アイデア発想

アイデアを出す
30の方法

2
11

逆に考えるのを習慣にすれば、
斬新なアイデアが出やすくなる。

逆に考えるのを習慣にすれば、斬新なアイデアが出やすくなる。 | アイデアを出す30の方法

アイデアを考える基本の1つ。

それは、逆に考えることです。

アイデアを考えるときは、まず逆に考える発想を身につけてください。

ひねくれた考え方に思えますが誤解です。

逆に考えることは、アイデアを考える上で重要な視点の1つです。

もちろん逆に考えたからといって、必ず素晴らしいアイデアが出るとは限りません。

逆に考えても、特別な発想が出なくて、無駄な努力で終わることも少なくありません。

 

しかし、それでもやはり逆に考えることは、アイデアを考える上で重要な視点です。

アイデアを出すには、視点を変える必要があります。

逆に考えることで視点も変わり、違った景色が見えるようになります。

「今まで見えなかった何か」に気づき、思わぬ発想やアイデアにつながる可能性が出てくるのです。

 

たとえば「どうすれば仕事時間を増やせるか」と考える場面があるとします。

普通に考えるなら「仕事の効率を高める」「隙間時間を見つける」「睡眠を削る」などですが、こういうときこそ逆の発想です。

「そもそも仕事を減らせばいい」と考えます。

仕事を減らしてしまえば、時間を捻出する必要がなくなり、あっさり問題解決ができるでしょう。

仕事の必要性を見直す機会にもなり、ストレス解消にも役立つはずです。

「どうすればコンプレックスを改善できるか」と考えるときも、逆の発想です。

普通に考えるなら「隠す」「ごまかす」「頑張ってトレーニングする」などですが、逆に考えてみましょう。

「コンプレックスは、改善するより生かそう」と考えるのです。

生かせば、コンプレックスはもはやコンプレックスではなくなります。

この考え方は、すべてに応用できます。

「実家に帰るのが面倒くさい」と思ったなら「親がこちらに来てくれればいい」と考えてみます。

「どうすれば高性能のブレーキを作れるか」というテーマは「ブレーキを必要としないシステムを作ればいい」と考えてみます。

「壊れないシステムにするにはどうすればいいか」というテーマは「壊れてもいいようなシステムを作ればいい」と考えてみます。

逆に考えると、意外な突破口が見え、問題がスムーズに解決できる可能性があります。

実現できるかどうかは別として、アイデアのヒントはつかみやすくなるでしょう。

逆に考えるのが難しいなら、斜め45度など、別の角度から考えてみるのも面白い。

豊かな発想をすることで、問題を解決していきます。

たとえ実現できなくても、発想力のトレーニングにはなるので、無駄にはなりません。

アイデアの発想は、逆に考えることから始めたい。

逆に考えるのを習慣にすれば、斬新なアイデアが出やすくなります。

アイデアを出す方法(11)
  • まず逆に考えてみる。
アイデアに必要なのは、記憶力より記録力。
常に書き留める準備をしておき、最速で書き留めよう。

もくじ
アイデアを出す30の方法
逆に考えるのを習慣にすれば、斬新なアイデアが出やすくなる。 | アイデアを出す30の方法

  1. 「なんとなく」でアイデアは出ない。<br>アイデアを出すには、方法論がある。
    「なんとなく」でアイデアは出ない。
    アイデアを出すには、方法論がある。
  2. アイデアに、センスや才能は必要ない。<br>必要なのは、方法と努力。
    アイデアに、センスや才能は必要ない。
    必要なのは、方法と努力。
  3. アイデアとは何か。
    アイデアとは何か。
  4. アイデアとは、既存要素の新しい組み合わせにすぎない。
    アイデアとは、既存要素の新しい組み合わせにすぎない。
  5. アイデアを出す第1段階は、資料集め。
    アイデアを出す第1段階は、資料集め。
  6. アイデア発想には、基本の5段階がある。
    アイデア発想には、基本の5段階がある。
  7. アイデアを出すなら「質」より「量」を意識しよう。
    アイデアを出すなら「質」より「量」を意識しよう。
  8. 常識で考えているかぎり、平凡なアイデアは生まれても、斬新なアイデアは生まれない。
    常識で考えているかぎり、平凡なアイデアは生まれても、斬新なアイデアは生まれない。
  9. アイデアには、好奇心と遊び心が必要。<br>ばかになって考えよう。
    アイデアには、好奇心と遊び心が必要。
    ばかになって考えよう。
  10. 「変わり者」と言われることを恐れるな。
    「変わり者」と言われることを恐れるな。
  11. 逆に考えるのを習慣にすれば、斬新なアイデアが出やすくなる。
    逆に考えるのを習慣にすれば、斬新なアイデアが出やすくなる。
  12. アイデアに必要なのは、記憶力より記録力。<br>常に書き留める準備をしておき、最速で書き留めよう。
    アイデアに必要なのは、記憶力より記録力。
    常に書き留める準備をしておき、最速で書き留めよう。
  13. 最初から根拠を考えない。<br>根拠は後から考えよう。
    最初から根拠を考えない。
    根拠は後から考えよう。
  14. インターネットに依存した情報収集には要注意。
    インターネットに依存した情報収集には要注意。
  15. 部屋にこもってばかりでは、よいアイデアは出ない。<br>本当のヒントは、外にある。
    部屋にこもってばかりでは、よいアイデアは出ない。
    本当のヒントは、外にある。
  16. 明確な目標を決めておこう。<br>カラーバス効果によって、アイデアのヒントが見つかりやすくなる。
    明確な目標を決めておこう。
    カラーバス効果によって、アイデアのヒントが見つかりやすくなる。
  17. 何でもヒントにする。<br>何でもヒントになる。
    何でもヒントにする。
    何でもヒントになる。
  18. ひたすら新しい組み合わせを試し続けるだけでいい。
    ひたすら新しい組み合わせを試し続けるだけでいい。
  19. 制約は、アイデア発想の起爆剤。
    制約は、アイデア発想の起爆剤。
  20. アイデアを探すなら、熟読の必要はない。<br>見出しやまとめを読むだけで十分。
    アイデアを探すなら、熟読の必要はない。
    見出しやまとめを読むだけで十分。
  21. アイデア発想では、アナログとデジタルのどちらが有利か。
    アイデア発想では、アナログとデジタルのどちらが有利か。
  22. 気分転換やリフレッシュによって、アイデアが促される。
    気分転換やリフレッシュによって、アイデアが促される。
  23. 小さなひらめきを軽視しない。
    小さなひらめきを軽視しない。
  24. 1つのアイデアには、100万円の価値がある。
    1つのアイデアには、100万円の価値がある。
  25. アイデア発想は、苦しむものではなく、楽しむもの。
    アイデア発想は、苦しむものではなく、楽しむもの。
  26. 最初の形にこだわると、アイデアの発展を妨げる。
    最初の形にこだわると、アイデアの発展を妨げる。
  27. 自分の頭だけで考えていると、狭い世界にとらわれる。
    自分の頭だけで考えていると、狭い世界にとらわれる。
  28. アイデアパーソンになったつもりで考えよう。
    アイデアパーソンになったつもりで考えよう。
  29. アイデアがひらめきやすい環境「4B」とは。
    アイデアがひらめきやすい環境「4B」とは。
  30. アイデアは、実行してこそ意味がある。
    アイデアは、実行してこそ意味がある。

同じカテゴリーの作品