暮らし

生活の質を向上させる
30のマナー

お気に入り5 読んだ
30

親におごってもらったときも
「ごちそうさま」。

親におごってもらったときも「ごちそうさま」。 | 生活の質を向上させる30のマナー

仕事関係で食事に行ったとき、相手からおごってもらうときがあります。

おごってもらったときは、食事の後に「ごちそうさまでした」とお礼を言うのが、マナーですね。

金額の大小は関係なく、相手の心遣いに感謝しましょう。

 

さて、会社の人には言っても、家族の場合はどうでしょうか。

親と食事に行ったとき、親が食事代を支払う場合が多いでしょう。

「親だから食事代を出して当然」と思うのはよくありません。

家族だんらんに必要な出費とはいえ、やはり経済的に響く出費です。

親におごってもらうのが当然の関係になっていると「今さらお礼を言うなんて恥ずかしい」と思うかもしれません。

 

しかし、親子関係であっても、お礼を省くのは不和のもとです。

家族のような親密な関係であっても、礼儀を守るようにしましょう。

たった一言でいいのです。

親であっても、やはり食事の後「ごちそうさまでした」と言いましょう。

その一言で、親との食事をきれいに締めくくれます。

昔は言わなかったお礼を言い始めると、親は「成長したな。大人になったな」と感心するでしょう。

親密な関係であっても、最低限の礼儀は守るようにしましょう。

親子関係を向上させる習慣です。

まとめ

生活の質を向上させるマナー その30
  • 親におごってもらったときも「ごちそうさま」とお礼を言う。
まとめ

もくじ
生活の質を向上させる30のマナー
親におごってもらったときも「ごちそうさま」。 | 生活の質を向上させる30のマナー

  1. 最初の一口目は、もっともっと大事にしたほうがいい。
  2. ぎりぎり電車に乗れても、ドア付近で立ち止まらない。
  3. わざわざスーツに着替えてから来るお客さんが、ブランドショップに好かれる。
  4. 相手の名前を聞くだけで、あなたはいい人になれる。
  5. 同じ飲み物でも、ちびちび飲むのと、ごくごく飲むのとでは、味わいが変わる。
  6. 人の品性が表れるのは、何かを終えたとき。
  7. 今持っているハンカチとティッシュは、人にすぐ差し出せますか。
  8. 初対面は、自己紹介のベストタイミング。
  9. 面識ができれば、勇気を出して、挨拶をしてみる。
  10. 品性が表れるのは、ドアを開けるときより閉めるとき。
  11. 美術館で、いきなりタイトルや解説から読み始めていないか。
  12. ボタンがなかなか留められないのは、実は危険な未来の前兆。
  13. 部屋のカーテンを最後に洗濯したのは、いつですか。
  14. 部屋の中で、最も掃除を忘れがちな場所とは。
  15. なぜ服装によって、建物に入る前の脱着マナーが異なるのか。
  16. 自分一人でも「いってきます」「ただいま」は、きちんと言う言葉。
  17. お店の名前を覚えると、店長と仲良くなれる。
  18. 使い終わった傘には、あなたの内面と未来が表れている。
  19. 電車で痴漢に遭ったら、どうするか。
  20. 使い終わった物を捨てるときにも、ねぎらいの言葉はあっていい。
  21. 自然に出るあくびは、体からの大切なメッセージ。
  22. タクシーの指示を出すタイミングに、あなたの優しさが表れる。
  23. レジでの雑談が、後ろに並んでいる人の邪魔になっていないか。
  24. 宅配の人に、どんな対応をしていますか。
  25. 探し物がすぐ見つからないのは、整理整頓がおろそかになっている証拠。
  26. 急に大きな音が聞こえたときこそ、平常心。
  27. バナナの皮を踏んで転ぶのは、実は運のいい出来事。
  28. アンケートを書くのも、舞台観劇の一部。
  29. 「寝具で寝る」と考えるのではない。
    「偉大な存在に癒されている」と考える。
  30. 親におごってもらったときも「ごちそうさま」。

同じカテゴリーの作品