アイデア発想

発想力を鍛える
30の方法

4
30

一番大切なのは、
実際に取り組み、
継続すること。

一番大切なのは、実際に取り組み、継続すること。 | 発想力を鍛える30の方法

発想力を鍛える方法として、最後に一番大切なことがあります。

それは「実際に取り組み、継続する」ということです。

「実際に取り組むこと」と「継続すること」の両方が欠かせません。

発想力を鍛える方法を知るだけで満足していませんか。

「なるほど。こういう方法があるのか」

方法を知って満足して、そのまま終わりになるケースが少なくありません。

発想力を鍛える方法を学ぶのはいいですが、知っただけでは発想力を鍛えたことになりません。

単に知識が増えただけです。

実際に取り組んでこそ、発想力が鍛えられます。

下手でも不器用でもいいので、実際に取り組んでみることが大切です。

 

では、実際に取り組めば十分かというと、それも違います。

たとえ取り組んだとしても、すぐやめてしまうと、効果はゼロに等しいでしょう。

三日坊主ではトレーニングの意味がない。

実際に試すだけでなく、継続することが大切です。

 

たとえば、発想力を鍛える方法の1つが、創作活動です。

創作活動が発想力のトレーニングに役立つとわかれば、知って終わるのではなく、実際に取り組んでみましょう。

創作活動の種類は、絵・文章・音楽など何でもかまいません。

スムーズにできなくてもいいので、まず実際に取り組むこと。

そして継続しましょう。

理想は「毎日」ですが、難しいなら「週に1回」「隔週に1回」「月に1回」のペースでもかまいません。

長く続けていくうちに慣れていき、コツがつかめ、スキルが向上していきます。

また、興味関心のないことに取り組んでみることも、発想力を鍛える方法として有効です。

「なるほど」と思うだけで終わらせないこと。

「気が向いたらやってみる」「時間が空いたときにする」という消極的な姿勢では、ずっと取り組まないでしょう。

気分に応じて取り組むのも悪くありませんが、不安定であり、継続できるとは限りません。

やはり実際に試してみることが大切です。

さっそく今日から取り組んでみましょう。

気持ちが熱いうちに行動したほうが、実現も早くなります。

少なくとも実際に取り組めば、発想力を鍛えていけます。

「週末に取り組む」「月末に取り組む」「毎週水曜日に行う」など、ルールを決めると継続しやすくなります。

 

§

 

発想力は、急に大きく鍛えることはできません。

発想力は、知識と経験と感性の集大成です。

こつこつ続けていくことで、少しずつ発想力が鍛えられていきます。

気づけば、発想力が豊かな自分になっているでしょう。

発想力を鍛える方法(30)
  • 発想力を鍛える方法は、知っただけで満足するのではなく、実際に継続して取り組む。
まとめ

もくじ
発想力を鍛える30の方法
一番大切なのは、実際に取り組み、継続すること。 | 発想力を鍛える30の方法

  1. 発想力は、すべての社会人に必要なスキル。
    発想力は、すべての社会人に必要なスキル。
  2. 発想力とは何か。
    発想力とは何か。
  3. 大人になった今こそ、発想力を鍛える適齢期。
    大人になった今こそ、発想力を鍛える適齢期。
  4. 気力・体力・精神力には、限界がある。<br>思考力・想像力・発想力には、限界がない。
    気力・体力・精神力には、限界がある。
    思考力・想像力・発想力には、限界がない。
  5. 発想力を鍛えるのに、力を入れて頑張る必要はない。<br>力を抜いて、遊び心を爆発させる。
    発想力を鍛えるのに、力を入れて頑張る必要はない。
    力を抜いて、遊び心を爆発させる。
  6. 知識と経験を増やすことは、発想力を鍛えることにつながる。
    知識と経験を増やすことは、発想力を鍛えることにつながる。
  7. バスや電車は、発想力を鍛えるトレーニング場。
    バスや電車は、発想力を鍛えるトレーニング場。
  8. 通勤経路を変えると、発想力が刺激される。
    通勤経路を変えると、発想力が刺激される。
  9. 漫画や小説で、別シナリオや後日談を考えてみる。
    漫画や小説で、別シナリオや後日談を考えてみる。
  10. 忙しいからアイデアが出ないということはない。<br>暇だからアイデアが出るということもない。
    忙しいからアイデアが出ないということはない。
    暇だからアイデアが出るということもない。
  11. 仕事本番を練習代わりにしていい。<br>仕事上の課題は、発想力を鍛える絶好の題材。
    仕事本番を練習代わりにしていい。
    仕事上の課題は、発想力を鍛える絶好の題材。
  12. 普通に考えるだけでは、アイデアは出ない。<br>徹底的に考え抜いてこそ、アイデアが出る。
    普通に考えるだけでは、アイデアは出ない。
    徹底的に考え抜いてこそ、アイデアが出る。
  13. 集中して考えるのは大切。<br>リラックスして考えるのはもっと大切。
    集中して考えるのは大切。
    リラックスして考えるのはもっと大切。
  14. 持ち物にニックネームをつけて、発想力と愛着を手に入れよう。
    持ち物にニックネームをつけて、発想力と愛着を手に入れよう。
  15. あえて興味関心のないことに取り組んでみよう。
    あえて興味関心のないことに取り組んでみよう。
  16. 制限時間を設けると、アイデアが出やすくなる。<br>適度なタイムプレッシャーは、頭の回転を促してくれる。
    制限時間を設けると、アイデアが出やすくなる。
    適度なタイムプレッシャーは、頭の回転を促してくれる。
  17. 険しい表情をしていては、いい発想はできない。<br>にこにこ明るい表情をしているから、発想力が高まる。
    険しい表情をしていては、いい発想はできない。
    にこにこ明るい表情をしているから、発想力が高まる。
  18. 連想ゲームは、発想力を鍛えるトレーニング。
    連想ゲームは、発想力を鍛えるトレーニング。
  19. 「なぜ」は、発想力を鍛える魔法の言葉。
    「なぜ」は、発想力を鍛える魔法の言葉。
  20. 発想力があるから、創作活動をするのではない。<br>創作活動をするから、発想力が鍛えられる。
    発想力があるから、創作活動をするのではない。
    創作活動をするから、発想力が鍛えられる。
  21. 類義語辞典は、発想力を鍛える教科書。
    類義語辞典は、発想力を鍛える教科書。
  22. 複数の仕事に携わることで、アイデア発想が加速する。
    複数の仕事に携わることで、アイデア発想が加速する。
  23. 短所や欠点に注目すると、アイデアが出にくくなる。<br>長所や美点に注目すると、アイデアが出やすくなる。
    短所や欠点に注目すると、アイデアが出にくくなる。
    長所や美点に注目すると、アイデアが出やすくなる。
  24. 想像力と発想力の違いとは。
    想像力と発想力の違いとは。
  25. 社会貢献のイメージが、アイデア発想を加速させる。
    社会貢献のイメージが、アイデア発想を加速させる。
  26. アイデア発想が脱線したとき、どうするか。
    アイデア発想が脱線したとき、どうするか。
  27. 諦めやすい人は、発想力を鍛えられない。<br>粘り強い人が、発想力を鍛えられる。
    諦めやすい人は、発想力を鍛えられない。
    粘り強い人が、発想力を鍛えられる。
  28. お酒とコーヒーは、アイデア発想をスムーズにする飲み物。
    お酒とコーヒーは、アイデア発想をスムーズにする飲み物。
  29. 発想力に自信があれば、堂々と履歴書に書いていい。
    発想力に自信があれば、堂々と履歴書に書いていい。
  30. 一番大切なのは、実際に取り組み、継続すること。
    一番大切なのは、実際に取り組み、継続すること。

同じカテゴリーの作品