発想力を鍛える
30の方法

25
3

社会貢献のイメージが、
アイデア発想を加速させる。

社会貢献のイメージが、アイデア発想を加速させる。 | 発想力を鍛える30の方法

アイデアを考えるとき、あるイメージをすることが大切です。

それは「社会貢献」です。

「趣味でアイデアを考える」

「仕事でアイデアを考える」

趣味や仕事として普通に発想するのも悪くありませんが、少し真面目で堅苦しい。

アイデアは想像力と発想力が大事ですから、もっと未来的な考え方を持ったほうがいいでしょう。

そこで大切なのは、社会貢献のイメージです。

自分が考えたアイデアが、何らかの形で、社会貢献につながっているイメージを持ちましょう。

あなたのユーザーは誰でしょうか。

アイデアの先にいるユーザーをイメージしてください。

そのユーザーが、あなたのアイデアで救われているところや喜んでいるところをイメージしましょう。

  • 「ありがとうございます」と、にこにこ感謝されているところ
  • 自分の出したアイデアによって、多くの人が救われているところ
  • あなたのアイデアが社会の役に立ち、世の中を明るく変えているところ

「イメージなんてくだらない」と思うかもしれませんが、誤解です。

たしかに不採用になるアイデアも多いですが、1つでも採用されれば、何らかの形で社会貢献につながるのは事実です。

あなたのアイデアが誰かの役に立ち、社会貢献につながる可能性は十分あります。

明るいイメージを持つことは、想像力・発想力を活性化させる効果があります。

「もっといいアイデアを考えたい!」

「絶対アイデアを完成させてみせる!」

「必ず素晴らしいアイデアを出して、あっと言わせてやろう!」

自分のアイデアが社会貢献につながっているイメージができると、アイデアを考えるモチベーションも高くなります。

アイデアが浮かぶから、社会貢献につながるのではありません。

社会貢献につながるイメージを持つから、アイデアが浮かぶのです。

なかなかアイデアが出なくても、社会的な使命を担っていると思えば、使命感が湧いて根気が出てくるでしょう。

社会貢献につながるイメージができれば、後は勢いに乗るだけ。

「人のため」「社会のため」という気持ちになって、アイデアを考えましょう。

自然とわくわくする気持ちが強くなり、アイデアを考えることが楽しくなるはずです。

「よし。もう一踏ん張り頑張って、秀逸なアイデアを出そう!」と思えるようになるでしょう。

世の中に必要とされる実感があると、潜在的な能力が発揮しやすくなります。

社会貢献のイメージが、アイデア発想を加速させるのです。

発想力を鍛える方法(25)
  • 自分のアイデアが、社会貢献につながっているところをイメージする。
アイデア発想が脱線したとき、どうするか。

発想力を鍛える30の方法
発想力を鍛える30の方法

  1. 発想力は、すべての社会人に必要なスキル。
    発想力は、すべての社会人に必要なスキル。
  2. 発想力とは何か。
    発想力とは何か。
  3. 大人になった今こそ、発想力を鍛える適齢期。
    大人になった今こそ、発想力を鍛える適齢期。
  4. 気力・体力・精神力には、限界がある。<br>思考力・想像力・発想力には、限界がない。
    気力・体力・精神力には、限界がある。
    思考力・想像力・発想力には、限界がない。
  5. 発想力を鍛えるのに、力を入れて頑張る必要はない。<br>力を抜いて、遊び心を爆発させる。
    発想力を鍛えるのに、力を入れて頑張る必要はない。
    力を抜いて、遊び心を爆発させる。
  6. 知識と経験を増やすことは、発想力を鍛えることにつながる。
    知識と経験を増やすことは、発想力を鍛えることにつながる。
  7. バスや電車は、発想力を鍛えるトレーニング場。
    バスや電車は、発想力を鍛えるトレーニング場。
  8. 通勤経路を変えると、発想力が刺激される。
    通勤経路を変えると、発想力が刺激される。
  9. 漫画や小説で、別シナリオや後日談を考えてみる。
    漫画や小説で、別シナリオや後日談を考えてみる。
  10. 忙しいからアイデアが出ないということはない。<br>暇だからアイデアが出るということもない。
    忙しいからアイデアが出ないということはない。
    暇だからアイデアが出るということもない。
  11. 仕事本番を練習代わりにしていい。<br>仕事上の課題は、発想力を鍛える絶好の題材。
    仕事本番を練習代わりにしていい。
    仕事上の課題は、発想力を鍛える絶好の題材。
  12. 普通に考えるだけでは、アイデアは出ない。<br>徹底的に考え抜いてこそ、アイデアが出る。
    普通に考えるだけでは、アイデアは出ない。
    徹底的に考え抜いてこそ、アイデアが出る。
  13. 集中して考えるのは大切。<br>リラックスして考えるのはもっと大切。
    集中して考えるのは大切。
    リラックスして考えるのはもっと大切。
  14. 持ち物にニックネームをつけて、発想力と愛着を手に入れよう。
    持ち物にニックネームをつけて、発想力と愛着を手に入れよう。
  15. あえて興味関心のないことに取り組んでみよう。
    あえて興味関心のないことに取り組んでみよう。
  16. 制限時間を設けると、アイデアが出やすくなる。<br>適度なタイムプレッシャーは、頭の回転を促してくれる。
    制限時間を設けると、アイデアが出やすくなる。
    適度なタイムプレッシャーは、頭の回転を促してくれる。
  17. 険しい表情をしていては、いい発想はできない。<br>にこにこ明るい表情をしているから、発想力が高まる。
    険しい表情をしていては、いい発想はできない。
    にこにこ明るい表情をしているから、発想力が高まる。
  18. 連想ゲームは、発想力を鍛えるトレーニング。
    連想ゲームは、発想力を鍛えるトレーニング。
  19. 「なぜ」は、発想力を鍛える魔法の言葉。
    「なぜ」は、発想力を鍛える魔法の言葉。
  20. 発想力があるから、創作活動をするのではない。<br>創作活動をするから、発想力が鍛えられる。
    発想力があるから、創作活動をするのではない。
    創作活動をするから、発想力が鍛えられる。
  21. 類義語辞典は、発想力を鍛える教科書。
    類義語辞典は、発想力を鍛える教科書。
  22. 複数の仕事に携わることで、アイデア発想が加速する。
    複数の仕事に携わることで、アイデア発想が加速する。
  23. 短所や欠点に注目すると、アイデアが出にくくなる。<br>長所や美点に注目すると、アイデアが出やすくなる。
    短所や欠点に注目すると、アイデアが出にくくなる。
    長所や美点に注目すると、アイデアが出やすくなる。
  24. 想像力と発想力の違いとは。
    想像力と発想力の違いとは。
  25. 社会貢献のイメージが、アイデア発想を加速させる。
    社会貢献のイメージが、アイデア発想を加速させる。
  26. アイデア発想が脱線したとき、どうするか。
    アイデア発想が脱線したとき、どうするか。
  27. 諦めやすい人は、発想力を鍛えられない。<br>粘り強い人が、発想力を鍛えられる。
    諦めやすい人は、発想力を鍛えられない。
    粘り強い人が、発想力を鍛えられる。
  28. お酒とコーヒーは、アイデア発想をスムーズにする飲み物。
    お酒とコーヒーは、アイデア発想をスムーズにする飲み物。
  29. 発想力に自信があれば、堂々と履歴書に書いていい。
    発想力に自信があれば、堂々と履歴書に書いていい。
  30. 一番大切なのは、実際に取り組み、継続すること。
    一番大切なのは、実際に取り組み、継続すること。

同じカテゴリーの作品

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION