執筆者:水口貴博

発想力を鍛える
30の方法

11
2

仕事本番を練習代わりにしていい。
仕事上の課題は、
発想力を鍛える絶好の題材。

仕事本番を練習代わりにしていい。仕事上の課題は、発想力を鍛える絶好の題材。 | 発想力を鍛える30の方法

物事には「練習」と「本番」の2つがあります。

最初に本番という目的があって、そのために練習を行うのが一般的です。

勉強やスポーツでは、本番を練習代わりにするのは言語道断です。

単位を落としたり、けがを招いたりするでしょう。

落第や入院など、重大なトラブルにつながる可能性もゼロではありません。

しかし、発想の場合は違います。

発想には、リスクがありません。

プラスはあっても、マイナスがない。

ミスや失敗があっても致命傷にはなりません。

そのため、発想を鍛えるなら、本番を練習代わりにすることが可能です。

発想の本番とは何か。

それは、あなたが今している仕事です。

仕事をしていると、何らかの課題が発生するでしょう。

たとえば、仕事上のトラブルです。

「ミスをしてしまった」

「職場の人間関係に悩んでいる」

「取引先との関係がうまくいかない」

何らかのトラブルが発生したとき、その対応のために発想力を働かせることがあるはずです。

また、改善したいこともあるはずです。

「時間を増やしたい」

「仕事のスピードを上げたい」

「効率を上げたい」

少しでも仕事をスムーズにするために、何かいい方法を模索することがあるはずです。

そのほか、新企画のアイデアを出さなければいけないときもあるでしょう。

同僚から仕事を頼まれ、知恵を振り縛らなければいけないときもあるでしょう。

スキルアップやキャリアアップのために、わざと自分に課題を与えることもあるはずです。

仕事では毎日、何らかの課題に追われている人も多いのではないでしょうか。

それらすべて、発想力を鍛える題材になります。

発想力は「仕事」という本番を通して練習しても問題ありません。

仕事上で発生する課題を題材にして、発想力を鍛えていきましょう。

オンザジョブトレーニングです。

仕事の課題を題材にすると、現実味が帯びるため、アイデアを出すモチベーションも上がるでしょう。

発想力は、頭を働かせることに意義があります。

アイデアが出ても出なくても、発想に向けて取り組んだ時点で効果的です。

もし発想の壁に直面したら、同僚や上司など、身近な人に相談を持ちかけてみるといいでしょう。

自分で考えず人の知恵を借りるのはNGですが、十分考えたうえで人の知恵を借りるのはOKです。

複数人で協力して知恵を出し合えば、何か1つはいいアイデアが出るもの。

人の知恵を借りると「そういうアイデアがあったか!」と驚かされることがあるでしょう。

発想力が鍛えられるだけでなく、仕事にも役立つので、一石二鳥です。

仕事上の課題は、発想力を鍛える絶好の題材なのです。

発想力を鍛える方法(11)
  • 仕事上の課題を、発想力を鍛える題材にする。
普通に考えるだけでは、アイデアは出ない。
徹底的に考え抜いてこそ、アイデアが出る。

発想力を鍛える30の方法
発想力を鍛える30の方法

  1. 発想力は、すべての社会人に必要なスキル。
    発想力は、すべての社会人に必要なスキル。
  2. 発想力とは何か。
    発想力とは何か。
  3. 大人になった今こそ、発想力を鍛える適齢期。
    大人になった今こそ、発想力を鍛える適齢期。
  4. 気力・体力・精神力には、限界がある。<br>思考力・想像力・発想力には、限界がない。
    気力・体力・精神力には、限界がある。
    思考力・想像力・発想力には、限界がない。
  5. 発想力を鍛えるのに、力を入れて頑張る必要はない。<br>力を抜いて、遊び心を爆発させる。
    発想力を鍛えるのに、力を入れて頑張る必要はない。
    力を抜いて、遊び心を爆発させる。
  6. 知識と経験を増やすことは、発想力を鍛えることにつながる。
    知識と経験を増やすことは、発想力を鍛えることにつながる。
  7. バスや電車は、発想力を鍛えるトレーニング場。
    バスや電車は、発想力を鍛えるトレーニング場。
  8. 通勤経路を変えると、発想力が刺激される。
    通勤経路を変えると、発想力が刺激される。
  9. 漫画や小説で、別シナリオや後日談を考えてみる。
    漫画や小説で、別シナリオや後日談を考えてみる。
  10. 忙しいからアイデアが出ないということはない。<br>暇だからアイデアが出るということもない。
    忙しいからアイデアが出ないということはない。
    暇だからアイデアが出るということもない。
  11. 仕事本番を練習代わりにしていい。<br>仕事上の課題は、発想力を鍛える絶好の題材。
    仕事本番を練習代わりにしていい。
    仕事上の課題は、発想力を鍛える絶好の題材。
  12. 普通に考えるだけでは、アイデアは出ない。<br>徹底的に考え抜いてこそ、アイデアが出る。
    普通に考えるだけでは、アイデアは出ない。
    徹底的に考え抜いてこそ、アイデアが出る。
  13. 集中して考えるのは大切。<br>リラックスして考えるのはもっと大切。
    集中して考えるのは大切。
    リラックスして考えるのはもっと大切。
  14. 持ち物にニックネームをつけて、発想力と愛着を手に入れよう。
    持ち物にニックネームをつけて、発想力と愛着を手に入れよう。
  15. あえて興味関心のないことに取り組んでみよう。
    あえて興味関心のないことに取り組んでみよう。
  16. 制限時間を設けると、アイデアが出やすくなる。<br>適度なタイムプレッシャーは、頭の回転を促してくれる。
    制限時間を設けると、アイデアが出やすくなる。
    適度なタイムプレッシャーは、頭の回転を促してくれる。
  17. 険しい表情をしていては、いい発想はできない。<br>にこにこ明るい表情をしているから、発想力が高まる。
    険しい表情をしていては、いい発想はできない。
    にこにこ明るい表情をしているから、発想力が高まる。
  18. 連想ゲームは、発想力を鍛えるトレーニング。
    連想ゲームは、発想力を鍛えるトレーニング。
  19. 「なぜ」は、発想力を鍛える魔法の言葉。
    「なぜ」は、発想力を鍛える魔法の言葉。
  20. 発想力があるから、創作活動をするのではない。<br>創作活動をするから、発想力が鍛えられる。
    発想力があるから、創作活動をするのではない。
    創作活動をするから、発想力が鍛えられる。
  21. 類義語辞典は、発想力を鍛える教科書。
    類義語辞典は、発想力を鍛える教科書。
  22. 複数の仕事に携わることで、アイデア発想が加速する。
    複数の仕事に携わることで、アイデア発想が加速する。
  23. 短所や欠点に注目すると、アイデアが出にくくなる。<br>長所や美点に注目すると、アイデアが出やすくなる。
    短所や欠点に注目すると、アイデアが出にくくなる。
    長所や美点に注目すると、アイデアが出やすくなる。
  24. 想像力と発想力の違いとは。
    想像力と発想力の違いとは。
  25. 社会貢献のイメージが、アイデア発想を加速させる。
    社会貢献のイメージが、アイデア発想を加速させる。
  26. アイデア発想が脱線したとき、どうするか。
    アイデア発想が脱線したとき、どうするか。
  27. 諦めやすい人は、発想力を鍛えられない。<br>粘り強い人が、発想力を鍛えられる。
    諦めやすい人は、発想力を鍛えられない。
    粘り強い人が、発想力を鍛えられる。
  28. お酒とコーヒーは、アイデア発想をスムーズにする飲み物。
    お酒とコーヒーは、アイデア発想をスムーズにする飲み物。
  29. 発想力に自信があれば、堂々と履歴書に書いていい。
    発想力に自信があれば、堂々と履歴書に書いていい。
  30. 一番大切なのは、実際に取り組み、継続すること。
    一番大切なのは、実際に取り組み、継続すること。

同じカテゴリーの作品

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION