執筆者:水口貴博

普通の日常を冒険に変える
30の方法

25
3

「自分の意外な一面」を見つけることも、
宝探しの1つ。

「自分の意外な一面」を見つけることも、宝探しの1つ。 | 普通の日常を冒険に変える30の方法

私たちの日常には「宝探し」があります。

宝探しといえば、隠された財宝などを探すことをいいます。

スマホゲームの宝探しもあれば、テーマパークの宝探しもあります。

潮干狩りや砂金取りも、見方によっては宝探しと呼べるでしょう。

もちろんそうした宝探しを楽しむのもいいですが、もっと身近なところに存在しています。

それは「自分の意外な一面を知ること」です。

完全に自分を知り尽くせていない

あなたは、自分のすべてを把握できているでしょうか。

生まれてから長い歳月がたっています。

個性・性格・好き嫌いなど、自分のことについて大半を理解しているはずです。

しかし「完全に知り尽くしている」とは言えないはずです。

成人してから、初めて知る自分がいます。

中年を迎えてから、初めて知る自分もいます。

私たちはいくつになっても、完全に自分を知り尽くせません。

自分を完全に知り尽くすのは、簡単なようで難しい。

自分とは最も長い付き合いである人間関係にもかかわらず、いまだに知らない自分が存在しています。

自分の意外な一面を見つけていくのです。

「こんなとき、自分はこんな態度を取るのか。こんな気持ちになるのか。こんな反応をするのか」

自分の意外な一面を見つけることは、より深く自分を理解することにつながります。

普段とは違ったことをするだけでいい

さあ、宝探しを始めましょう。

自分の内側にある、隠れた魅力に気づきましょう。

自分の意外な一面を見つけるたびに出かけましょう。

意外な一面を知るコツは簡単です。

その方法とは「普段と違ったことをする」です。

  • 普段読まない本を読んでみる
  • 普段行かない場所に行ってみる
  • 普段食べないものを食べてみる
  • 普段話しかけない人に話しかけてみる
  • 普段避けていることに向かっていく

普段と違ったことをする、行動パターンが変わるため、新鮮な刺激と変化が舞い込んできます。

普段と違ったことをすると、普段と違ったリアクションをすることになるでしょう。

その瞬間「おや?! 意外だな。自分にはこんな一面があったのだね」と驚くのです。

普段しないことをすれば、確実に自分の意外な一面を発見できるとは限りませんが、発見の確率は上がります。

物やお金を手に入れるわけではありませんが「価値のあるもの」を手に入れることに変わりありません。

「自分の意外な一面」を見つけることも、宝探しの1つ

あなたは冒険家です。

普段と違ったことをして、普通の日常を冒険に変えてみませんか。

初めて経験することに取り組めば、おおむね当たりです。

きっと自分の意外な一面を知ることができるはずです。

それが、楽しいことであれ、つまらないことであろうと、初めて経験することは、自分の意外な一面を知るきっかけになります。

自分の意外な一面を見つけることも、宝探しの1つです。

普通の日常を冒険に変える方法(25)
  • 自分の意外な一面を発見するために、普段しないことをしてみる。
「やめたほうがいい」と言われることは、やったほうがいい。
「やったほうがいい」と言われることは、やめたほうがいい。

普通の日常を冒険に変える30の方法
普通の日常を冒険に変える30の方法

  1. 冒険は、与えられるものではなく、作り出すもの。
    冒険は、与えられるものではなく、作り出すもの。
  2. 社会人の勉強とは、気づく力を上げること。<br>気づく力が向上すると、日常が冒険になる。
    社会人の勉強とは、気づく力を上げること。
    気づく力が向上すると、日常が冒険になる。
  3. 知らない道を歩くのは、小さな冒険の旅だ。
    知らない道を歩くのは、小さな冒険の旅だ。
  4. 過去も未来も考えない。<br>今に集中するだけで、普通の日常が冒険に変わる。
    過去も未来も考えない。
    今に集中するだけで、普通の日常が冒険に変わる。
  5. 経験したことのないことがあれば、積極的に取り組んでみよう。<br>未経験の先には、ワンダーワールドが待っている。
    経験したことのないことがあれば、積極的に取り組んでみよう。
    未経験の先には、ワンダーワールドが待っている。
  6. 人生につまらないことは1つもない。
    人生につまらないことは1つもない。
  7. 頭を白紙にして「何でもあり」という価値観で生きてみる。
    頭を白紙にして「何でもあり」という価値観で生きてみる。
  8. 迷ったときは、難しいほうを選んでおけば間違いない。
    迷ったときは、難しいほうを選んでおけば間違いない。
  9. 当たり前に幸せがある。<br>当たり前に感謝する習慣を持てば、誰でも幸せになる。
    当たり前に幸せがある。
    当たり前に感謝する習慣を持てば、誰でも幸せになる。
  10. 「小さな好き」で日常を埋め尽くしていると「大きな好き」を楽しめなくなる。
    「小さな好き」で日常を埋め尽くしていると「大きな好き」を楽しめなくなる。
  11. 普段話しかけない人に話しかけてみることを「冒険」という。
    普段話しかけない人に話しかけてみることを「冒険」という。
  12. 新しい冒険は、普段よく行く場所の中にある。
    新しい冒険は、普段よく行く場所の中にある。
  13. 普段から明るい言葉に触れていないと、だんだんネガティブになっていく。
    普段から明るい言葉に触れていないと、だんだんネガティブになっていく。
  14. 笑顔の挨拶には、笑顔で返すのがマナー。<br>目安は、相手の1.2倍。
    笑顔の挨拶には、笑顔で返すのがマナー。
    目安は、相手の1.2倍。
  15. この世は5次元のパラレルワールド。<br>どの世界に生きるか決めるのは、あなた。
    この世は5次元のパラレルワールド。
    どの世界に生きるか決めるのは、あなた。
  16. 「怖い」「恥ずかしい」と思うことに、あえて飛び込んでみる。<br>これを「冒険」と言う。
    「怖い」「恥ずかしい」と思うことに、あえて飛び込んでみる。
    これを「冒険」と言う。
  17. 「できるわけがない」を「できるかもしれない」に言い換えるだけで、人生の可能性がアップする。
    「できるわけがない」を「できるかもしれない」に言い換えるだけで、人生の可能性がアップする。
  18. 成功には、プロセスを楽しむ姿勢が必要。<br>プロセスを楽しむことが、成功の秘訣にもなる。
    成功には、プロセスを楽しむ姿勢が必要。
    プロセスを楽しむことが、成功の秘訣にもなる。
  19. あらゆる人が、先生。<br>あらゆる場所が、学校。
    あらゆる人が、先生。
    あらゆる場所が、学校。
  20. いいことが起こる前は悪いことが起こっている。<br>悪いことが起こったら、いいことが起こる前触れ。
    いいことが起こる前は悪いことが起こっている。
    悪いことが起こったら、いいことが起こる前触れ。
  21. 生まれ変わりたいなら、プライドを捨てることが必要。<br>プライドを捨てた瞬間、あなたは生まれ変わる。
    生まれ変わりたいなら、プライドを捨てることが必要。
    プライドを捨てた瞬間、あなたは生まれ変わる。
  22. 「人生は何色か」と聞かれたときのベストな答え方。
    「人生は何色か」と聞かれたときのベストな答え方。
  23. 何事も取りかかった時点で、半分終わっている。
    何事も取りかかった時点で、半分終わっている。
  24. 人生を深く味わうとは「2回目を楽しむこと」をいう。
    人生を深く味わうとは「2回目を楽しむこと」をいう。
  25. 「自分の意外な一面」を見つけることも、宝探しの1つ。
    「自分の意外な一面」を見つけることも、宝探しの1つ。
  26. 「やめたほうがいい」と言われることは、やったほうがいい。<br>「やったほうがいい」と言われることは、やめたほうがいい。
    「やめたほうがいい」と言われることは、やったほうがいい。
    「やったほうがいい」と言われることは、やめたほうがいい。
  27. 過去の挫折は、乗り越えるためにある。<br>諦めたことに再挑戦することを「冒険」と呼ぶ。
    過去の挫折は、乗り越えるためにある。
    諦めたことに再挑戦することを「冒険」と呼ぶ。
  28. 回転寿司屋で、特別に贅沢な3分間を楽しむ方法。
    回転寿司屋で、特別に贅沢な3分間を楽しむ方法。
  29. 条件が悪くなったら、こうつぶやこう。<br>「いよいよ冒険らしくなってきた!」
    条件が悪くなったら、こうつぶやこう。
    「いよいよ冒険らしくなってきた!」
  30. 「寝具で寝る」と考えるのではない。<br>「偉大な存在に癒されている」と考える。
    「寝具で寝る」と考えるのではない。
    「偉大な存在に癒されている」と考える。

同じカテゴリーの作品

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION