出会い

出会いを大切にする
30の方法

  • 余命1日と思えば、
    すべての人が輝いて見えるはずだ。
出会いを大切にする30の方法

もくじ

余命1日と思えば、すべての人が輝いて見えるはずだ。

余命1日と思えば、すべての人が輝いて見えるはずだ。

人との出会いとは何か。
その答えは私が口にしなくても、実はすべての人の心にすでに存在しています。
普段は、人との出会いの大切さに気づくことはできません。

ニックネームを付けると、堅苦しさがなくなる。

ニックネームを付けると、堅苦しさがなくなる。

私は小学生と中学生のころ「ミナタカ」というニックネームで呼ばれていました。
当時、同じ学年に、もう1人「タカヒロ」という名前の人がいました。
「タカヒロ君」という呼び名がぶつかって、どちらのタカヒロを指しているのかわかりませんでした。

すべての人に好かれようとすると、逆に嫌われる。

すべての人に好かれようとすると、逆に嫌われる。

そもそも、すべての人に好かれようとするのは無理があります。
「人から嫌われたくない」
「できるだけ多くの人に好かれたい」

面白くないジョークにも笑えば、人との距離が縮まる。

面白くないジョークにも笑えば、人との距離が縮まる。

「面白いことだけ笑ってやろう」
これは、友達ができない人の考え方です。
「笑ってしまえば自分が軽く見られる。そんなつまらないジョークに笑うほど、自分はレベルが低くない」

理解できない話をする人こそ、あなたに必要な人。

理解できない話をする人こそ、あなたに必要な人。

「あの人の話にはついていけない」
「あの人はいつも難しい話ばかりしている」
「自分とは合わない」

話しかける理由を難しく考えない。
思ったことを話しかけるだけでいい。

話しかける理由を難しく考えない。思ったことを話しかけるだけでいい。

普段私たちは、話しかける理由を難しく考えすぎです。
「理由がないと話しかけてはいけない」と無意識のうちに思っています。
人目を意識する10代や20代は、特にそうです。

いきなり肩書から紹介をしない。

いきなり肩書から紹介をしない。

「初めまして。水口と申します」
出会いの始まりといえば、自己紹介です。
自己紹介では、自分の名前や趣味などから紹介するのはいいでしょう。

鬼のように見える人ほど、実は話しかけてもらいたがっている。

鬼のように見える人ほど、実は話しかけてもらいたがっている。

「道がわからない。誰か知っている人に道を聞こう」
行きたい場所への道がわからなくて、困っているときです。
あなたは誰かに道を聞こうとしたとき、どんな人に話しかけていますか。

出会った瞬間ほど、話しかけるベストタイミングはない。

出会った瞬間ほど、話しかけるベストタイミングはない。

私は旅行のとき、飛行機によく乗ります。
先に私が席について、しばらくすると、空いていた隣の席に人がやってきました。
特に挨拶もなく、無言で隣に座りました。

興味は、人に話しかけてから出てくるもの。

興味は、人に話しかけてから出てくるもの。

「あの人には興味がない」
興味がなくて話しかけない人がいます。
そういう人は、友達のできない人です。

なまりを気にして隠そうとする人は、ご先祖様に失礼だ。

なまりを気にして隠そうとする人は、ご先祖様に失礼だ。

都会で暮らしをしていると、地方出身の人によく出会います。
いえ、地方出身者のほうが多いくらいです。
田舎にいるときはいいですが、都会に出たときには、地元の方言やなまりが強く感じられます。

夜に出会った人とはその場で終わり、朝に出会った人とは一生つながる。

夜に出会った人とはその場で終わり、朝に出会った人とは一生つながる。

出会いには、夜より朝です。
同じ出会いといっても「朝に出会った人」と「夜に出会った人」とでは全然違います。
まったく質が異なると思ってください。

100点満点のコミュニケーションを目指さなくてもいい。

100点満点のコミュニケーションを目指さなくてもいい。

「絶対に相手に失礼のないように会話をしたい」
「自分の発言に対して、相手はどう思っているのだろうか」
「相手の気持ちを知りたい」

割り勘より、おごったほうが、人間関係は長続きする。

割り勘より、おごったほうが、人間関係は長続きする。

友達・知人と一緒に食事をしたとき、お会計はどうしていますか。
「割り勘にするか。おごりにするか」
まずここで悩みます。

電話番号とメールアドレスをもらったら、その日のうちに連絡するのがマナー。

電話番号とメールアドレスをもらったら、その日のうちに連絡するのがマナー。

出会いを大切にする人には、行動の早さがうかがえます。
その代表例は「電話」と「メール」です。
初対面の人と少し会話をして盛り上がった後、電話番号やメールアドレスを教えてもらうことがあります。

トイレ掃除のおじさんとごみ掃除のおばさんを無視する人は、成功できない。

トイレ掃除のおじさんとごみ掃除のおばさんを無視する人は、成功できない。

仕事に関係する人だけ大切にするのは、当たり前です。
当たり前のことをしているだけでは、仕事では差がつきません。
仕事で差をつけるためには、仕事に関係する以外の人と仲良くなっておくことです。

言葉遣いが悪い人は、悪い人に思われやすい。

言葉遣いが悪い人は、悪い人に思われやすい。

あなたに質問があります。
以下のAさんとBさんとの会話を聞いて、直感的にどちらが悪いと感じますか。
Aさん「おい。お前、何をやってんだ」

あなたの元気は、周りの人に影響を与える。

あなたの元気は、周りの人に影響を与える。

今日、あなたは嬉しい出来事があって、機嫌がいい状態だったとします。
理由は何でもかまいません。
とにかくすごく嬉しいことがあって、妙に機嫌がいい状態です。

レストランの注文のとき、どこを見て注文していますか。

レストランの注文のとき、どこを見て注文していますか。

ある日、レストランに食事に行ったときです。
希望するメニューが決まって、ウエイトレスを呼びます。
「ご注文はお決まりですか」

「何を言うか」より「何を言わないか」。

「何を言うか」より「何を言わないか」。

「肌が黒いですね」
「肌が荒れていますね」
「髪の毛がもつれていますよ」

ゆっくり火をつけ、じっくり温めるのが人間関係。

ゆっくり火をつけ、じっくり温めるのが人間関係。

炭は、火がつくまでにとても長い時間がかかります。
昔、私は炭に火をつけようとして、何度も挫折したことがありました。
実家のお風呂は、まきを入れて火をつけるタイプのお風呂でした。

見方を変えれば、人も変わって見えてくる。

見方を変えれば、人も変わって見えてくる。

「頑固な人だな」
そういう見方をすれば、そういう人に見えてきます。
しかし、見方を変えましょう。

相手の事情を考えると、自然と人に優しくなれる。

相手の事情を考えると、自然と人に優しくなれる。

「嫌な人と出会った」
日常生活の中では、人に迷惑をかけるような嫌な人と出会うことがあります。
しかし、本当にそうでしょうか。

現実の世界は、ファッションショーそのものだった。

現実の世界は、ファッションショーそのものだった。

すべての出会いに無駄はありません。
すれ違う見知らぬ人とでさえ、あなたのためになります。
ただ、やみくもに人とすれ違うのではなく「学び取ってやろう」という気持ちですれ違ってください。

「いつでもいい」より「あなたに合わせます」。

「いつでもいい」より「あなたに合わせます」。

「次、いつ会えますか」
人付き合いの中では、おなじみの「次に会う約束」です。
あなたは次に会う約束のときに、どのような表現を使っていますか。

人付き合いが上手な人は、借りた量より多く返す。

人付き合いが上手な人は、借りた量より多く返す。

友達と貸し借りをするときがあります。
もちろんお金の貸し借りは厳禁です。
しかし、そうは言ってもどうしても困っている相手を目の前に、貸し借りをせざるを得ないときがあります。

堅苦しい雰囲気が抜けない人は、食事に誘えばいい。

堅苦しい雰囲気が抜けない人は、食事に誘えばいい。

人といっても千差万別です。
すぐ打ち解ける人なら、あっという間に仲良くなれることでしょう。
しかし、人によってはなかなか心のうちを明かしてくれない人もいます。

用事がないとはいえ、お辞儀くらいはできるはずだ。

用事がないとはいえ、お辞儀くらいはできるはずだ。

クライアントに用事があって、相手の会社に訪問するときがあります。
当然用事があるのは、クライアントに対してです。
相手の会社を訪問するときには、たくさんの人と出会います。

人それぞれの違いがあるからこそ、摩擦熱で私たちのハートが温まる。

人それぞれの違いがあるからこそ、摩擦熱で私たちのハートが温まる。

・考え方の違い
・性格の違い
・態度の違い

人を評価すると、いい人と出会えなくなる。

人を評価すると、いい人と出会えなくなる。

あなたは自分にとってよい出会いとは何を基準にして決めていますか。
「お金持ちかどうか」で判断するのでしょうか。
「学歴がどうか」で判断するのでしょうか。

同じカテゴリーの作品