アイデア発想

発想力を鍛える
30の方法

3
18

連想ゲームは、
発想力を鍛えるトレーニング。

連想ゲームは、発想力を鍛えるトレーニング。 | 発想力を鍛える30の方法

発想力を鍛えるのに有効な方法の1つが「連想ゲーム」です。

連想ゲームとは、ある事柄から、それと関連の別の事柄を思い浮かべ、どんどんつなげていく遊びです。

しりとりゲームをすることはあっても、意外と連想ゲームをすることは少ないのではないでしょうか。

 

しかし、連想ゲームは、頭を働かせるのに有効です。

しりとりゲームより高度に脳を使うことになるため、発想力を鍛えるトレーニングとして効果的な方法です。

道具は何も必要ありません。

自分の頭だけでゲームを楽しむことができます。

連想ゲームに難しいルールはありません。

最初に適当なキーワードを挙げて、どんどん関連する事柄をつなげていくだけです。

 

たとえば「山」というキーワードから連想ゲームを始めるとします。

「山→川→魚→お刺し身→タンパク質→筋力トレ→ダイエット→運動→ジョギング→汗…」

どんどん関連するものをつなげていくようにします。

自分が「関連している」と思うことなら何でもOKです。

「お金」というキーワードから連想ゲームを始めるとします。

「お金→財布→硬貨→紙幣→投資→銀行→ATM→監視カメラ→レンズ→虫メガネ…」

「スポーツ」というキーワードなら、次のような連想になるでしょう。

「スポーツ→運動場→太陽→紫外線→日焼け→しみ→日焼け止めクリーム→におい→鼻→嗅覚…」

少しでも関連していればOKです。

連想ゲームを進めていくにつれて、どんどん違った方向に進んでいくのが面白い。

 

類義語辞典を使ってもいい

 

連想ゲームに行き詰まったら、類義語辞典を使ってもかまいません。

カンニングのように思えますが、そもそも連想ゲームは試験ではありません。

類義語辞典を使えば「こんなキーワードがあったのか」と、新しい発見が得られるでしょう。

発想力だけでなく、語彙力を鍛えることにもつながるので、一石二鳥です。

 

 

連想パターンは「多様性」を意識する

 

連想ゲームに慣れてきたら、できるだけ連想パターンを固定化しないよう、多様性を意識してみてください。

 

たとえば、お金から「財布」をイメージしたら、次回は、お金から「銅」「銀行」「お金持ち」など別のイメージで考えてみます。

同じ連想パターンもいいですが、できるだけパターンを変えていくほうが、発想力を鍛えるトレーニングになります。

連想ゲームを堅苦しく考えないでください。

「関連している」という感覚も、常識や固定観念にとらわれがちです。

自分が「関連している」と感じるなら、何でも連想を膨らませていいのです。

風船を膨らませるようなイメージで連想ゲームに取り組めば、楽しい時間を過ごせるでしょう。

連想ゲームを無制限に続けられるようになれば、発想力が鍛えられた証拠です。

発想力を鍛える方法(18)
  • 連想ゲームで発想力を鍛える。
「なぜ」は、発想力を鍛える魔法の言葉。

もくじ
発想力を鍛える30の方法
連想ゲームは、発想力を鍛えるトレーニング。 | 発想力を鍛える30の方法

  1. 発想力は、すべての社会人に必要なスキル。
    発想力は、すべての社会人に必要なスキル。
  2. 発想力とは何か。
    発想力とは何か。
  3. 大人になった今こそ、発想力を鍛える適齢期。
    大人になった今こそ、発想力を鍛える適齢期。
  4. 気力・体力・精神力には、限界がある。<br>思考力・想像力・発想力には、限界がない。
    気力・体力・精神力には、限界がある。
    思考力・想像力・発想力には、限界がない。
  5. 発想力を鍛えるのに、力を入れて頑張る必要はない。<br>力を抜いて、遊び心を爆発させる。
    発想力を鍛えるのに、力を入れて頑張る必要はない。
    力を抜いて、遊び心を爆発させる。
  6. 知識と経験を増やすことは、発想力を鍛えることにつながる。
    知識と経験を増やすことは、発想力を鍛えることにつながる。
  7. バスや電車は、発想力を鍛えるトレーニング場。
    バスや電車は、発想力を鍛えるトレーニング場。
  8. 通勤経路を変えると、発想力が刺激される。
    通勤経路を変えると、発想力が刺激される。
  9. 漫画や小説で、別シナリオや後日談を考えてみる。
    漫画や小説で、別シナリオや後日談を考えてみる。
  10. 忙しいからアイデアが出ないということはない。<br>暇だからアイデアが出るということもない。
    忙しいからアイデアが出ないということはない。
    暇だからアイデアが出るということもない。
  11. 仕事本番を練習代わりにしていい。<br>仕事上の課題は、発想力を鍛える絶好の題材。
    仕事本番を練習代わりにしていい。
    仕事上の課題は、発想力を鍛える絶好の題材。
  12. 普通に考えるだけでは、アイデアは出ない。<br>徹底的に考え抜いてこそ、アイデアが出る。
    普通に考えるだけでは、アイデアは出ない。
    徹底的に考え抜いてこそ、アイデアが出る。
  13. 集中して考えるのは大切。<br>リラックスして考えるのはもっと大切。
    集中して考えるのは大切。
    リラックスして考えるのはもっと大切。
  14. 持ち物にニックネームをつけて、発想力と愛着を手に入れよう。
    持ち物にニックネームをつけて、発想力と愛着を手に入れよう。
  15. あえて興味関心のないことに取り組んでみよう。
    あえて興味関心のないことに取り組んでみよう。
  16. 制限時間を設けると、アイデアが出やすくなる。<br>適度なタイムプレッシャーは、頭の回転を促してくれる。
    制限時間を設けると、アイデアが出やすくなる。
    適度なタイムプレッシャーは、頭の回転を促してくれる。
  17. 険しい表情をしていては、いい発想はできない。<br>にこにこ明るい表情をしているから、発想力が高まる。
    険しい表情をしていては、いい発想はできない。
    にこにこ明るい表情をしているから、発想力が高まる。
  18. 連想ゲームは、発想力を鍛えるトレーニング。
    連想ゲームは、発想力を鍛えるトレーニング。
  19. 「なぜ」は、発想力を鍛える魔法の言葉。
    「なぜ」は、発想力を鍛える魔法の言葉。
  20. 発想力があるから、創作活動をするのではない。<br>創作活動をするから、発想力が鍛えられる。
    発想力があるから、創作活動をするのではない。
    創作活動をするから、発想力が鍛えられる。
  21. 類義語辞典は、発想力を鍛える教科書。
    類義語辞典は、発想力を鍛える教科書。
  22. 複数の仕事に携わることで、アイデア発想が加速する。
    複数の仕事に携わることで、アイデア発想が加速する。
  23. 短所や欠点に注目すると、アイデアが出にくくなる。<br>長所や美点に注目すると、アイデアが出やすくなる。
    短所や欠点に注目すると、アイデアが出にくくなる。
    長所や美点に注目すると、アイデアが出やすくなる。
  24. 想像力と発想力の違いとは。
    想像力と発想力の違いとは。
  25. 社会貢献のイメージが、アイデア発想を加速させる。
    社会貢献のイメージが、アイデア発想を加速させる。
  26. アイデア発想が脱線したとき、どうするか。
    アイデア発想が脱線したとき、どうするか。
  27. 諦めやすい人は、発想力を鍛えられない。<br>粘り強い人が、発想力を鍛えられる。
    諦めやすい人は、発想力を鍛えられない。
    粘り強い人が、発想力を鍛えられる。
  28. お酒とコーヒーは、アイデア発想をスムーズにする飲み物。
    お酒とコーヒーは、アイデア発想をスムーズにする飲み物。
  29. 発想力に自信があれば、堂々と履歴書に書いていい。
    発想力に自信があれば、堂々と履歴書に書いていい。
  30. 一番大切なのは、実際に取り組み、継続すること。
    一番大切なのは、実際に取り組み、継続すること。

同じカテゴリーの作品