プラス思考

運と幸せを引き寄せる
30の言葉

4
28

偉そうにしている人が、
偉いのではない。
結果を出しているのに控えめでいる人が、
偉いのだ。

偉そうにしている人が、偉いのではない。結果を出しているのに控えめでいる人が、偉いのだ。 | 運と幸せを引き寄せる30の言葉

偉そうにしている人がいると「きっとあの人は偉いに違いない」と思います。

自慢話が多い。

人を見下す発言が目立つ。

態度から慢心がにじみ出ている。

自分は偉大な人間であるように振る舞っている。

まだ結果を出している人ならいいのです。

結果を出せたのは、それだけの努力と苦労を重ねてきた証拠です。

もちろん偉そうな態度はよくありませんが、少なくとも結果が出ているなら「立派」と言えます。

 

しかし、結果を出していないのにもかかわらず、態度だけ偉そうなのはよくありません。

偉そうにしている人がいると「あの人は偉いのかな」と思いそうになりますが、要注意ポイントです。

残念ながら偉そうにしている人は、本当に偉い人とは言えません。

偉そうにしているのは、自分は尊大と思っている証拠です。

自己肯定感は大切ですが、露骨なアピールは下品です。

気持ちに油断があります。

周りを見下す気持ちがあるのは、性格にゆがみが生じつつあります。

偉そうにしている人は「これから私は下降線です」と公言しているようなものです。

隙があり、油断があり、慢心があります。

偉そうにしていると、いつか大きな落とし穴にはまるでしょう。

慢心という邪悪な心によって、痛い目に遭うことになるのです。

だから、偉そうにしている人は偉くありません。

態度や外見に惑わされないことです。

偉く見えるだけで、本当は偉くないのです。

 

 

本当に偉い人とは、結果を出しているのに控えめでいる人

 

本当に偉い人はどんな人なのでしょうか。

それは「結果を出しているのに控えめでいる人」です。

しっかり結果を出しているにもかかわらず、態度は謙虚です。

結果を出していても、露骨な自慢はしません。

試験や面接といった評価される場面を除いて、自分から結果をアピールしません。

聞かれたら答える程度。

大きな結果を出せたのは、自分だけの力ではなく、多くの人のおかげであることを自覚しています。

そのため「皆さんのおかげです」「感謝の気持ちでいっぱいです」といった感謝やねぎらいの言葉を口にします。

物腰が低くて、言葉遣いも丁寧です。

結果を出せても、向上心が強いため、常に目線は上向きです。

まだまだ上を目指そうとしています。

自分は未熟者という自覚があります。

そもそも上には上がいて、世の中にはもっとすごい人がいることも自覚しています。

厳しい現実をわかっていれば、とても偉そうな態度はできず、謙虚な態度でいたくなります。

そのため「まだまだ未熟者です」「少し運がよかっただけです」といった謙虚な言葉を口にします。

だから偉いのです。

 

「その人が本当に偉いかどうかは、結果と態度を見ればわかる」と言っても過言ではありません。

慢心か向上心かの違いです。

偉そうにしている人が、偉いのではありません。

結果を出しているのに控えめでいる人が、偉いのです。

運と幸せを引き寄せる言葉(28)
  • 結果を出しているのに控えめでいる人が、本当に偉い人だと考える。
きちんと待てる人には、意外と早く自分の番が回ってくる。

もくじ
運と幸せを引き寄せる30の言葉
偉そうにしている人が、偉いのではない。結果を出しているのに控えめでいる人が、偉いのだ。 | 運と幸せを引き寄せる30の言葉

  1. 走り続ける人は、走るのをやめた人の運をもらって、ますます運がよくなる。
    走り続ける人は、走るのをやめた人の運をもらって、ますます運がよくなる。
  2. あなたの心に火をつけるのは、誰かではなく、あなた。
    あなたの心に火をつけるのは、誰かではなく、あなた。
  3. 才能は、最初から輝いているわけではない。<br>人の何倍も苦労と努力を積み重ねて、初めて輝く。
    才能は、最初から輝いているわけではない。
    人の何倍も苦労と努力を積み重ねて、初めて輝く。
  4. 生き急ぐことは、死に急ぐこと。<br>生き急ぐのではなく、のびのび楽しもう。
    生き急ぐことは、死に急ぐこと。
    生き急ぐのではなく、のびのび楽しもう。
  5. 何事も、勝負の大半は、準備で決まる。
    何事も、勝負の大半は、準備で決まる。
  6. 完全に同じ日は、人生に1日もない。
    完全に同じ日は、人生に1日もない。
  7. 好きな色を聞かれたら、1つではなく、たくさん答える。
    好きな色を聞かれたら、1つではなく、たくさん答える。
  8. 「私は成熟している」と考える人は、成長もストップする。<br>「私はまだまだ未熟」と考える人は、いつまでも成長する。
    「私は成熟している」と考える人は、成長もストップする。
    「私はまだまだ未熟」と考える人は、いつまでも成長する。
  9. あなたには、素晴らしい好奇心がある。<br>心の奥にしまい込んだ好奇心を引っ張り出そう。
    あなたには、素晴らしい好奇心がある。
    心の奥にしまい込んだ好奇心を引っ張り出そう。
  10. 相手ににこにこしてもらいたいなら、まず自分がにこにこしよう。
    相手ににこにこしてもらいたいなら、まず自分がにこにこしよう。
  11. 幸せを目指してもいい。<br>ただし、追いかけ回さないこと。
    幸せを目指してもいい。
    ただし、追いかけ回さないこと。
  12. 親近感を偶然や成り行きに任せない。
    親近感を偶然や成り行きに任せない。
  13. 「かっこつける生き方」と「かっこいい生き方」は、似て非なるもの。
    「かっこつける生き方」と「かっこいい生き方」は、似て非なるもの。
  14. 日中の仕事は、おいしいお酒をよりおいしくする、最高のアルコール。
    日中の仕事は、おいしいお酒をよりおいしくする、最高のアルコール。
  15. 親のうるさい小言を聞けるのも、今のうちだけ。
    親のうるさい小言を聞けるのも、今のうちだけ。
  16. 運を引き寄せる、魔法の言葉。<br>「すべてうまくいっている」
    運を引き寄せる、魔法の言葉。
    「すべてうまくいっている」
  17. 順風満帆な人生より、前途多難な人生のほうが、得るものが多い。
    順風満帆な人生より、前途多難な人生のほうが、得るものが多い。
  18. 怖ければ、目をつぶればいい。<br>恥ずかしければ、開き直ればいい。<br>勇気が出なければ、スピードを出せばいい。
    怖ければ、目をつぶればいい。
    恥ずかしければ、開き直ればいい。
    勇気が出なければ、スピードを出せばいい。
  19. うっかりため息をついても、すぐ深呼吸をすれば、ぎりぎりセーフ。
    うっかりため息をついても、すぐ深呼吸をすれば、ぎりぎりセーフ。
  20. 不運や不幸が続いているときは「厄払いの集中期間」と考えよう。
    不運や不幸が続いているときは「厄払いの集中期間」と考えよう。
  21. 皆勤賞は、あくまで結果。<br>目的にしてはいけない。
    皆勤賞は、あくまで結果。
    目的にしてはいけない。
  22. 運には「単利・複利の効果」がある。<br>今すぐ得するほうを選ぶと、単利の運になる。<br>今すぐ得しないほうを選ぶと、複利の運になる。
    運には「単利・複利の効果」がある。
    今すぐ得するほうを選ぶと、単利の運になる。
    今すぐ得しないほうを選ぶと、複利の運になる。
  23. あなたには、人を喜ばせる力がある。<br>相手の名前を呼ぶだけで、喜ばすことができる。
    あなたには、人を喜ばせる力がある。
    相手の名前を呼ぶだけで、喜ばすことができる。
  24. 最悪の状況で大切なのは、大泣きより大笑い。
    最悪の状況で大切なのは、大泣きより大笑い。
  25. 「好きなことをしている」と考えるのではない。<br>「好きなことをさせてもらっている」と考えよう。
    「好きなことをしている」と考えるのではない。
    「好きなことをさせてもらっている」と考えよう。
  26. 「特別な日だけハッピー」より「普段からハッピー」を目指そう。
    「特別な日だけハッピー」より「普段からハッピー」を目指そう。
  27. 積極的に生きると言いつつ、優しくされるのを待っていないか。
    積極的に生きると言いつつ、優しくされるのを待っていないか。
  28. 偉そうにしている人が、偉いのではない。<br>結果を出しているのに控えめでいる人が、偉いのだ。
    偉そうにしている人が、偉いのではない。
    結果を出しているのに控えめでいる人が、偉いのだ。
  29. きちんと待てる人には、意外と早く自分の番が回ってくる。
    きちんと待てる人には、意外と早く自分の番が回ってくる。
  30. 1割出し惜しむと「ケチ」と思われ、運に逃げられる。<br>1割奮発すると「太っ腹」と喜ばれ、運に恵まれる。
    1割出し惜しむと「ケチ」と思われ、運に逃げられる。
    1割奮発すると「太っ腹」と喜ばれ、運に恵まれる。

同じカテゴリーの作品