執筆者:水口貴博

発想力を鍛える
30の方法

5
1

発想力を鍛えるのに、
力を入れて頑張る必要はない。
力を抜いて、
遊び心を爆発させる。

発想力を鍛えるのに、力を入れて頑張る必要はない。力を抜いて、遊び心を爆発させる。 | 発想力を鍛える30の方法

発想力を鍛えるにはどうすればいいのでしょうか。

「鍛える」という響きのせいでしょうか。

「体を鍛える」という表現があるように、発想力を鍛えるときも「力を入れて頑張る」というイメージがあるかもしれません。

もちろん頑張ることは大切です。

仕事でも勉強でもスポーツでも、頑張るからこそ、成果を上げることができます。

遊んでばかりでサボっている人より、きちんと真面目に頑張っている人のほうが、結果が出やすい。

頑張れば必ず報われるとは限りませんが、結果を出している人は必ず頑張っています。

当たり前のことであり、誰も異論はないでしょう。

しかし、発想力に関しては、力を入れて頑張ることが効果的とは限りません。

発想力を鍛えるには、頭を柔らかくする必要があります。

常識や先入観にとらわれず、できるだけ思考を自由な状態にすることが大切です。

余計な力を入ると、思考の柔軟性が失われるため、現実的な考え方になります。

常識や先入観にとらわれてしまい、結果として発想が固くなってしまうのです。

発想力を鍛えるなら、逆を心がけましょう。

力を入れるのではありません。

むしろ力を抜くのです。

発想力を鍛えるのに、力を入れて頑張る必要はありません。

もちろん気合も必要ありません。

肩の力を抜き、リラックスしましょう。

常識や先入観を忘れ、柔らかい心を意識しながら、自由に発想できる状態にしましょう。

特に大切なのは「遊び心」です。

勉強やスポーツでは、遊んでばかりいると成績が下がりますが、発想力では逆です。

頭の中であれば、いくら遊んでもOKです。

真面目な発想からくだらない発想まで、どんなことでも発想していい。

遊べば遊ぶほど、さまざまな視点から見ることができるようになり、発想力が鍛えられます。

頑張るのではなく、遊びましょう。

踏ん張るのではなく、楽しみましょう。

ただ遊び心を持つのではなく、爆発させましょう。

どれだけ力を抜き、どれだけ遊び心を爆発させるかです。

頭の中なら、どれだけ遊び心を爆発させてもかまいません。

発想力を鍛えるなら、ゲーム感覚で取り組むくらいでちょうどいい。

力を抜いて、遊び心を爆発させることで、発想力を鍛えられていきます。

発想力を鍛える方法(5)
  • 発想力を鍛えるときは、力を抜いて、遊び心を爆発させる。
知識と経験を増やすことは、発想力を鍛えることにつながる。

発想力を鍛える30の方法
発想力を鍛える30の方法

  1. 発想力は、すべての社会人に必要なスキル。
    発想力は、すべての社会人に必要なスキル。
  2. 発想力とは何か。
    発想力とは何か。
  3. 大人になった今こそ、発想力を鍛える適齢期。
    大人になった今こそ、発想力を鍛える適齢期。
  4. 気力・体力・精神力には、限界がある。<br>思考力・想像力・発想力には、限界がない。
    気力・体力・精神力には、限界がある。
    思考力・想像力・発想力には、限界がない。
  5. 発想力を鍛えるのに、力を入れて頑張る必要はない。<br>力を抜いて、遊び心を爆発させる。
    発想力を鍛えるのに、力を入れて頑張る必要はない。
    力を抜いて、遊び心を爆発させる。
  6. 知識と経験を増やすことは、発想力を鍛えることにつながる。
    知識と経験を増やすことは、発想力を鍛えることにつながる。
  7. バスや電車は、発想力を鍛えるトレーニング場。
    バスや電車は、発想力を鍛えるトレーニング場。
  8. 通勤経路を変えると、発想力が刺激される。
    通勤経路を変えると、発想力が刺激される。
  9. 漫画や小説で、別シナリオや後日談を考えてみる。
    漫画や小説で、別シナリオや後日談を考えてみる。
  10. 忙しいからアイデアが出ないということはない。<br>暇だからアイデアが出るということもない。
    忙しいからアイデアが出ないということはない。
    暇だからアイデアが出るということもない。
  11. 仕事本番を練習代わりにしていい。<br>仕事上の課題は、発想力を鍛える絶好の題材。
    仕事本番を練習代わりにしていい。
    仕事上の課題は、発想力を鍛える絶好の題材。
  12. 普通に考えるだけでは、アイデアは出ない。<br>徹底的に考え抜いてこそ、アイデアが出る。
    普通に考えるだけでは、アイデアは出ない。
    徹底的に考え抜いてこそ、アイデアが出る。
  13. 集中して考えるのは大切。<br>リラックスして考えるのはもっと大切。
    集中して考えるのは大切。
    リラックスして考えるのはもっと大切。
  14. 持ち物にニックネームをつけて、発想力と愛着を手に入れよう。
    持ち物にニックネームをつけて、発想力と愛着を手に入れよう。
  15. あえて興味関心のないことに取り組んでみよう。
    あえて興味関心のないことに取り組んでみよう。
  16. 制限時間を設けると、アイデアが出やすくなる。<br>適度なタイムプレッシャーは、頭の回転を促してくれる。
    制限時間を設けると、アイデアが出やすくなる。
    適度なタイムプレッシャーは、頭の回転を促してくれる。
  17. 険しい表情をしていては、いい発想はできない。<br>にこにこ明るい表情をしているから、発想力が高まる。
    険しい表情をしていては、いい発想はできない。
    にこにこ明るい表情をしているから、発想力が高まる。
  18. 連想ゲームは、発想力を鍛えるトレーニング。
    連想ゲームは、発想力を鍛えるトレーニング。
  19. 「なぜ」は、発想力を鍛える魔法の言葉。
    「なぜ」は、発想力を鍛える魔法の言葉。
  20. 発想力があるから、創作活動をするのではない。<br>創作活動をするから、発想力が鍛えられる。
    発想力があるから、創作活動をするのではない。
    創作活動をするから、発想力が鍛えられる。
  21. 類義語辞典は、発想力を鍛える教科書。
    類義語辞典は、発想力を鍛える教科書。
  22. 複数の仕事に携わることで、アイデア発想が加速する。
    複数の仕事に携わることで、アイデア発想が加速する。
  23. 短所や欠点に注目すると、アイデアが出にくくなる。<br>長所や美点に注目すると、アイデアが出やすくなる。
    短所や欠点に注目すると、アイデアが出にくくなる。
    長所や美点に注目すると、アイデアが出やすくなる。
  24. 想像力と発想力の違いとは。
    想像力と発想力の違いとは。
  25. 社会貢献のイメージが、アイデア発想を加速させる。
    社会貢献のイメージが、アイデア発想を加速させる。
  26. アイデア発想が脱線したとき、どうするか。
    アイデア発想が脱線したとき、どうするか。
  27. 諦めやすい人は、発想力を鍛えられない。<br>粘り強い人が、発想力を鍛えられる。
    諦めやすい人は、発想力を鍛えられない。
    粘り強い人が、発想力を鍛えられる。
  28. お酒とコーヒーは、アイデア発想をスムーズにする飲み物。
    お酒とコーヒーは、アイデア発想をスムーズにする飲み物。
  29. 発想力に自信があれば、堂々と履歴書に書いていい。
    発想力に自信があれば、堂々と履歴書に書いていい。
  30. 一番大切なのは、実際に取り組み、継続すること。
    一番大切なのは、実際に取り組み、継続すること。

同じカテゴリーの作品

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION