アイデア発想

アイデアを出す
30の方法

0
25

アイデア発想は、
苦しむものではなく、
楽しむもの。

アイデア発想は、苦しむものではなく、楽しむもの。 | アイデアを出す30の方法

アイデアを出すのは、苦しい作業です。

簡単にアイデアが出るなら、誰も苦労しません。

「アイデアを出す」と言うのは簡単でも、実際は難しい。

時間がかかり、労力も必要です。

施行に集中しても、なかなかうまくいかないことも少なくありません。

アイデアは、頭の中で生まれるものですが、1つのアイデアには多大なストレスが伴います。

 

しかし、苦しんでばかりでは、出るアイデアもでなくなります。

アイデア発想を嫌がっていると、頭の回転も悪くなり、なかなかアイデアも思い浮かびません。

「苦しい、苦しい」と思っていると、ますますストレスが増え、思考を硬直させてしまいます。

ここで大切な姿勢があります。

「アイデア発想は、苦しむものではなく、楽しむもの」と考えてください。

アイデア発想は、感情や感性が重要です。

感情や感性を盛り上げていくためには、楽しむことが重要です。

アイデア発想を楽しむようにすると、心に火がつき、テンションが上がります。

好奇心や遊び心が強くなり、ポジティブなパワーが湧き出てきます。

脳が活性化され、頭の回転がよくなり、アイデアが浮かびやすくなるのです。

「アイデアを考えるのは楽しくて面白い!」

「素晴らしいアイデアを出して、周りを驚かせたい!」

自分で自分に明るい言葉を語りかけ、テンションを上げていきましょう。

「楽しまなければ損!」という気持ちで考えましょう。

明るい気持ちになったほうが、脳が元気に活動します。

なかなか楽しい気持ちになれないなら、自分のアイデアが仕事で役立っているところをイメージするといいでしょう。

「いいアイデアだね! ありがとう! おかげでうまくいきそうだよ!」

褒められている様子をイメージすると、アイデアを考える作業も楽しくなるでしょう。

自分のアイデアが役立っていることほど嬉しいことはありません。

自分のアイデアが社会貢献できている実感が湧けば、ポジティブな気持ちになりやすくなります。

思考力・想像力・発想力には限界がありません。

あなたの頭は、素晴らしいアイデアを生み出す製造機です。

視点を変えることも、逆に考えることも、新しく組み合わせることも、すべて「エンターテイメント」として楽しみましょう。

なかなかアイデアが出ないときはストレスを感じますが、簡単に諦めないでください。

ストレスすら「快感」と思えるようになれば、アイデアが出るのは時間の問題です。

アイデア発想を楽しめば、心も視野も広がって、潜在的な能力が発揮できるようになります。

アイデア発想は、苦しむものではなく、楽しむものなのです。

アイデアを出す方法(25)
  • アイデア発想を楽しむ。
最初の形にこだわると、アイデアの発展を妨げる。

もくじ
アイデアを出す30の方法
アイデア発想は、苦しむものではなく、楽しむもの。 | アイデアを出す30の方法

  1. 「なんとなく」でアイデアは出ない。<br>アイデアを出すには、方法論がある。
    「なんとなく」でアイデアは出ない。
    アイデアを出すには、方法論がある。
  2. アイデアに、センスや才能は必要ない。<br>必要なのは、方法と努力。
    アイデアに、センスや才能は必要ない。
    必要なのは、方法と努力。
  3. アイデアとは何か。
    アイデアとは何か。
  4. アイデアとは、既存要素の新しい組み合わせにすぎない。
    アイデアとは、既存要素の新しい組み合わせにすぎない。
  5. アイデアを出す第1段階は、資料集め。
    アイデアを出す第1段階は、資料集め。
  6. アイデア発想には、基本の5段階がある。
    アイデア発想には、基本の5段階がある。
  7. アイデアを出すなら「質」より「量」を意識しよう。
    アイデアを出すなら「質」より「量」を意識しよう。
  8. 常識で考えているかぎり、平凡なアイデアは生まれても、斬新なアイデアは生まれない。
    常識で考えているかぎり、平凡なアイデアは生まれても、斬新なアイデアは生まれない。
  9. アイデアには、好奇心と遊び心が必要。<br>ばかになって考えよう。
    アイデアには、好奇心と遊び心が必要。
    ばかになって考えよう。
  10. 「変わり者」と言われることを恐れるな。
    「変わり者」と言われることを恐れるな。
  11. 逆に考えるのを習慣にすれば、斬新なアイデアが出やすくなる。
    逆に考えるのを習慣にすれば、斬新なアイデアが出やすくなる。
  12. アイデアに必要なのは、記憶力より記録力。<br>常に書き留める準備をしておき、最速で書き留めよう。
    アイデアに必要なのは、記憶力より記録力。
    常に書き留める準備をしておき、最速で書き留めよう。
  13. 最初から根拠を考えない。<br>根拠は後から考えよう。
    最初から根拠を考えない。
    根拠は後から考えよう。
  14. インターネットに依存した情報収集には要注意。
    インターネットに依存した情報収集には要注意。
  15. 部屋にこもってばかりでは、よいアイデアは出ない。<br>本当のヒントは、外にある。
    部屋にこもってばかりでは、よいアイデアは出ない。
    本当のヒントは、外にある。
  16. 明確な目標を決めておこう。<br>カラーバス効果によって、アイデアのヒントが見つかりやすくなる。
    明確な目標を決めておこう。
    カラーバス効果によって、アイデアのヒントが見つかりやすくなる。
  17. 何でもヒントにする。<br>何でもヒントになる。
    何でもヒントにする。
    何でもヒントになる。
  18. ひたすら新しい組み合わせを試し続けるだけでいい。
    ひたすら新しい組み合わせを試し続けるだけでいい。
  19. 制約は、アイデア発想の起爆剤。
    制約は、アイデア発想の起爆剤。
  20. アイデアを探すなら、熟読の必要はない。<br>見出しやまとめを読むだけで十分。
    アイデアを探すなら、熟読の必要はない。
    見出しやまとめを読むだけで十分。
  21. アイデア発想では、アナログとデジタルのどちらが有利か。
    アイデア発想では、アナログとデジタルのどちらが有利か。
  22. 気分転換やリフレッシュによって、アイデアが促される。
    気分転換やリフレッシュによって、アイデアが促される。
  23. 小さなひらめきを軽視しない。
    小さなひらめきを軽視しない。
  24. 1つのアイデアには、100万円の価値がある。
    1つのアイデアには、100万円の価値がある。
  25. アイデア発想は、苦しむものではなく、楽しむもの。
    アイデア発想は、苦しむものではなく、楽しむもの。
  26. 最初の形にこだわると、アイデアの発展を妨げる。
    最初の形にこだわると、アイデアの発展を妨げる。
  27. 自分の頭だけで考えていると、狭い世界にとらわれる。
    自分の頭だけで考えていると、狭い世界にとらわれる。
  28. アイデアパーソンになったつもりで考えよう。
    アイデアパーソンになったつもりで考えよう。
  29. アイデアがひらめきやすい環境「4B」とは。
    アイデアがひらめきやすい環境「4B」とは。
  30. アイデアは、実行してこそ意味がある。
    アイデアは、実行してこそ意味がある。

同じカテゴリーの作品