アイデア発想

発想力を鍛える
30の方法

2
6

知識と経験を増やすことは、
発想力を鍛えることにつながる。

知識と経験を増やすことは、発想力を鍛えることにつながる。 | 発想力を鍛える30の方法

発想力を鍛える最も基本的な方法の1つ。

それは「知識と経験を増やすこと」です。

発想する力を鍛える前提として、まず知識や経験が必要です。

知識や経験のないことは、発想しようにも発想できません。

鉛筆を知らない人が、鉛筆のアイデアを発想することはできません。

一人旅を経験したことがない人が、一人旅のアイデアを発想するのも難しいでしょう。

知識や経験は、発想力の土台です。

知識や経験があるからこそ、それを手がかりに発想することができるようになります。

もちろん知識や経験さえあれば十分というわけではありませんが、少なくとも最低限の知識や経験は必要です。

そのため、発想力を鍛えるなら、まず知識と経験を増やしていく努力が大切です。

すべての知識や経験を身につけるのは不可能ですが、発想したい分野の知識は役立ちます。

たくさん知識を吸収しましょう。

書籍・雑誌・新聞を読んで、知識を吸収します。

知識なら何でもいいですが、できるだけ質の高い知識のほうが有用です。

できるだけ信頼できる媒体を選ぶと、質の高い知識に触れやすくなります。

いろいろな人から話を聞くことで、吸収できる知識もあるでしょう。

「すべての人は先生」と思って接すると、真剣に話を聞きやすくなります。

「知識は栄養」と思って、貪欲どんよくに吸収していく姿勢が大切です。

「興味関心がない」と一蹴するのではなく「興味関心がないから勉強してみる」という姿勢が大切です。

興味関心を持つと、楽しく勉強できる上、吸収力も高まります。

知識が増えるにつれて、視野や見識が広くなり、豊かな発想力につながります。

もう1つ大切な要素は、経験です。

同じ知識でも、経験が伴った知識は違います。

実際に経験をすることで、座学ではわからないことを理解できます。

経験には、プラスしかありません。

成功・失敗にかかわらず、どんな経験でも役立ちます。

「経験がないからやめておく」ではなく「経験がないからやってみる」という積極的な姿勢で取り組んでみましょう。

五感を通した経験は、一生涯の財産です。

経験が増えるにつれて、世界観や人生観が広がっていくことを実感できるでしょう。

 

 

知識や経験の偏りに注意する

 

知識や経験を増やすとき、できるだけ偏らないように注意してください。

同じような知識や経験ばかりでは、発想も偏ってしまいます。

吸収している情報が偏ると、偏見や固定観念といった先入観にとらわれやすくなり、限定した発想しかできなくなります。

知識・経験のバランスは、発想力のバランスにつながります。

完全に偏りをなくすことはできなくても、減らすことならできるはずです。

できるだけえり好みせず、多種多様な知識や経験を吸収してこそ、発想力が鍛えられていきます。

発想力を鍛える方法(6)
  • さまざまな知識や経験を増やしていく。
  • 知識や経験を増やすとき、できるだけ偏らないように注意する。
バスや電車は、発想力を鍛えるトレーニング場。

もくじ
発想力を鍛える30の方法
知識と経験を増やすことは、発想力を鍛えることにつながる。 | 発想力を鍛える30の方法

  1. 発想力は、すべての社会人に必要なスキル。
    発想力は、すべての社会人に必要なスキル。
  2. 発想力とは何か。
    発想力とは何か。
  3. 大人になった今こそ、発想力を鍛える適齢期。
    大人になった今こそ、発想力を鍛える適齢期。
  4. 気力・体力・精神力には、限界がある。<br>思考力・想像力・発想力には、限界がない。
    気力・体力・精神力には、限界がある。
    思考力・想像力・発想力には、限界がない。
  5. 発想力を鍛えるのに、力を入れて頑張る必要はない。<br>力を抜いて、遊び心を爆発させる。
    発想力を鍛えるのに、力を入れて頑張る必要はない。
    力を抜いて、遊び心を爆発させる。
  6. 知識と経験を増やすことは、発想力を鍛えることにつながる。
    知識と経験を増やすことは、発想力を鍛えることにつながる。
  7. バスや電車は、発想力を鍛えるトレーニング場。
    バスや電車は、発想力を鍛えるトレーニング場。
  8. 通勤経路を変えると、発想力が刺激される。
    通勤経路を変えると、発想力が刺激される。
  9. 漫画や小説で、別シナリオや後日談を考えてみる。
    漫画や小説で、別シナリオや後日談を考えてみる。
  10. 忙しいからアイデアが出ないということはない。<br>暇だからアイデアが出るということもない。
    忙しいからアイデアが出ないということはない。
    暇だからアイデアが出るということもない。
  11. 仕事本番を練習代わりにしていい。<br>仕事上の課題は、発想力を鍛える絶好の題材。
    仕事本番を練習代わりにしていい。
    仕事上の課題は、発想力を鍛える絶好の題材。
  12. 普通に考えるだけでは、アイデアは出ない。<br>徹底的に考え抜いてこそ、アイデアが出る。
    普通に考えるだけでは、アイデアは出ない。
    徹底的に考え抜いてこそ、アイデアが出る。
  13. 集中して考えるのは大切。<br>リラックスして考えるのはもっと大切。
    集中して考えるのは大切。
    リラックスして考えるのはもっと大切。
  14. 持ち物にニックネームをつけて、発想力と愛着を手に入れよう。
    持ち物にニックネームをつけて、発想力と愛着を手に入れよう。
  15. あえて興味関心のないことに取り組んでみよう。
    あえて興味関心のないことに取り組んでみよう。
  16. 制限時間を設けると、アイデアが出やすくなる。<br>適度なタイムプレッシャーは、頭の回転を促してくれる。
    制限時間を設けると、アイデアが出やすくなる。
    適度なタイムプレッシャーは、頭の回転を促してくれる。
  17. 険しい表情をしていては、いい発想はできない。<br>にこにこ明るい表情をしているから、発想力が高まる。
    険しい表情をしていては、いい発想はできない。
    にこにこ明るい表情をしているから、発想力が高まる。
  18. 連想ゲームは、発想力を鍛えるトレーニング。
    連想ゲームは、発想力を鍛えるトレーニング。
  19. 「なぜ」は、発想力を鍛える魔法の言葉。
    「なぜ」は、発想力を鍛える魔法の言葉。
  20. 発想力があるから、創作活動をするのではない。<br>創作活動をするから、発想力が鍛えられる。
    発想力があるから、創作活動をするのではない。
    創作活動をするから、発想力が鍛えられる。
  21. 類義語辞典は、発想力を鍛える教科書。
    類義語辞典は、発想力を鍛える教科書。
  22. 複数の仕事に携わることで、アイデア発想が加速する。
    複数の仕事に携わることで、アイデア発想が加速する。
  23. 短所や欠点に注目すると、アイデアが出にくくなる。<br>長所や美点に注目すると、アイデアが出やすくなる。
    短所や欠点に注目すると、アイデアが出にくくなる。
    長所や美点に注目すると、アイデアが出やすくなる。
  24. 想像力と発想力の違いとは。
    想像力と発想力の違いとは。
  25. 社会貢献のイメージが、アイデア発想を加速させる。
    社会貢献のイメージが、アイデア発想を加速させる。
  26. アイデア発想が脱線したとき、どうするか。
    アイデア発想が脱線したとき、どうするか。
  27. 諦めやすい人は、発想力を鍛えられない。<br>粘り強い人が、発想力を鍛えられる。
    諦めやすい人は、発想力を鍛えられない。
    粘り強い人が、発想力を鍛えられる。
  28. お酒とコーヒーは、アイデア発想をスムーズにする飲み物。
    お酒とコーヒーは、アイデア発想をスムーズにする飲み物。
  29. 発想力に自信があれば、堂々と履歴書に書いていい。
    発想力に自信があれば、堂々と履歴書に書いていい。
  30. 一番大切なのは、実際に取り組み、継続すること。
    一番大切なのは、実際に取り組み、継続すること。

同じカテゴリーの作品