普通の日常を冒険に変える
30の方法

11
4

普段話しかけない人に話しかけてみることを
「冒険」という。

普段話しかけない人に話しかけてみることを「冒険」という。 | 普通の日常を冒険に変える30の方法

普段話しかける人は偏っている

平凡な日常を冒険に変えるには、ちょっとしたところにあります。

それは「話しかける行為」です。

あなたが普段話しかける人を思い出してください。

優しそうな人や話しかけやすい人など、パターンが偏っているのではないでしょうか。

人に道を聞くときも、優しそうな人を選ぶでしょう。

新しく友人を作りたいとき、仲良くなれそうな人を探すでしょう。

普段の人間関係でも、仲のいい人には話しかける一方、仲良くない人は無関心というパターンが多いはずです。

普通の日常を冒険に変えるなら、ここにチャンスがあります。

「普段話しかけない」という人に、勇気を出して話しかけてみる

普段話しかけない人に、勇気を出して話しかけてみましょう。

「今まで避けていた人をあえて選んでみる」ということです。

実際話し始めてみると、思っていた人と違っていた印象ということがあります。

見た目は怖そうな人でも、実際に話してみると意外と優しくて驚かされることがあるでしょう。

見た目は派手な人でも、実際に話してみると、意外とおとなしい感じの人かもしれません。

私たちはいつの間にか先入観で行動していることに気づかされます。

普段と違った行動パターンをすると、新しい発見があります。

「自分とは合わなさそう」という人に、あえて話しかけてみるのも面白い。

相性が合わなくて違和感があるかもしれませんが、ずれを楽しむ気持ちになれば、面白く受け入れられます。

「質問」という形で話しかけてみる

突然話しかけるのが難しいなら「質問」という形で話しかけてみてはいかがでしょうか。

自然な形で話しかけることができ、質問を通して会話ができます。

そこから話の輪を広げていけば、次第に仲良くなっていけるでしょう。

わからないことも解決できるので一石二鳥です。

話が合わなければ、聞き役に回ればいい

「話が合わなくてつらい」と思ったときは、上手な接し方があります。

話が合わなければ、聞き役に回ればいいことです。

否定も批判もしません。

「なるほど」と、ゆっくりうなずきながら話を聞かせてもらいましょう。

自分とは合わない人であっても、聞き役に回れば、コミュニケーションが成立します。

教えてもらう姿勢になれば、どんな話も聞けるようになります。

あなたが真剣に話を聞く姿勢を見せれば、相手は上機嫌になっていろんな話をしてくれるでしょう。

その中にはあなたにとって役立つ情報も含まれているはずです。

自分と合わない人だからこそ、いい勉強になるともいえるのです。

普段話しかけない人に話しかけてみることを「冒険」という

普段話しかけない人に話しかけるくらいなら、特別難しいことではないでしょう。

毎日毎回、普段話しかけない人に話しかける必要はありません。

「週に1回」「月に1回」程度なら、何とかできるはずです。

恥ずかしがり屋の人でも、たまに勇気を出すくらいならできるはずです。

自分を変えるつもりで勇気を出してください。

普段話しかけない人に話しかけてみることを「冒険」というのです。

普通の日常を冒険に変える方法(11)
  • 勇気を出して、普段話しかけない人に話しかけてみる。
新しい冒険は、普段よく行く場所の中にある。

普通の日常を冒険に変える30の方法
普通の日常を冒険に変える30の方法

  1. 冒険は、与えられるものではなく、作り出すもの。
    冒険は、与えられるものではなく、作り出すもの。
  2. 社会人の勉強とは、気づく力を上げること。<br>気づく力が向上すると、日常が冒険になる。
    社会人の勉強とは、気づく力を上げること。
    気づく力が向上すると、日常が冒険になる。
  3. 知らない道を歩くのは、小さな冒険の旅だ。
    知らない道を歩くのは、小さな冒険の旅だ。
  4. 過去も未来も考えない。<br>今に集中するだけで、普通の日常が冒険に変わる。
    過去も未来も考えない。
    今に集中するだけで、普通の日常が冒険に変わる。
  5. 経験したことのないことがあれば、積極的に取り組んでみよう。<br>未経験の先には、ワンダーワールドが待っている。
    経験したことのないことがあれば、積極的に取り組んでみよう。
    未経験の先には、ワンダーワールドが待っている。
  6. 人生につまらないことは1つもない。
    人生につまらないことは1つもない。
  7. 頭を白紙にして「何でもあり」という価値観で生きてみる。
    頭を白紙にして「何でもあり」という価値観で生きてみる。
  8. 迷ったときは、難しいほうを選んでおけば間違いない。
    迷ったときは、難しいほうを選んでおけば間違いない。
  9. 当たり前に幸せがある。<br>当たり前に感謝する習慣を持てば、誰でも幸せになる。
    当たり前に幸せがある。
    当たり前に感謝する習慣を持てば、誰でも幸せになる。
  10. 「小さな好き」で日常を埋め尽くしていると「大きな好き」を楽しめなくなる。
    「小さな好き」で日常を埋め尽くしていると「大きな好き」を楽しめなくなる。
  11. 普段話しかけない人に話しかけてみることを「冒険」という。
    普段話しかけない人に話しかけてみることを「冒険」という。
  12. 新しい冒険は、普段よく行く場所の中にある。
    新しい冒険は、普段よく行く場所の中にある。
  13. 普段から明るい言葉に触れていないと、だんだんネガティブになっていく。
    普段から明るい言葉に触れていないと、だんだんネガティブになっていく。
  14. 笑顔の挨拶には、笑顔で返すのがマナー。<br>目安は、相手の1.2倍。
    笑顔の挨拶には、笑顔で返すのがマナー。
    目安は、相手の1.2倍。
  15. この世は5次元のパラレルワールド。<br>どの世界に生きるか決めるのは、あなた。
    この世は5次元のパラレルワールド。
    どの世界に生きるか決めるのは、あなた。
  16. 「怖い」「恥ずかしい」と思うことに、あえて飛び込んでみる。<br>これを「冒険」と言う。
    「怖い」「恥ずかしい」と思うことに、あえて飛び込んでみる。
    これを「冒険」と言う。
  17. 「できるわけがない」を「できるかもしれない」に言い換えるだけで、人生の可能性がアップする。
    「できるわけがない」を「できるかもしれない」に言い換えるだけで、人生の可能性がアップする。
  18. 成功には、プロセスを楽しむ姿勢が必要。<br>プロセスを楽しむことが、成功の秘訣にもなる。
    成功には、プロセスを楽しむ姿勢が必要。
    プロセスを楽しむことが、成功の秘訣にもなる。
  19. あらゆる人が、先生。<br>あらゆる場所が、学校。
    あらゆる人が、先生。
    あらゆる場所が、学校。
  20. いいことが起こる前は悪いことが起こっている。<br>悪いことが起こったら、いいことが起こる前触れ。
    いいことが起こる前は悪いことが起こっている。
    悪いことが起こったら、いいことが起こる前触れ。
  21. 生まれ変わりたいなら、プライドを捨てることが必要。<br>プライドを捨てた瞬間、あなたは生まれ変わる。
    生まれ変わりたいなら、プライドを捨てることが必要。
    プライドを捨てた瞬間、あなたは生まれ変わる。
  22. 「人生は何色か」と聞かれたときのベストな答え方。
    「人生は何色か」と聞かれたときのベストな答え方。
  23. 何事も取りかかった時点で、半分終わっている。
    何事も取りかかった時点で、半分終わっている。
  24. 料理をお金で味わっていないか。<br>きちんと自分の舌で味わおう。
    料理をお金で味わっていないか。
    きちんと自分の舌で味わおう。
  25. 人生を深く味わうとは「2回目を楽しむこと」をいう。
    人生を深く味わうとは「2回目を楽しむこと」をいう。
  26. 「自分の意外な一面」を見つけることも、宝探しの1つ。
    「自分の意外な一面」を見つけることも、宝探しの1つ。
  27. 「やめたほうがいい」と言われることは、やったほうがいい。<br>「やったほうがいい」と言われることは、やめたほうがいい。
    「やめたほうがいい」と言われることは、やったほうがいい。
    「やったほうがいい」と言われることは、やめたほうがいい。
  28. 過去の挫折は、乗り越えるためにある。<br>諦めたことに再挑戦することを「冒険」と呼ぶ。
    過去の挫折は、乗り越えるためにある。
    諦めたことに再挑戦することを「冒険」と呼ぶ。
  29. 回転寿司屋で、特別に贅沢な3分間を楽しむ方法。
    回転寿司屋で、特別に贅沢な3分間を楽しむ方法。
  30. 条件が悪くなったら、こうつぶやこう。<br>「いよいよ冒険らしくなってきた!」
    条件が悪くなったら、こうつぶやこう。
    「いよいよ冒険らしくなってきた!」

同じカテゴリーの作品

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION