アイデアを出す
30の方法

18
1

ひたすら新しい組み合わせを試し続けるだけでいい。

ひたすら新しい組み合わせを試し続けるだけでいい。 | アイデアを出す30の方法

アイデアを考える基本の1つ。

それは「新しい組み合わせ」です。

既存要素に、別の要素を組み合わせてみましょう。

素晴らしいかどうかは別として、ひとまずこれだけで新しいものが生まれます。

「これだけでいいの?」と思いますが、これだけでいいのです。

そもそもアイデアとは、既存要素の新しい組み合わせにすぎません。

つまり、既存要素に別の要素を組み合わせれば、新しいアイデアを生み出せます。

世の中にある商品・サービスも、既存要素に別の要素を組み合わせたことで誕生しました。

たとえば、鳥と乗り物を組み合わせて「飛行機」が誕生しました。

ベッドと列車を組み合わせて「寝台列車」が誕生しました。

電話とテレビを組み合わせることで「テレビ電話」が誕生しました。

ラジオとテープレコーダーを組み合わせて「ラジカセ」が誕生しました。

紙コップとインスタントラーメンを組み合わせると「カップ麺」が誕生しました。

パソコンと携帯電話を組み合わせて「スマートフォン」が誕生しました。

時計とスマートフォンを組み合わせて「スマートウォッチ」が誕生しました。

2つの要素を組み合わせるのではなく、同時に3つの要素を組み合わせる方法もあります。

たとえば、パンと卵と肉を組み合わせて「ハンバーガー」が誕生しました。

こう考えると、組み合わせ方は無限に存在することがわかるでしょう。

まさしく無限の可能性が広がっているのです。

アイデア発想を極論すれば「ひたすら新しい組み合わせを試していくだけでいい」と言っても過言ではありません。

10パターンでも100パターンでも、新しい組み合わせを試し続けましょう。

ひたすら新しい組み合わせを試していけば、いつか偶然の一致によって「しっくりくる組み合わせ」と出会えます。

違和感がなく、調和した組み合わせです。

そのアイデアを大きく発展させて、形にしていけばいいのです。

アイデアとは、既存要素の新しい組み合わせにすぎないのですから、愚直に新しい組み合わせを試していくことが大切です。

組み合わせ方は自由です。

組み合わせに、意味も根拠も必要ありません。

目星をつけて組み合わせてもいいですが、無作為でもOKです。

適当な組み合わせでもいいので、既存要素に別の要素を組み合わせてみましょう。

適当に辞書を開いて、目に飛び込んできた言葉を使って試す方法でもかまいません。

意味も根拠も不要です。

センスも才能も不要です。

無作為でもかまわないので、ひたすら新しい組み合わせを試していくだけでいいのです。

努力は必要ですが、遅かれ早かれ、確実にアイデアを出せます。

アイデアを出す方法(18)
  • 理由も根拠もなくていいので、ひたすら新しい組み合わせを試し続ける。
制約は、アイデア発想の起爆剤。

アイデアを出す30の方法
アイデアを出す30の方法

  1. 「なんとなく」でアイデアは出ない。<br>アイデアを出すには、方法論がある。
    「なんとなく」でアイデアは出ない。
    アイデアを出すには、方法論がある。
  2. アイデアに、センスや才能は必要ない。<br>必要なのは、方法と努力。
    アイデアに、センスや才能は必要ない。
    必要なのは、方法と努力。
  3. アイデアとは何か。
    アイデアとは何か。
  4. アイデアとは、既存要素の新しい組み合わせにすぎない。
    アイデアとは、既存要素の新しい組み合わせにすぎない。
  5. アイデアを出す第1段階は、資料集め。
    アイデアを出す第1段階は、資料集め。
  6. アイデア発想には、基本の5段階がある。
    アイデア発想には、基本の5段階がある。
  7. アイデアを出すなら「質」より「量」を意識しよう。
    アイデアを出すなら「質」より「量」を意識しよう。
  8. 常識で考えているかぎり、平凡なアイデアは生まれても、斬新なアイデアは生まれない。
    常識で考えているかぎり、平凡なアイデアは生まれても、斬新なアイデアは生まれない。
  9. アイデアには、好奇心と遊び心が必要。<br>ばかになって考えよう。
    アイデアには、好奇心と遊び心が必要。
    ばかになって考えよう。
  10. 「変わり者」と言われることを恐れるな。
    「変わり者」と言われることを恐れるな。
  11. 逆に考えるのを習慣にすれば、斬新なアイデアが出やすくなる。
    逆に考えるのを習慣にすれば、斬新なアイデアが出やすくなる。
  12. アイデアに必要なのは、記憶力より記録力。<br>常に書き留める準備をしておき、最速で書き留めよう。
    アイデアに必要なのは、記憶力より記録力。
    常に書き留める準備をしておき、最速で書き留めよう。
  13. 最初から根拠を考えない。<br>根拠は後から考えよう。
    最初から根拠を考えない。
    根拠は後から考えよう。
  14. インターネットに依存した情報収集には要注意。
    インターネットに依存した情報収集には要注意。
  15. 部屋にこもってばかりでは、よいアイデアは出ない。<br>本当のヒントは、外にある。
    部屋にこもってばかりでは、よいアイデアは出ない。
    本当のヒントは、外にある。
  16. 明確な目標を決めておこう。<br>カラーバス効果によって、アイデアのヒントが見つかりやすくなる。
    明確な目標を決めておこう。
    カラーバス効果によって、アイデアのヒントが見つかりやすくなる。
  17. 何でもヒントにする。<br>何でもヒントになる。
    何でもヒントにする。
    何でもヒントになる。
  18. ひたすら新しい組み合わせを試し続けるだけでいい。
    ひたすら新しい組み合わせを試し続けるだけでいい。
  19. 制約は、アイデア発想の起爆剤。
    制約は、アイデア発想の起爆剤。
  20. アイデアを探すなら、熟読の必要はない。<br>見出しやまとめを読むだけで十分。
    アイデアを探すなら、熟読の必要はない。
    見出しやまとめを読むだけで十分。
  21. アイデア発想では、アナログとデジタルのどちらが有利か。
    アイデア発想では、アナログとデジタルのどちらが有利か。
  22. 気分転換やリフレッシュによって、アイデアが促される。
    気分転換やリフレッシュによって、アイデアが促される。
  23. 小さなひらめきを軽視しない。
    小さなひらめきを軽視しない。
  24. 1つのアイデアには、100万円の価値がある。
    1つのアイデアには、100万円の価値がある。
  25. アイデア発想は、苦しむものではなく、楽しむもの。
    アイデア発想は、苦しむものではなく、楽しむもの。
  26. 最初の形にこだわると、アイデアの発展を妨げる。
    最初の形にこだわると、アイデアの発展を妨げる。
  27. 自分の頭だけで考えていると、狭い世界にとらわれる。
    自分の頭だけで考えていると、狭い世界にとらわれる。
  28. アイデアパーソンになったつもりで考えよう。
    アイデアパーソンになったつもりで考えよう。
  29. アイデアがひらめきやすい環境「4B」とは。
    アイデアがひらめきやすい環境「4B」とは。
  30. アイデアは、実行してこそ意味がある。
    アイデアは、実行してこそ意味がある。

同じカテゴリーの作品

3:35
related

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION