アイデア発想

発想力を鍛える
30の方法

読んだ お気に入り1
20

発想力があるから、
創作活動をするのではない。
創作活動をするから、
発想力が鍛えられる。

発想力があるから、創作活動をするのではない。創作活動をするから、発想力が鍛えられる。 | 発想力を鍛える30の方法

発想力を鍛えるトレーニングとして「創作活動」に取り組んでみましょう。

「創作活動なんてできない」

「センスも才能もない」

「上手にできる自信がない」

能力に自信がなく、反射的に「無理」と拒む人もいるはずです。

もちろん豊かな発想力があれば、創作活動もスムーズですが、発想力が弱くてもかまいません。

発想力が弱いとはいえ、ゼロではないはずです。

発想力が弱いなら弱いなりに、創作活動に取り組む意義があります。

創作活動に取り組むと、積極的に発想力を働かせることになります。

創作するとき、心のキャンパスに自由なイメージを描くでしょう。

「こんな世界はどうだろうか」

「こんな表現はどうだろうか」

「どんな言葉が適切だろうか」

創作活動は発想の連続で、頭も心も熱くなっていくでしょう。

最初は下手でも、だんだん慣れてくると、さまざまな発想がしやすくなります。

「そもそも表現したいことがない」

そう思っているなら、きっとそれは勘違いでしょう。

私たち人間は「心」のある生き物なのですから、何か表現したいことがあるはずです。

心の中にくすぶる感情や思いを、素直に表現するだけでいいのです。

いきなり創作活動に取り組んでOKです。

発想力があるから、創作活動をするのではありません。

創作活動をするから、発想力が鍛えられるのです。

創作活動そのものが、発想力を鍛えるトレーニングだからです。

発想力に自信がなくてもいいので、まず創作活動に取り組んでみることが大切です。

 

たとえば、文章を書くのが好きなら、まず短いコラムから挑戦してみます。

気づいたことや感じたことを、完結に分かりやすくまとめます。

書くのに慣れてくれば、長文に挑戦するといいでしょう。

自分で物語と登場人物を考え、本格的に小説を書いてみるのも悪くありません。

絵を描くのが得意なら、簡単なイラストから始めてみるといいでしょう。

慣れてくれば、絵画にステップアップしてみます。

漫画が得意なら、まず1コマ漫画・4コマ漫画から始めてみましょう。

慣れてくれば、本格的な漫画に挑戦するといいでしょう。

このほかにも、創作活動の種類は数多くあります。

  • 歌を作る
  • 映像を作る
  • 模型を作る
  • 工芸品を作る
  • ゲームを作る
  • ウェブサイトを作る

心に描いたイメージを、現実世界に形として表現しましょう。

最初は取り組みやすいことから始めてみるといいでしょう。

評価や評判を気にせず、自分の好きなように作ることがポイントです。

「上手に作ること」ではなく「表現すること」ができれば十分です。

表現できると、心から喜べ、幸せを感じるでしょう。

ある程度形になって自信がつけば、一般に公開してみるといいでしょう。

ユーザーからのフィードバックが得られると、モチベーションにつながります。

発想力に自信がないからこそ、創作活動に取り組む価値があるのです。

まとめ

発想力を鍛える方法 その20
  • 創作活動をする。
類義語辞典は、発想力を鍛える教科書。

もくじ
発想力を鍛える30の方法
発想力があるから、創作活動をするのではない。創作活動をするから、発想力が鍛えられる。 | 発想力を鍛える30の方法

  1. 発想力は、すべての社会人に必要なスキル。
  2. 発想力とは何か。
  3. 大人になった今こそ、発想力を鍛える適齢期。
  4. 気力・体力・精神力には、限界がある。
    思考力・想像力・発想力には、限界がない。
  5. 発想力を鍛えるのに、力を入れて頑張る必要はない。
    力を抜いて、遊び心を爆発させる。
  6. 知識と経験を増やすことは、発想力を鍛えることにつながる。
  7. バスや電車は、発想力を鍛えるトレーニング場。
  8. 通勤経路を変えると、発想力が刺激される。
  9. 漫画や小説で、別シナリオや後日談を考えてみる。
  10. 忙しいからアイデアが出ないということはない。
    暇だからアイデアが出るということもない。
  11. 仕事本番を練習代わりにしていい。
    仕事上の課題は、発想力を鍛える絶好の題材。
  12. 普通に考えるだけでは、アイデアは出ない。
    徹底的に考え抜いてこそ、アイデアが出る。
  13. 集中して考えるのは大切。
    リラックスして考えるのはもっと大切。
  14. 持ち物にニックネームをつけて、発想力と愛着を手に入れよう。
  15. あえて興味関心のないことに取り組んでみよう。
  16. 制限時間を設けると、アイデアが出やすくなる。
    適度なタイムプレッシャーは、頭の回転を促してくれる。
  17. 険しい表情をしていては、いい発想はできない。
    にこにこ明るい表情をしているから、発想力が高まる。
  18. 連想ゲームは、発想力を鍛えるトレーニング。
  19. 「なぜ」は、発想力を鍛える魔法の言葉。
  20. 発想力があるから、創作活動をするのではない。
    創作活動をするから、発想力が鍛えられる。
  21. 類義語辞典は、発想力を鍛える教科書。
  22. 複数の仕事に携わることで、アイデア発想が加速する。
  23. 短所や欠点に注目すると、アイデアが出にくくなる。
    長所や美点に注目すると、アイデアが出やすくなる。
  24. 想像力と発想力の違いとは。
  25. 社会貢献のイメージが、アイデア発想を加速させる。
  26. アイデア発想が脱線したとき、どうするか。
  27. 諦めやすい人は、発想力を鍛えられない。
    粘り強い人が、発想力を鍛えられる。
  28. お酒とコーヒーは、アイデア発想をスムーズにする飲み物。
  29. 発想力に自信があれば、堂々と履歴書に書いていい。
  30. 一番大切なのは、実際に取り組み、継続すること。

同じカテゴリーの作品