人生の教科書



勉強法
勉強すればするほど、意味が理解できるようになる。
生き方
役立たなくても、楽しければ、それでいい。
デート
「偶然」という根拠のない出来事に、意味を加える。
自分磨き
すべての現実は、愛の表現である。
人生論

「人生とは何か」を考える
30の言葉

お気に入り6 読んだ
1

人生とは、
星座である。
星座が分かると、
ただの点が、
意味のある形に見えてくる。

人生とは、星座である。星座が分かると、ただの点が、意味のある形に見えてくる。 | 「人生とは何か」を考える30の言葉

夜空を見上げると、きれいな星が輝いています。

それだけでも美しいのですが、面白いのは、星座を知ってからです。

星座とは、明るい星の群れを、いろいろな形に見立てたものです。

星座の形は、ギリシャ時代の神様、動物、器具をかたどったものです。

現在のところ、88座があります。

「88」という数字も、無限を意味するインフィニティー(∞)に似ていて、縁起がいいですね。

星座は、不思議です。

星座を勉強すると、夜空が一風変わって見え始めます。

点と点がつながって線になり、線と線がつながって、意味のある形に見えてきます。

 

たとえば、カニ座を知ると、点の集まりが、カニに見えてきます。

ハクチョウ座を知ると、点の集まりが、ハクチョウに見えてきます。

星座を知ってから夜空を見上げると、生き物が浮かんでいるように見えて、面白いのです。

人生も、星座です。

何も知らない状態で日常生活を見ていると、ただの点にしか見えません。

そういう人は決まって「人生なんて意味がない」と言います。

勉強が足りないから、無意味な点にしか見えません。

人生は、勉強すると面白くなります。

勉強をすると、無意味な点がつながり、意味のある形に見えてきます。

愛情という形に見えるかもしれません。

希望という形に見えるかもしれません。

幸せという形に見えるかもしれません。

勉強すればするほど、ただの点が、意味のある形に見えてきます。

「人生が変わって見える」とは、このことです。

 

では、人生には、どのような星座があるのでしょうか。

これから、そのお話をします。

まとめ

「人生とは何か」を考える言葉 その1
  • 勉強をして、
    無意味な点の意味に、
    気づく。
人生とは、化学実験のようなもの。
やってみないと、本当のところは分からない。

もくじ
(「人生とは何か」を考える30の言葉)

同じカテゴリーの作品