     

  26. 洗濯機が動いている間に、何をするかが大切。

    週末といえば、洗濯です。
    一人暮らしをしている人なら、平日は忙しいため、週末にまとめて洗濯をする人も多いのではないでしょうか。
    洗濯機が動いている間、携帯電話をいじったり、ぼうっと待っていたりするのもいいですが、もっと有意義な過ごし方があります。

  27. 週末に手紙を書かなければ、一生手紙を書かない人間になる。

    手紙は、書くまでが大変です。
    「いつか書こう」と思っていると、いつまでも書けません。
     

  28. 週末に、月曜日の予約をすれば、週末が1日増える。

    週末が楽しかった分、休み明けが、つらいです。
    「月曜からまた平日が始まる」と思うと、気持ちが落ち込むのです。
    いわゆる、ブルーマンデーです。

  29. 最も有意義な週末の過ごし方こそ、海外旅行。

    最も有意義な週末の過ごし方は、海外旅行です。
    「せっかくの海外旅行は、大型連休のほうがいい」と考える人も多いでしょう。
     

  30. 週末に靴をきれいにすると、平日の足取りが軽くなる。

    突然ですが、最後に靴の掃除をしたのは、いつですか。
    服の洗濯をすることはあっても、靴の洗濯を忘れる人は、意外に多いのではないでしょうか。
    靴は身近すぎて、掃除を忘れやすいものです。

同じカテゴリーの作品