発想力を鍛える
30の方法

22
1

複数の仕事に携わることで、
アイデア発想が加速する。

複数の仕事に携わることで、アイデア発想が加速する。 | 発想力を鍛える30の方法

効率よくアイデアを出す方法の1つ。

それは「複数の仕事に携わる」という方法です。

複数の仕事に携わると、注意力・集中力がそがれて、かえってアイデアが出にくくなると思うかもしれません。

もちろん無理をしてまで複数の仕事に携わる必要はありません。

時間や体力に余裕のないときもあるでしょう。

繁忙期や月末処理など、忙しい時期もあるはずです。

すでにいっぱいの状態なら、わざわざ仕事を増やす必要はないでしょう。

余裕がなければ、無理をせず、目の前の仕事に集中するのが得策です。

しかし、余裕があるなら、ぜひ複数の仕事に関わってみてください。

なぜ複数の仕事がアイデア発想に役立つのか。

複数の仕事に携わることで、複数の刺激と視点が生まれるからです。

ずっと同じ種類の仕事をしていると、変化の幅や刺激の範囲が限られます。

同じテーマのことばかり考えていると、変化が単調になったり、刺激の種類が類似したりします。

だんだん視野が狭くなったり、頭が固くなったりする。

広い世界で考えるつもりが、いつの間にか狭い世界にとらわれていることも少なくありません。

そういうときこそ、複数の仕事に携わることが役立ちます。

複数の仕事に携わることで、刺激の種類が増えて視野も広がり、インスピレーションが働きやすくなります。

まったく関係ないネタが、思わぬ形でアイデアにつながることは少なくありません。

頭の中が「刺激と変化のるつぼ」と化して、さまざまな組み合わせが発生しやすい状態になります。

知らず知らずのうちに、既存要素の新しい組み合わせが起こり、新しいアイデア発想につながるのです。

複数の仕事に関わることは、アイデア発想に恩恵をもたらすでしょう。

発明王エジソンは、常に複数のプロジェクトを同時進行させていました。

エジソンは、1つのプロジェクトで議論を交わした後、別のプロジェクトに参加して議論を交わしていました。

エジソンは生涯で1000件を超える特許を取得しましたが、複数の仕事に携わることでアイデア発想が加速したのです。

もしエジソンが、1つの発明だけに集中する方法だったなら、数多くの発明は達成できなかったでしょう。

余裕がないと難しい取り組みですが、無理のない範囲で、できるだけ取り組んでみてください。

頭の中が混乱しそうですが、完全な同時進行ではないため、実際にやってみると、意外とできてしまうものです。

「自分にはできない」と思うかもしれませんが、実際にやってみる価値はあるでしょう。

複数の仕事に携わることで、アイデア発想が加速するのです。

発想力を鍛える方法(22)
  • 複数のプロジェクトに平行して携わる。
短所や欠点に注目すると、アイデアが出にくくなる。
長所や美点に注目すると、アイデアが出やすくなる。

発想力を鍛える30の方法
発想力を鍛える30の方法

  1. 発想力は、すべての社会人に必要なスキル。
    発想力は、すべての社会人に必要なスキル。
  2. 発想力とは何か。
    発想力とは何か。
  3. 大人になった今こそ、発想力を鍛える適齢期。
    大人になった今こそ、発想力を鍛える適齢期。
  4. 気力・体力・精神力には、限界がある。<br>思考力・想像力・発想力には、限界がない。
    気力・体力・精神力には、限界がある。
    思考力・想像力・発想力には、限界がない。
  5. 発想力を鍛えるのに、力を入れて頑張る必要はない。<br>力を抜いて、遊び心を爆発させる。
    発想力を鍛えるのに、力を入れて頑張る必要はない。
    力を抜いて、遊び心を爆発させる。
  6. 知識と経験を増やすことは、発想力を鍛えることにつながる。
    知識と経験を増やすことは、発想力を鍛えることにつながる。
  7. バスや電車は、発想力を鍛えるトレーニング場。
    バスや電車は、発想力を鍛えるトレーニング場。
  8. 通勤経路を変えると、発想力が刺激される。
    通勤経路を変えると、発想力が刺激される。
  9. 漫画や小説で、別シナリオや後日談を考えてみる。
    漫画や小説で、別シナリオや後日談を考えてみる。
  10. 忙しいからアイデアが出ないということはない。<br>暇だからアイデアが出るということもない。
    忙しいからアイデアが出ないということはない。
    暇だからアイデアが出るということもない。
  11. 仕事本番を練習代わりにしていい。<br>仕事上の課題は、発想力を鍛える絶好の題材。
    仕事本番を練習代わりにしていい。
    仕事上の課題は、発想力を鍛える絶好の題材。
  12. 普通に考えるだけでは、アイデアは出ない。<br>徹底的に考え抜いてこそ、アイデアが出る。
    普通に考えるだけでは、アイデアは出ない。
    徹底的に考え抜いてこそ、アイデアが出る。
  13. 集中して考えるのは大切。<br>リラックスして考えるのはもっと大切。
    集中して考えるのは大切。
    リラックスして考えるのはもっと大切。
  14. 持ち物にニックネームをつけて、発想力と愛着を手に入れよう。
    持ち物にニックネームをつけて、発想力と愛着を手に入れよう。
  15. あえて興味関心のないことに取り組んでみよう。
    あえて興味関心のないことに取り組んでみよう。
  16. 制限時間を設けると、アイデアが出やすくなる。<br>適度なタイムプレッシャーは、頭の回転を促してくれる。
    制限時間を設けると、アイデアが出やすくなる。
    適度なタイムプレッシャーは、頭の回転を促してくれる。
  17. 険しい表情をしていては、いい発想はできない。<br>にこにこ明るい表情をしているから、発想力が高まる。
    険しい表情をしていては、いい発想はできない。
    にこにこ明るい表情をしているから、発想力が高まる。
  18. 連想ゲームは、発想力を鍛えるトレーニング。
    連想ゲームは、発想力を鍛えるトレーニング。
  19. 「なぜ」は、発想力を鍛える魔法の言葉。
    「なぜ」は、発想力を鍛える魔法の言葉。
  20. 発想力があるから、創作活動をするのではない。<br>創作活動をするから、発想力が鍛えられる。
    発想力があるから、創作活動をするのではない。
    創作活動をするから、発想力が鍛えられる。
  21. 類義語辞典は、発想力を鍛える教科書。
    類義語辞典は、発想力を鍛える教科書。
  22. 複数の仕事に携わることで、アイデア発想が加速する。
    複数の仕事に携わることで、アイデア発想が加速する。
  23. 短所や欠点に注目すると、アイデアが出にくくなる。<br>長所や美点に注目すると、アイデアが出やすくなる。
    短所や欠点に注目すると、アイデアが出にくくなる。
    長所や美点に注目すると、アイデアが出やすくなる。
  24. 想像力と発想力の違いとは。
    想像力と発想力の違いとは。
  25. 社会貢献のイメージが、アイデア発想を加速させる。
    社会貢献のイメージが、アイデア発想を加速させる。
  26. アイデア発想が脱線したとき、どうするか。
    アイデア発想が脱線したとき、どうするか。
  27. 諦めやすい人は、発想力を鍛えられない。<br>粘り強い人が、発想力を鍛えられる。
    諦めやすい人は、発想力を鍛えられない。
    粘り強い人が、発想力を鍛えられる。
  28. お酒とコーヒーは、アイデア発想をスムーズにする飲み物。
    お酒とコーヒーは、アイデア発想をスムーズにする飲み物。
  29. 発想力に自信があれば、堂々と履歴書に書いていい。
    発想力に自信があれば、堂々と履歴書に書いていい。
  30. 一番大切なのは、実際に取り組み、継続すること。
    一番大切なのは、実際に取り組み、継続すること。

同じカテゴリーの作品

3:31
related

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION