アイデアを出す
30の方法

5
0

アイデアを出す第1段階は、
資料集め。

アイデアを出す第1段階は、資料集め。 | アイデアを出す30の方法

アイデアを出したいとき、まず何から始めますか。

目をつぶり「アイデアが出ろ!」と祈る人もいるかもしれません。

上を向きながら、適当に考え、アイデアを出そうとする人もいるでしょう。

しかし、行き当たりばったりの方法では、思うようにアイデアは出てこないでしょう。

手ぶらのまま、うんうんうなっているだけで、アイデアは出てきません。

念じても祈っても、不毛な時間が過ぎるだけで終わるでしょう。

実際のところ、手元に何もない状態でアイデアを出すのは、不可能ではありませんが、難しいのが現実です。

私たちはすでにたくさんの知識を身につけていますが、普段は忘れているような状態になっていて、すぐ思い出すのは難しい。

天に向かって「早くアイデアが出ろ!」と祈ったところで、不毛な時間になるでしょう。

ネタも何もないまま、アイデアを出そうとするのは、もはや運任せ。

いきなり発想力を働かせて、ぱっとアイデアが浮かぶなら、どれだけ楽でしょうか。

手ぶらでアイデアを出すのは、現実的ではないのです。

思い出してください。

アイデアとは「既存要素の新しい組み合わせ」です。

既存要素があるからこそアイデアが出るのであって、既存要素がなければ、アイデアも出しようがありません。

そこで必要なのが「資料集め」です。

資料を集めることで既存要素が集まり、アイデアが出やすい状態を作り出せます。

アイデアは、資料集めから始めるのが得策です。

たとえば、節約のアイデアを出したいなら、節約に関する資料を集めます。

起業のアイデアを出したいなら、起業に関する資料を集めます。

製品のアイデアを出したいなら、製品に関する資料集めから始めます。

資料になるものなら何でもかまいません。

書籍、雑誌、新聞。

ポスター、カタログ、フライヤー、パンフレット。

図書館を利用すれば、費用を抑えながら資料を集めることができるでしょう。

簡単な情報なら、インターネットが役立ちます。

さまざまな手段を使って、徹底的に資料を集めましょう。

すでに知っていることであっても、資料があれば、思い出す手がかりになります。

関連資料が集まれば、脳内で「発想の化学反応」が起こりやすくなり、アイデアを出しやすくなるのです。

関係資料を集めたら必ずアイデアが出るとは限りませんが、少なくともアイデアが出やすい状態になるのは確実です。

アイデアを出したいなら、まず資料集めに励みましょう。

素晴らしいアイデアを出したいなら、資料集めは必須です。

資料を集めている最中に、アイデアがひらめくことも少なくありません。

立て続けに資料を眺めると、無意識のうちに「既存要素の新しい組み合わせ」が起こるからです。

アイデアを出す第1段階は、資料集めなのです。

アイデアを出す方法(5)
  • アイデアに必要な資料を集める。
アイデア発想には、基本の5段階がある。

アイデアを出す30の方法
アイデアを出す30の方法

  1. 「なんとなく」でアイデアは出ない。<br>アイデアを出すには、方法論がある。
    「なんとなく」でアイデアは出ない。
    アイデアを出すには、方法論がある。
  2. アイデアに、センスや才能は必要ない。<br>必要なのは、方法と努力。
    アイデアに、センスや才能は必要ない。
    必要なのは、方法と努力。
  3. アイデアとは何か。
    アイデアとは何か。
  4. アイデアとは、既存要素の新しい組み合わせにすぎない。
    アイデアとは、既存要素の新しい組み合わせにすぎない。
  5. アイデアを出す第1段階は、資料集め。
    アイデアを出す第1段階は、資料集め。
  6. アイデア発想には、基本の5段階がある。
    アイデア発想には、基本の5段階がある。
  7. アイデアを出すなら「質」より「量」を意識しよう。
    アイデアを出すなら「質」より「量」を意識しよう。
  8. 常識で考えているかぎり、平凡なアイデアは生まれても、斬新なアイデアは生まれない。
    常識で考えているかぎり、平凡なアイデアは生まれても、斬新なアイデアは生まれない。
  9. アイデアには、好奇心と遊び心が必要。<br>ばかになって考えよう。
    アイデアには、好奇心と遊び心が必要。
    ばかになって考えよう。
  10. 「変わり者」と言われることを恐れるな。
    「変わり者」と言われることを恐れるな。
  11. 逆に考えるのを習慣にすれば、斬新なアイデアが出やすくなる。
    逆に考えるのを習慣にすれば、斬新なアイデアが出やすくなる。
  12. アイデアに必要なのは、記憶力より記録力。<br>常に書き留める準備をしておき、最速で書き留めよう。
    アイデアに必要なのは、記憶力より記録力。
    常に書き留める準備をしておき、最速で書き留めよう。
  13. 最初から根拠を考えない。<br>根拠は後から考えよう。
    最初から根拠を考えない。
    根拠は後から考えよう。
  14. インターネットに依存した情報収集には要注意。
    インターネットに依存した情報収集には要注意。
  15. 部屋にこもってばかりでは、よいアイデアは出ない。<br>本当のヒントは、外にある。
    部屋にこもってばかりでは、よいアイデアは出ない。
    本当のヒントは、外にある。
  16. 明確な目標を決めておこう。<br>カラーバス効果によって、アイデアのヒントが見つかりやすくなる。
    明確な目標を決めておこう。
    カラーバス効果によって、アイデアのヒントが見つかりやすくなる。
  17. 何でもヒントにする。<br>何でもヒントになる。
    何でもヒントにする。
    何でもヒントになる。
  18. ひたすら新しい組み合わせを試し続けるだけでいい。
    ひたすら新しい組み合わせを試し続けるだけでいい。
  19. 制約は、アイデア発想の起爆剤。
    制約は、アイデア発想の起爆剤。
  20. アイデアを探すなら、熟読の必要はない。<br>見出しやまとめを読むだけで十分。
    アイデアを探すなら、熟読の必要はない。
    見出しやまとめを読むだけで十分。
  21. アイデア発想では、アナログとデジタルのどちらが有利か。
    アイデア発想では、アナログとデジタルのどちらが有利か。
  22. 気分転換やリフレッシュによって、アイデアが促される。
    気分転換やリフレッシュによって、アイデアが促される。
  23. 小さなひらめきを軽視しない。
    小さなひらめきを軽視しない。
  24. 1つのアイデアには、100万円の価値がある。
    1つのアイデアには、100万円の価値がある。
  25. アイデア発想は、苦しむものではなく、楽しむもの。
    アイデア発想は、苦しむものではなく、楽しむもの。
  26. 最初の形にこだわると、アイデアの発展を妨げる。
    最初の形にこだわると、アイデアの発展を妨げる。
  27. 自分の頭だけで考えていると、狭い世界にとらわれる。
    自分の頭だけで考えていると、狭い世界にとらわれる。
  28. アイデアパーソンになったつもりで考えよう。
    アイデアパーソンになったつもりで考えよう。
  29. アイデアがひらめきやすい環境「4B」とは。
    アイデアがひらめきやすい環境「4B」とは。
  30. アイデアは、実行してこそ意味がある。
    アイデアは、実行してこそ意味がある。

同じカテゴリーの作品

3:37
related

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION