風のように生きる
30の言葉

16
4

ため息には2種類ある。
「体のため息」
「心のため息」

ため息には2種類ある。「体のため息」「心のため息」 | 風のように生きる30の言葉

ため息には、2種類ある

ため息と聞いて、あなたはどんな様子を浮かべるでしょうか。

やはり最初に浮かべるのは、口から吐く長い息でしょう。

疲れたとき、悩んでいるとき、失望したときなどは、自然とため息をついてしまいます。

しかし、ため息とはいえ、実はほかにもあります。

ため息には2種類あります。

「体のため息」と「心のため息」です。

心のため息にも気づいていこう

まず私たちが思い浮かべるため息とは「体のため息」です。

体のため息にはすぐ気づけます。

声や動作があるので、自分からも他人からもわかります。

ため息をついている人がいれば「疲れているのかな」「悩み事でもあるのかな」と心配に思うでしょう。

一方で、心のため息にはなかなか気づけません。

心のため息は目に見えません。

音も動作もないため、自覚しにくいのが特徴です。

心のため息があることを知ってください。

体のため息だけでなく、心のため息にも気づいていきましょう。

心のため息を見逃すな

心のため息を見逃さないでください。

はっきり目に見えるわけではないため、油断しているとなかなか気づけません。

心のため息に気づくためには、主に「感覚」が頼りです。

心のため息には、次のような特徴があります。

  • 急に気持ちが沈んで、体が重く感じたとき
  • 心に重みを感じて、どんよりした気持ちになったとき
  • 喜怒哀楽の感情が湧きにくくなったとき
  • 美しい花を見ても、感動できなくなったとき
  • 心の中から光が消え、暗闇が広がったとき

こうした状況があれば、イエローカードです。

心がため息をついた瞬間です。

心が疲れ切っていて、ため息をついています。

「疲れたよ」「限界だよ」「そろそろ休憩しようよ」といった警告のメッセージを発しています。

ストレスがたまっていて、いっぱいいっぱいになっています。

心が危険域に達している状態です。

心のため息を無視すると、積み重なったストレスに耐えきれず、あるとき心が病んでしまいます。

心のため息は、心の警告

心のため息を見逃さないことです。

心のため息に気づいたら、やるべきことは単純です。

今すぐ休憩を入れましょう。

のんびり散歩をして気分転換をするのもよし。

マッサージやストレッチをしてリラックスするのもよし。

いつもより睡眠時間を長く取ったほうがいいでしょう。

心が癒されるようなことであれば何でもOKです。

心のため息は、心の警告です。

無視をするのではなく、すぐ対処するのがベストです。

心が元気になれば、心のため息もなくなります。

自然と元気ややる気が湧いてきます。

風のように生きる言葉(16)
  • 心がため息をついたら、無理をせず、すぐ休憩を入れる。
嫌な夢を見ても、正夢になると信じない。

風のように生きる30の言葉
風のように生きる30の言葉

  1. 「風のように生きる」とは。
    「風のように生きる」とは。
  2. 風のように生きるためには、まず肌で風を感じることが大切。
    風のように生きるためには、まず肌で風を感じることが大切。
  3. 風のように生きるために心がけたい、3つの優しさ。
    風のように生きるために心がけたい、3つの優しさ。
  4. 風に幸せを感じよう。<br>地球の神秘であり、自然が生み出したアート。
    風に幸せを感じよう。
    地球の神秘であり、自然が生み出したアート。
  5. 風のように生きるためには「スピード感」が欠かせない。
    風のように生きるためには「スピード感」が欠かせない。
  6. たまに不便を経験したほうが、便利なもののありがたみがよくわかる。
    たまに不便を経験したほうが、便利なもののありがたみがよくわかる。
  7. リラックスしたいときは、魔法のおまじない「リラックス」を唱えよう。
    リラックスしたいときは、魔法のおまじない「リラックス」を唱えよう。
  8. あなたに足りないのは「とりあえず動く」という習慣。
    あなたに足りないのは「とりあえず動く」という習慣。
  9. どちらでもいいから、人に決めてもらうのではない。<br>どちらでもいいからこそ、自分で決める。
    どちらでもいいから、人に決めてもらうのではない。
    どちらでもいいからこそ、自分で決める。
  10. なかなか行動できないときは、帆に風を受けて進むヨットをイメージしよう。
    なかなか行動できないときは、帆に風を受けて進むヨットをイメージしよう。
  11. 自分を輝かせるのは、他人ではなく、自分。
    自分を輝かせるのは、他人ではなく、自分。
  12. 「トラブルに遭いたくない」と思うから、行動できない。<br>「小さなトラブルなら大歓迎」と思えば、行動できる。
    「トラブルに遭いたくない」と思うから、行動できない。
    「小さなトラブルなら大歓迎」と思えば、行動できる。
  13. いつも優しくしてくれる人にかけたい言葉とは。
    いつも優しくしてくれる人にかけたい言葉とは。
  14. 死ぬまでずっと「青春の心」でいることを誓う。
    死ぬまでずっと「青春の心」でいることを誓う。
  15. 忙しいときほど、丁寧な仕事を心がけよう。
    忙しいときほど、丁寧な仕事を心がけよう。
  16. ため息には2種類ある。<br>「体のため息」「心のため息」
    ため息には2種類ある。
    「体のため息」「心のため息」
  17. 嫌な夢を見ても、正夢になると信じない。
    嫌な夢を見ても、正夢になると信じない。
  18. 逆ギレする人に、素晴らしい人はいない。
    逆ギレする人に、素晴らしい人はいない。
  19. 顔や視線をそらした挨拶は、きちんとした挨拶になっていない。
    顔や視線をそらした挨拶は、きちんとした挨拶になっていない。
  20. 仲直りが1回できなかったくらいで諦めていないか。
    仲直りが1回できなかったくらいで諦めていないか。
  21. 問題点を嘆くのではない。<br>改善点が見つかったことを喜ぶのだ。
    問題点を嘆くのではない。
    改善点が見つかったことを喜ぶのだ。
  22. 明るい笑い声も、大きすぎると下品になる。
    明るい笑い声も、大きすぎると下品になる。
  23. つまらない仕事を引き受けよう。<br>工夫をすれば、面白くなるから。
    つまらない仕事を引き受けよう。
    工夫をすれば、面白くなるから。
  24. 約束は、多いより少ないほうがいい。
    約束は、多いより少ないほうがいい。
  25. ラッキーな話を聞く機会があれば、ぜひ聞かせてもらおう。<br>運をおすそ分けしてもらえる。
    ラッキーな話を聞く機会があれば、ぜひ聞かせてもらおう。
    運をおすそ分けしてもらえる。
  26. 人は、いったん落ち込んで強くなる。<br>落ち込みは、強くなる前触れ。
    人は、いったん落ち込んで強くなる。
    落ち込みは、強くなる前触れ。
  27. 「忙しくて○○する時間がない」という人は、本気になっていないだけ。
    「忙しくて○○する時間がない」という人は、本気になっていないだけ。
  28. 早く終わらせたかったら、早く取りかかる。
    早く終わらせたかったら、早く取りかかる。
  29. 目をつぶりながら顔を上に向けると、素直な気持ちを取り戻せる。
    目をつぶりながら顔を上に向けると、素直な気持ちを取り戻せる。
  30. 「運が悪かった」と言うだけでは、改善も成長もできない。
    「運が悪かった」と言うだけでは、改善も成長もできない。

同じカテゴリーの作品

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION