アイデアを出す
30の方法

17
1

何でもヒントにする。
何でもヒントになる。

何でもヒントにする。何でもヒントになる。 | アイデアを出す30の方法

私たちがヒントを見つけようとするとき、情報の取捨選択を行います。

「これはヒントになる。これはヒントにならない」

心の中でそう考えながら、情報を振り分けているでしょう。

関係がありそうなら注目します。

関係がなさそうなら無視します。

もちろん普通の判断であり、特別悪いことではありません。

情報の取捨選択をすることで、効率よくヒントを見つけ出せます。

関係しているヒントだからこそ、発想につながりやすくなり、アイデアも出やすくなります。

しかし、ここに注意したいポイントがあります。

「ヒントになる・ならない」という考え方では、発想力を鍛えることはできません。

取捨選択をしていると、想像力・発想力に制限を設けてしまいます。

最初から「ヒントにならない」と思い込んでしまうと、それ以上深く考えることがなくなります。

「関係ない」と思うから、関係ないように見えてきます。

見向きもしなくなって、ヒントを見つけるチャンスも失ってしまうのです。

ここで大切な考え方があります。

「何でもヒントにする」という考え方です。

ヒントを探すのではありません。

何でもヒントにしてください。

ヒントになる・ならないの差は、あってないようなもの。

考え方を変えれば、感じ方も変わります。

何でもヒントにする姿勢があれば、観察力が向上して、発想力が豊かになり、隠れた価値を見つけやすくなります。

すべてが問題を解く手掛かりに見え始めるでしょう。

そして、発想やアイデアにつながるのです。

たとえば、あなたの目の前に「時計」があるとします。

平凡で普通の時計であっても、ヒントにならないか考えてみてください。

時計がヒントにならなければ、時計に描かれているデザインに注目してみてください。

普通のデザインであっても「ヒントになる」と思えば、ヒントに変わります。

色・形・動きなど、さまざまな点に注目してみましょう。

ぴんと来ないなら、タイミングをずらして、もう一度見てみるといいでしょう。

今日は普通に感じても、明日なら感じ方が変わるかもしれません。

発想力を鍛えるなら、何でもヒントにする姿勢が大切です。

あなたはヒントに囲まれています。

上下左右・360度、どこを見てもヒントだらけ。

情報量は少なくても、観察力を上げることで、より多くの情報を引き出すことが可能になります。

あなたの心がけ次第で、世界は変わります。

何でもヒントにすれば、何でもヒントになるのです。

アイデアを出す方法(17)
  • 何でもヒントにする。
ひたすら新しい組み合わせを試し続けるだけでいい。

アイデアを出す30の方法
アイデアを出す30の方法

  1. 「なんとなく」でアイデアは出ない。<br>アイデアを出すには、方法論がある。
    「なんとなく」でアイデアは出ない。
    アイデアを出すには、方法論がある。
  2. アイデアに、センスや才能は必要ない。<br>必要なのは、方法と努力。
    アイデアに、センスや才能は必要ない。
    必要なのは、方法と努力。
  3. アイデアとは何か。
    アイデアとは何か。
  4. アイデアとは、既存要素の新しい組み合わせにすぎない。
    アイデアとは、既存要素の新しい組み合わせにすぎない。
  5. アイデアを出す第1段階は、資料集め。
    アイデアを出す第1段階は、資料集め。
  6. アイデア発想には、基本の5段階がある。
    アイデア発想には、基本の5段階がある。
  7. アイデアを出すなら「質」より「量」を意識しよう。
    アイデアを出すなら「質」より「量」を意識しよう。
  8. 常識で考えているかぎり、平凡なアイデアは生まれても、斬新なアイデアは生まれない。
    常識で考えているかぎり、平凡なアイデアは生まれても、斬新なアイデアは生まれない。
  9. アイデアには、好奇心と遊び心が必要。<br>ばかになって考えよう。
    アイデアには、好奇心と遊び心が必要。
    ばかになって考えよう。
  10. 「変わり者」と言われることを恐れるな。
    「変わり者」と言われることを恐れるな。
  11. 逆に考えるのを習慣にすれば、斬新なアイデアが出やすくなる。
    逆に考えるのを習慣にすれば、斬新なアイデアが出やすくなる。
  12. アイデアに必要なのは、記憶力より記録力。<br>常に書き留める準備をしておき、最速で書き留めよう。
    アイデアに必要なのは、記憶力より記録力。
    常に書き留める準備をしておき、最速で書き留めよう。
  13. 最初から根拠を考えない。<br>根拠は後から考えよう。
    最初から根拠を考えない。
    根拠は後から考えよう。
  14. インターネットに依存した情報収集には要注意。
    インターネットに依存した情報収集には要注意。
  15. 部屋にこもってばかりでは、よいアイデアは出ない。<br>本当のヒントは、外にある。
    部屋にこもってばかりでは、よいアイデアは出ない。
    本当のヒントは、外にある。
  16. 明確な目標を決めておこう。<br>カラーバス効果によって、アイデアのヒントが見つかりやすくなる。
    明確な目標を決めておこう。
    カラーバス効果によって、アイデアのヒントが見つかりやすくなる。
  17. 何でもヒントにする。<br>何でもヒントになる。
    何でもヒントにする。
    何でもヒントになる。
  18. ひたすら新しい組み合わせを試し続けるだけでいい。
    ひたすら新しい組み合わせを試し続けるだけでいい。
  19. 制約は、アイデア発想の起爆剤。
    制約は、アイデア発想の起爆剤。
  20. アイデアを探すなら、熟読の必要はない。<br>見出しやまとめを読むだけで十分。
    アイデアを探すなら、熟読の必要はない。
    見出しやまとめを読むだけで十分。
  21. アイデア発想では、アナログとデジタルのどちらが有利か。
    アイデア発想では、アナログとデジタルのどちらが有利か。
  22. 気分転換やリフレッシュによって、アイデアが促される。
    気分転換やリフレッシュによって、アイデアが促される。
  23. 小さなひらめきを軽視しない。
    小さなひらめきを軽視しない。
  24. 1つのアイデアには、100万円の価値がある。
    1つのアイデアには、100万円の価値がある。
  25. アイデア発想は、苦しむものではなく、楽しむもの。
    アイデア発想は、苦しむものではなく、楽しむもの。
  26. 最初の形にこだわると、アイデアの発展を妨げる。
    最初の形にこだわると、アイデアの発展を妨げる。
  27. 自分の頭だけで考えていると、狭い世界にとらわれる。
    自分の頭だけで考えていると、狭い世界にとらわれる。
  28. アイデアパーソンになったつもりで考えよう。
    アイデアパーソンになったつもりで考えよう。
  29. アイデアがひらめきやすい環境「4B」とは。
    アイデアがひらめきやすい環境「4B」とは。
  30. アイデアは、実行してこそ意味がある。
    アイデアは、実行してこそ意味がある。

同じカテゴリーの作品

3:23
related

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION