アイデア発想

頭を柔らかくする
30の方法

4
8

初めての経験に挑戦すると、
頭が柔らかくなる。

初めての経験に挑戦すると、頭が柔らかくなる。 | 頭を柔らかくする30の方法

私たちの行動は、慣れたことの繰り返しになりがちです。

慣れた仕事、慣れた人間関係、慣れたお店、慣れた話題、慣れた生活。

「慣れていることのほうが楽」

「不慣れなことはしたくない」

もちろん行動は、個人の自由です。

慣れていることなら熟知しているので、スムーズに進めることができます。

興味関心のあることなら、自分の好みに合っているので、楽しく面白くて有意義な時間を過ごせるでしょう。

 

一方、初めての経験はストレスを感じるでしょう。

内容や雰囲気がよくわからないため、抵抗感があります。

初めての経験は、不安や恐怖が伴うため、自然と避けてしまっている人も多いのではないでしょうか。

 

しかし、慣れたことばかり取り組むのもよくありません。

慣れたことばかり取り組んでいると、行動パターンが類似します。

同じような情報や経験しか得られません。

最初は刺激的であっても、だんだん慣れてくるにつれて、平凡になります。

受ける刺激に変化がないと、知識や世界観が偏ってしまいます。

時にはマンネリに陥ることもある。

狭い世界に陥ってしまい、頭が固くなってしまうのです。

頭を柔らかくしたいなら、初めての経験に挑戦してみましょう。

過去に経験がなければ、すべてよし。

何事も実際に取り組んでみないとわかりません。

誰かに言われて挑戦するのではなく、自分から挑戦していきましょう。

 

初めてのジャンルの本を読んでみましょう。

小説でも実用書でもかまいません。

つまらないように見える本でも、実際に読んでみると、意外と面白く感じることがあるでしょう。

「なるほど!」「初めて知った!」といった驚きや発見があるでしょう。

価値観の変化が起こり、器が大きくなる実感が得られるでしょう。

 

初めて見る映画もおすすめです。

映画のジャンルが偏っていませんか。

新しい映画を見ると、新しい世界を知ることができるでしょう。

「こんなジャンルもあるのか」「こういう世界もあるのか」とわかるだけでもいいのです。

新鮮な物語に触れることで、普段とは違った感情を楽しむこともできるはずです。

 

初めての仕事に挑戦してみるのも悪くありません。

挑戦する気持ちを大切にしましょう。

チャレンジ精神で挑めば、必然的に新鮮な刺激のシャワーを浴びる機会が増えます。

たとえ案の定つまらなかったとしても、新鮮な刺激に触れたり新しい経験が増えたりできるので有意義です。

 

初めて入るレストランもおすすめです。

「どんな料理があるかな」「中はどんな雰囲気だろう」とわくわくしながら、勇気を出して飛び込んでみましょう。

未知の世界を冒険することになりますが、それが面白いのです。

実際に入ってみると、新しい空間や雰囲気を楽しめるでしょう。

 

普段とは違った行動パターンは、怖がるより楽しみましょう。

初めての経験に挑戦して、新鮮な刺激のシャワーを浴びましょう。

新しい経験を積んでいくにつれて、頭の中の世界が広がっていくでしょう。

視野や見識が広がっていき、頭も柔らかくなるのです。

頭を柔らかくする方法(8)
  • 勇気を出して初めての経験に挑戦してみる。
見栄・体裁・プライドに固執していると、頭を柔らかくすることはできない。

もくじ
頭を柔らかくする30の方法
初めての経験に挑戦すると、頭が柔らかくなる。 | 頭を柔らかくする30の方法

  1. 生まれたときから頭の固い人はいない。
    生まれたときから頭の固い人はいない。
  2. 「頭を柔らかくする」という意味とは。
    「頭を柔らかくする」という意味とは。
  3. 頭の固さを確かめる、12のチェックポイント。
    頭の固さを確かめる、12のチェックポイント。
  4. 一度固くなった頭でも、再び柔らかくすることはできる。
    一度固くなった頭でも、再び柔らかくすることはできる。
  5. 先入観をなくし、ゼロベースで考えよう。
    先入観をなくし、ゼロベースで考えよう。
  6. 答えは1つと決めつけない。
    答えは1つと決めつけない。
  7. 反射的に新しいことを否定していないか。
    反射的に新しいことを否定していないか。
  8. 初めての経験に挑戦すると、頭が柔らかくなる。
    初めての経験に挑戦すると、頭が柔らかくなる。
  9. 見栄・体裁・プライドに固執していると、頭を柔らかくすることはできない。
    見栄・体裁・プライドに固執していると、頭を柔らかくすることはできない。
  10. 極端な考え方を持つと、頭が固くなる。<br>中間の考え方を持つと、頭が柔らかくなる。
    極端な考え方を持つと、頭が固くなる。
    中間の考え方を持つと、頭が柔らかくなる。
  11. 頭が柔らかいから、柔らかい言葉を使うのではない。<br>柔らかい言葉を使っているから、頭も柔らかくなる。
    頭が柔らかいから、柔らかい言葉を使うのではない。
    柔らかい言葉を使っているから、頭も柔らかくなる。
  12. 何でも前向きに考えよう。<br>ポジティブ思考は、頭を柔らかくする効果が抜群。
    何でも前向きに考えよう。
    ポジティブ思考は、頭を柔らかくする効果が抜群。
  13. 悪いところを探す癖があると、頭が固くなる。<br>良いところを探す癖があると、頭が柔らかくなる。
    悪いところを探す癖があると、頭が固くなる。
    良いところを探す癖があると、頭が柔らかくなる。
  14. えり好みは避け、できるだけ何でも受け入れるようにする。
    えり好みは避け、できるだけ何でも受け入れるようにする。
  15. 好奇心を持って行動する人に、頭の固い人はいない。
    好奇心を持って行動する人に、頭の固い人はいない。
  16. 部分的な見方をしていると、頭が固くなる。<br>全体的な見方をしていると、頭が柔らかくなる。
    部分的な見方をしていると、頭が固くなる。
    全体的な見方をしていると、頭が柔らかくなる。
  17. 異質の人と1人付き合うだけで、本100冊分の学びがある。
    異質の人と1人付き合うだけで、本100冊分の学びがある。
  18. 人の気持ちを理解する習慣があると、頭が柔らかくなる。
    人の気持ちを理解する習慣があると、頭が柔らかくなる。
  19. 悪口を言えば言うほど、頭が固くなる。<br>褒めれば褒めるほど、頭が柔らかくなる。
    悪口を言えば言うほど、頭が固くなる。
    褒めれば褒めるほど、頭が柔らかくなる。
  20. 冒険に出かけよう。<br>新しい世界には、頭を柔らかくする出会いが待っている。
    冒険に出かけよう。
    新しい世界には、頭を柔らかくする出会いが待っている。
  21. 頭が柔らかいから、謙虚になるのではない。<br>謙虚になるから、頭が柔らかくなる。
    頭が柔らかいから、謙虚になるのではない。
    謙虚になるから、頭が柔らかくなる。
  22. 違いにいらいらしていると、頭が固くなる。<br>違いを楽しむようにすると、頭が柔らかくなる。
    違いにいらいらしていると、頭が固くなる。
    違いを楽しむようにすると、頭が柔らかくなる。
  23. 人から聞いたことをうのみにしない。<br>まず自分で考える習慣をつけよう。
    人から聞いたことをうのみにしない。
    まず自分で考える習慣をつけよう。
  24. 「分解」と「結合」は、アイデアを考えるときの基本発想。
    「分解」と「結合」は、アイデアを考えるときの基本発想。
  25. 改善意識を持つ人に、頭の固い人はいない。
    改善意識を持つ人に、頭の固い人はいない。
  26. 頭を柔らかくする本や問題集を傾倒しない。<br>実生活こそ、頭を柔らかくする教科書であり、問題集。
    頭を柔らかくする本や問題集を傾倒しない。
    実生活こそ、頭を柔らかくする教科書であり、問題集。
  27. 許さない人になると、頭が固くなる。<br>許す人になると、頭が柔らかくなる。
    許さない人になると、頭が固くなる。
    許す人になると、頭が柔らかくなる。
  28. 手を使う機会を増やせば、どんどん頭が柔らかくなる。
    手を使う機会を増やせば、どんどん頭が柔らかくなる。
  29. 幼い子供と接しよう。<br>一回り若い人はすべて、頭を柔らかくする先生。
    幼い子供と接しよう。
    一回り若い人はすべて、頭を柔らかくする先生。
  30. 夢がないと、頭が固くなる。<br>夢があると、頭が柔らかくなる。
    夢がないと、頭が固くなる。
    夢があると、頭が柔らかくなる。

同じカテゴリーの作品