人生の教科書



自分磨き
持ち物を明るくすると、性格も明るくなる。
子育て
「もう1人の自分を見ているようだ」と驚くのは、子供より親のほう。
人付き合い
女性の涙には、男性から同情を引き出す力がある。
アイデア発想
量は質に転化する。
出会い

初対面で好印象を与える
30の方法

  • 人間性の向上は、
    時間がかかって大変。
    好印象の向上は、
    今すぐできて限界がない。
初対面で好印象を与える30の方法

もくじ

1
★2

人間性の向上は、時間がかかって大変。
好印象の向上は、今すぐできて限界がない。

「初対面で好印象を与えたい」 そう思ったとき、アピールしたいのが「人間性」です。 豊富な教養、優れた考え方、上品な話し方、ポジティブな性格、謙虚な姿勢、品格のある振る舞い。 たしかに人としての魅力が高ければ、初対面で好印象を与えやすくなります。 しかし、人間性の向上には「時間がかかる」という難点があります。 豊富な教養を身につけるためには、多くの学びと経験が必要です。 上品な話し方や振る舞い方も、場数を踏みながら身につけていきます。 性格の改善も、容易ではないのが現実です。 ネガティブな性格の人がポジティブな性格になるのは、不可能ではありませんが、時間がかかります。 優しい心や寛大な心、配慮や気遣いを身につけるには、人生経験を重ねる必要があるでしょう。 しかも、お金がかかる場合も少なくありません。 教養や優れた考え方を学ぶには、学費や書籍代など、一定のお金が必要なります。 品格を身につけるにも、社交を通して経験を積む必要があり、ある程度の出費を覚悟する必要があります。 人間性の向上には、お金も時間がかかり、すぐ実現するのは困難なのです。 一方、好印象は違います。 好印象の向上には、時間がかかりません。 好印象を与える3大要素は「笑顔」「清潔感」「ポジティブ」です。 にこにこした笑顔を振りまき、清潔感のある身だしなみを整え、ポジティブな話し方を心がける。 笑顔・清潔感・ポジティブの3つをきちんと心がければ、今すぐ実現が可能です。 いつもにこにこ明るい笑顔を振りまくなら、今すぐできます。 清潔感のある服装を心がけるのにも時間はかかりません。 性格を変えるのに時間はかかっても、明るい話し方なら、今すぐできるでしょう。 好印象の向上には、時間がかからず、今すぐ実現できるのです。 しかも限界がありません。 笑顔・清潔感・ポジティブの3つを徹底すれば、好印象に相乗効果が生まれます。 特にポジティブには無限の可能性があります。 あらゆることを前向きに考える力は、心の闇を取り払い、人を幸せに導く力があります。 工夫次第で、いくらでも好印象を与えることが可能です。 好印象を与える力が向上すれば、初対面から、旧友のように親しくなることも不可能ではありません。 好印象は、円滑な人間関係に欠かせない要素。 特に第一印象は、長く続く傾向があります。 人は、最初の受けた印象がその人の本性と思う傾向があります。 出会いの可能性を引き出すためにも、初対面で好印象を与えるように工夫しましょう。 今すぐ好印象の向上を心がける。

2
★0

なぜ初対面では好印象を与えることが大切なのか。

「第一印象は大切」 「第一印象で勝負が決まる」 「初対面は、できるだけ好印象を与えたほうがいい」 ちまたでは、初対面の好印象を推奨する言葉がよく聞かれます。 「初対面では好印象が大切」という言葉を何度も聞いた影響もあり、自然と心がけている人も多いのではないでしょうか。 ところで、なぜ初対面は好印象を与えることが大切なのでしょうか。 「初対面では好印象が大切」と分かっている人は多くても、その理由をきちんと把握している人は少ないのではないでしょうか。 初対面で好印象を与えることに、違和感を覚える人もいるかもしれません。 「初対面は、普通の印象で十分」 「もし初対面の印象が悪くても、後から変えることができる」 たしかに初対面で印象が悪くても、後から挽回することができます。 第一印象は、あくまで第一印象に過ぎません。 最初の印象が悪くても、何度か会ってお互いを理解していくうちに印象が変わるのはよくあること。 たとえ初対面が悪印象でも、後から好印象に変えることも可能です。 好印象のために、わざわざ初対面から頑張らなくてもいいように思えます。 しかし、やはり好印象の手抜きはよくありません。 初対面で好印象を与えることは大切です。 初対面の印象は、未来の幸運とチャンスに影響を及ぼすからです。 初対面の印象は、強く残り、長く続く傾向があります。 人は無意識のうちに、相手の外見・態度・話し方から人柄を探ろうとします。 最初に「こういう人だ」と判断した全体像は「第一印象」として記憶に強く残り、長く続きます。 いわば、その人の土台ができるイメージです。 もし初対面で悪印象を与えてしまうと、どうなるでしょうか。 出会いがあっても、不快感を与えてしまうと、相手から「もう会いたくない」と思われ、人間関係が続かないでしょう。 親しくなれるチャンスがあっても、悪印象があると、可能性が制限されます。 ビジネスでは、貴重な機会を逃してしまうでしょう。 貴重なビジネスチャンスがあっても、初対面の印象が悪いと、信頼関係が結べません。 「一度会っただけで自分の全体像を判断されてはたまらない」と思うかもしれませんが、ここが人間関係の難しいところ。 いくら自分がそう思っても、人の心理として「初対面の印象がその人の全体を表している」と考える傾向が強い。 気づかないうちに、幸運やチャンスの逃すことになるのです。 したがって、初対面で好印象を与えることは大切です。 ビジネスでもプライベートでも、初対面で好印象を与えるのは、人生における必須のスキル。 初対面で好印象を与えたほうが、仲良くなるスピードも速くなり、信頼関係も早く構築できます。 好印象を与えなくても知り合えますが、好印象を与えたほうが、人付き合いが円滑になって未来の可能性も広がります。 初対面で好印象を与える人になりましょう。 初対面で好印象を与えることで、幸運とチャンスを引き寄せられるのです。 初対面で好印象を与える重要性を、きちんと理解する。

3
★0

仲良くなれるかなと思いながら会うのではない。
最初から仲良くなるつもりで会う。

初対面で会う人がいるとき、どんな気持ちで会いに行くでしょうか。 おそらく仲良くなれるかなと思いながら会いに行くのではないでしょうか。 まだ相手のことをよく知りません。 まだ信頼関係も結べていません。 いい人かもしれませんが、そうでないかもしれません。 出会いとは、新しい人間関係の始まりです。 楽しみな気持ちがある一方、不安な気持ちもあるでしょう。 しかし、仲良くなれるかなと思いながら会うのは要注意です。 仲良くなれるかなと思う気持ちがあると、相手を探るような態度になります。 心の中で思っていることは、無意識のうちに言葉や態度として出ます。 表情はにこにこしていても、引きつった笑顔になるでしょう。 楽しい会話をしつつも、疑い深い言葉が目立つでしょう。 明るい話をしつつも、不安を感じさせる言葉遣いが出るでしょう。 仲良くなれるかなと思っていると、自然と表に出てしまい、ぎこちない雰囲気が漂いがちです。 その不安感や消極性は、いつの間にか相手にも伝わります。 「楽しそうに振る舞っているけど、実は嫌がっているのかな」と誤解されやすくなります。 言葉・表情・態度に消極的な様子が目立てば、好印象を与えたくても、空回りに終わります。 いつの間にか親しくなるチャンスを逃していることがあります。 仲良くなれるかなと思いながら会うのも悪くありませんが、理想でもないのです。 では、どうするか。 仲良くなれそうかなと思いながら会うのではありません。 最初から仲良くなるつもりで会うのです。 大切なのは「心持ち」です。 相手がどんな人であろうと、とにかく仲良くなるつもりで会いましょう。 「必ず仲良くなる」と心に決めてから会うと、最初から元気で明るくいられます。 自然と心がオープンになって、接し方も柔らかくなり、最初から親近感のある雰囲気が出ます。 「あなたと仲良くなりたい」という歓迎する気持ちは、隠そうと思っても隠せません。 言葉・表情・態度を通して相手に伝わります。 自然と態度や話し方が積極的になり、好印象につながるのです。 出会いの可能性を高めるなら、最初から仲良くなるつもりで会いましょう。 「運命的な出会いにするぞ」という気持ちで会うのも悪くありません。 最初から仲良くなるつもりで会うから、本当に仲良くなれるのです。 仲良くなれるかなと思いながら会うのではなく、最初から仲良くなるつもりで会う。

4
★0

前もって相手について知っておけば、初対面も怖くない。

相手について詳しい情報があるなら、前もって確認しておきましょう。 相手について何も知らないまま、完全な初対面で会うと、緊張しやすくなります。 相手は、どんな人柄で何に興味関心があるのか、話をしながら1つずつ確認することになるでしょう。 もちろんそれもいいですが、その場で初めて知ることばかりでは、ぎくしゃくした雰囲気になることがあります。 話がスムーズに進みにくくなり、親しくなるチャンスを逃す恐れがあります。 もし何らかの手段で相手について知ることができるなら、確認しておくのがベターです。 前もって相手の好み・人柄・経歴などを知っておけば、初対面でも相手に合わせた会話がしやすくなります。 会話を盛り上げやすくなったり、仲良くなりやすくなったりします。 好印象を上げることができ、第一印象の向上につなげることができます。 嫌いな食べ物や触れてはいけない話題があれば、前もって注意できます。 小さなことでもいいので、少しでも相手について知っておけば、初対面の緊張も和らぎます。 あなたの身近に、相手について詳しく知る人はいませんか。 もし相手について知る人がいれば、ぜひ話を伺ってみるといいでしょう。 前もって相手の好み・人柄・経歴を知っておくといいでしょう。 たとえば「甘いものが好き」という事前情報が分かれば、初対面の手土産する場合、甘いものが喜ばれるでしょう。 「猫が大好き」という好みが分かれば、猫の話題を出すと盛り上がりやすくなるでしょう。 「時間に厳しい性格」と分かれば、入念に遅刻を注意できます。 また、SNSやブログをしている人なら、確認しておくといいでしょう。 書かれている内容を通して、相手の人柄を知ることができます。 趣味や考え方が分かれば、どんなことに興味関心を持っているのか確認できます。 まだ相手と会ったことがなくても、疑似的に会っているような感覚が得られるでしょう。 SNSやブログで最近起こった出来事の紹介があれば、初対面のとき、さりげなく話題を持ち出せます。 相手に親近感を持ってもらえ、仲良くなりやすくなります。 相手が著名人で、絵画や書籍の作品があるなら、事前に見たり読んだりしてみるといいでしょう。 作品数が多いなら、一部を確認するだけでもかまいません。 「絵画を拝見しました」「著書を拝読しました」とアピールすれば、相手も喜んでくれ、好印象につながります。 併せて感想も伝えると、ますます喜ばれます。 作品に関する話題を持ち出せば、相手は嬉しそうに話をしてくれるでしょう。 どんなささいなことでもかまいません。 相手について知ることができるなら確認しておきましょう。 確認が難しい状況もありますが、もし手段と余裕があるなら、ぜひ心がけてみてください。 授業は予習が大事であるように、初対面も予習が大事です。 前もって知っておくことは、心の準備につながります。 さらに不安や緊張を和らげ、スムーズを促す効果もあります。 前もって相手について知っておけば、初対面も怖くないのです。 前もって相手について分かる範囲で確認しておく。

5
★2

自分から自己紹介をしよう。
先に声をかけることが、すでに素晴らしい第一印象。

初対面で好印象を与えたいなら、自分から自己紹介を心がけましょう。 つまり、先手の自己紹介です。 もちろん相手に先を越されてしまうこともあるでしょう。 相手の姿が視界に入らず、相手から先に声をかけられることもあります。 相手が自己紹介をして、次に自分が自己紹介するのも悪くはありません。 「どちらが先に自己紹介をしようと、結果は同じ」と思う人もいるでしょう。 たしかに結果は同じです。 どちらが先に声をかけようと、最終的にお互いとも自己紹介をすることに変わりありません。 しかし、結果は同じでも、印象が違うのです。 相手から先に自己紹介をすると「先を越された感」があります。 相手が自己紹介をしたので自分も自己紹介をした、という感じです。 受け身のつもりでなくても、結果として受け身の感じが出てしまいます。 そこで心がけたいのが、先手の自己紹介です。 状況が許すかぎり、できるだけ自分から自己紹介をしましょう。 自分から自己紹介をしたほうが、積極性が伝わります。 先に声をかけ、積極的に自己紹介をすると「出会いを歓迎しています」「ぜひ仲良くなりたい」という気持ちが伝わります。 相手が視界に入ったら、早足で近づき、自分から声をかけ、笑顔で自己紹介をしましょう。 握手をするなら、自分から手を差し出しましょう。 名刺交換をするなら、自分から名刺を差し出しましょう。 熱意と積極性を表現するなら、スピードが大切です。 握手も名刺交換も自己紹介も、先手を心がけましょう。 自分から声をかけて自己紹介をすると、そのスピード感から熱意と積極性が伝わり、好印象につながります。 「声をかけようかな」と迷う暇があるなら、さっさと声をかけ、自己紹介をしたほうがいい。 自分から声をかけるのは、どきどきして少し緊張しますが、先に声をかける意味があります。 たとえ自分のほうが高い立場であっても、積極的に自己紹介をするのがスマートです。 立場の高い人のほうから声をかけると、謙虚な印象も加わって、ますます好印象につながります。 「自己紹介は競争」と思うくらいでちょうどいい。 先手は好印象につながるポイントです。 難しい場面もありますが、状況が許すかぎり、自分から自己紹介をするようにしましょう。 わくわくしながら、先に声をかけましょう。 先に声をかけることが、すでに素晴らしい第一印象なのです。 自分から自己紹介を心がける。

6
★1

名字だけの自己紹介は、好印象が半減する。
フルネームの自己紹介は、好印象が倍増する。

初対面で自己紹介をするとき、自分の名前を名乗ります。 名前を言い忘れると、初対面の印象も台無しです。 相手が誰であろうと、まず自分の名前を名乗ることで、スムーズに関係は始めることができます。 さて、あなたが自己紹介をするとき、どんな言い方をしていますか。 もし名字だけの自己紹介なら、見直したほうがいいでしょう。 名字だけの自己紹介は、好印象を妨げることがあるからです。 もちろん名字だけでも、名乗っていることに変わりはありません。 先に声をかけ、自分から自己紹介をすれば、印象としては悪くないように思えます。 「名字だけでも自己紹介ができている」と思うかもしれません。 しかし、ここに落とし穴があります。 名字だけの自己紹介では、初対面の好印象を妨げることがあります。 自己紹介はできているものの、自己紹介が省略されているため、中途半端ですっきりしない印象を与えます。 場合によっては、紹介したくないような雰囲気が出て、相手は不安を覚えます。 「名前を省略するほど、私を軽視しているのだろうか」 「私には言えない名前なのだろうか」 「名字の自己紹介で十分な相手と見なされているのだろうか」 相手は「簡単な自己紹介で済ませられた」と残念に思う。 名前を省略したせいで、思わぬ誤解を招くのは不本意でしょう。 名字だけで自己紹介をすると、相手もつられて、名字だけの自己紹介になるでしょう。 お互い名前を伏せたままでは、2人の間に心理的な壁ができてしまい、打ち解けにくくなります。 名字だけの自己紹介は、好印象も半減するのです。 初対面の自己紹介は、フルネームが基本です。 フルネームの自己紹介が最も好印象です。 「初めまして。水口貴博と申します」 フルネームで自己紹介をするのは、少し抵抗を感じるかもしれませんが、考えすぎです。 恥ずかしがらず、相手の目を見ながらフルネームで自己紹介をしましょう。 フルネームで自己紹介をするのが、最も丁寧で爽やかな印象を与えます。 ぼそぼそ小さな声ではなく、はきはきした声で自己紹介をすると、ますます好印象です。 あなたがフルネームで自己紹介をすれば、相手もフルネームで自己紹介をしてくれるでしょう。 お互いフルネームを明かすことで心理的な壁が取り払われ、オープンな雰囲気が出ます。 その後の会話もスムーズに進めることができるのです。 自己紹介は、第一印象に直結するポイントです。 フルネームの自己紹介は、好印象が倍増するのです。 自己紹介は、フルネームでする。

7
★2

最も好印象の表情は、笑顔。

初対面で最も好印象を与える表情があります。 笑顔です。 初対面では、にこにこした笑顔を心がけましょう。 笑顔で始まり、笑顔で終えましょう。 「相手がどんな人か分からなくて、笑顔になれない。むしろ顔が引きつりそう」 そう思う人も多いのではないでしょうか。 たしかに初対面ですから、まだ相手のことを知りません。 相手の人柄や性格が分からないと、不安や緊張があって表情が曇りがちです。 特に初対面は緊張が伴います。 笑顔どころか、不安な表情をしてしまうかもしれません。 恐怖を感じて、うっかりにらみつけてしまうこともあるかもしれません。 しかし、初対面でネガティブな表情を見せてしまうと、第一印象が悪くなります。 無表情や仏頂面は、お世辞にも明るい表情とは言えません。 暗い表情や不安げな表情をしていると、第一印象が悪くなり、好印象を妨げてしまうのです。 相手がまだどんな人か分からなくても、まず笑顔を心がけましょう。 楽しいことがあって笑顔になるのではありません。 楽しいことがなくても笑顔を心がけるのです。 口を開けて大笑いする必要はありません。 口角を少し上げて、にこにこした表情で十分です。 笑顔は、非言語コミュニケーションの1つです。 言葉はなくても、にこにこした表情を通してポジティブなメッセージを伝えることができます。 「あなたと会えて嬉しいです!」 「お会いすることができて光栄です!」 「一緒にお話ができて楽しいです!」 相手は「明るい」「快活」「ポジティブ」といった印象を受け取ってくれるでしょう。 明るくて前向きな様子を見せることができれば、ますます好印象につながります。 にこにこしているだけで、温かい雰囲気が漂います。 相手が誰であろうと、性別や年齢に関係なく、初対面は笑顔で統一です。 相手が年下であろうと低い身分であろうと、笑顔の心がけは同じです。 勉強や仕事でへとへとに疲れていても、初対面だけは、頑張って笑顔を作りましょう。 初対面が暗い雰囲気だとしても、にこにこした笑顔を心がけるようにしましょう。 たとえむっとすることがあっても、表情には出さないようにします。 相手から失礼なことをされても、曇った表情は見せません。 むっとするのは心の中だけにして、表情は笑顔を貫きましょう。 笑顔、笑顔、また笑顔です。 笑顔がなくて印象が悪くなることはあっても、笑顔があって印象が悪くなることはありません。 初対面は、笑顔を心がけるのが一番。 にこにこした笑顔ほど、好印象な表情はないのです。 初対面は、笑顔を心がける。

8
★0

初対面で好印象を与えるには、清潔感が欠かせない。

初対面で好印象を与えるには「清潔感」が大事です。 清潔感は、好印象の基本であり、極意です。 性別や年齢に関係なく、人は清潔感に敏感です。 しわや汚れが目立つ服装では、好印象を与えるのは難しいでしょう。 どれだけ明るい表情で、どんなに会話が面白くても、身だしなみが不潔では不快感が伴います。 不潔は、あらゆるポジティブを帳消しにするほどの悪影響があります。 どれだけ笑顔や会話がポジティブでも、身だしなみが不潔では台無しです。 できるだけ清潔感を与えられるよう、それぞれの身だしなみを整えましょう。 ●服装 初対面の服装に決まりはありませんが、少なくとも清潔感のある服装がいいでしょう。 ビジネスでもプライベートでも、しわや汚れのない服装が最も好印象です。 スーツなら、ブラシでほこりを落とし、きれいにします。 ワイシャツなら、のりが利いたものがいいでしょう。 ビジネスシューズなら、靴磨きで磨いて、ぴかぴかにしておきます。 ●ひげ 男性ならひげに注意です。 残念ながら、無精ひげが好印象を与えることはほとんどありません。 手入れのされていないひげは、不潔でだらしない印象があるため、悪印象を与える原因になります。 特にひげにこだわりがないなら、きちんと剃っておくのが無難です。 ひげにこだわりがあるなら、形を整えて剃っておくのがいいでしょう。 清潔感が伴うスタイリッシュなひげなら、ぎりぎり許容範囲です。 ひげは、顔立ちとの相性もあるため、自己判断では難しい場合があります。 自分で判断しにくいときは、人の意見を取り入れると判断しやすくなります。 ●髪型 髪型は、短髪・長髪にかかわらず、きちんと整えておくようにしましょう。 男性の場合、長髪にこだわりを持つ人もいるでしょう。 長髪がNGというわけではありませんが、初対面では、髪を整えたり縛ったりして、清潔感を意識するのが得策です。 ふけにも注意しましょう。 ふけは、頭皮の新陳代謝によって起こるものであり、すべての人に存在します。 ふけが出やすい体質なら、ふけを抑えるシャンプーが役立ちます。 完璧にふけをなくすのは難しくても、抑える努力が大切です。 ●爪 見落としがちなのは、爪です。 ファッションの1つとして爪を伸ばしたがる人もいるかもしれませんが、注意が必要です。 伸びた爪で好印象を与えるのは難しい。 伸びた爪は、垢がつまっていなくても、それだけで不衛生です。 初対面の好印象を第一に考えるなら、爪は短く切っておくほうが安心です。 ネイルアートを好む女性もいるかもしれませんが、初対面の場では慎重になっておくのがいいでしょう。 ネイルアートを歓迎する人もいますが、そうでない人もいます。 ネイルアートは、地味・派手に関係なく、控えておくのが無難です。 指先が寂しいなら、ネイルアートではなく、マニキュアで済ませるのがいいでしょう。 透明感・清潔感のあるマニキュアなら、悪印象を与えることはありません。 ●体臭 体臭についても忘れてはいけません。 においは目に見えませんが、身だしなみの1つです。 清潔感は、外見の身だしなみだけでなく、においも含めた総合で判断されます。 汗臭いにおいは、不快を与える原因になります。 どんな美男美女も、悪臭が漂うと、幻滅されてしまいます。 香水もNGではありませんが、慎重に扱うのがいいでしょう。 香水の好みには個人差があります。 自分は快に感じる香りでも、相手は不快に感じることが少なくありません。 たとえ香りのよい香水であっても、つけすぎると悪臭に変わります。 少しでも好印象を持ってもらいたいと思っていると、香水をつける量も多くなりがちです。 香水をつけるなら「ほのかに香る」という程度を目安にするといいでしょう。 香水に迷ったらつけないのが無難です。 ●口臭 口臭にも注意が必要です。 相手と話すとき、自分の吐く息が相手の鼻に届きます。 いつの間にか自分の口臭が、相手に不快感を与えることが少なくありません。 特に注意したいのは、食後です。 食後に人と会う予定があるなら、歯磨き粉を使って歯を磨くと安心です。 § 清潔感は「ここさえ整えておけば大丈夫」というものではありません。 清潔感は、総合的に判断されます。 服装・爪・髪型・体臭・口臭など、それぞれのケアを心がけることで、初対面の好印象につながります。 清潔感のある身だしなみを心がける。

9
★1

初対面で好印象を与える話し方は、丁寧な言葉遣い。

初対面で好印象を与えるなら、話し方も大切です。 初対面で好印象を与える話し方は何か。 それは、丁寧な言葉遣いです。 学生言葉や乱暴な言葉は、徹底的に排除しましょう。 相手に対する敬意と尊重を込めて、できるだけ聞き心地のよい言葉遣いを心がけましょう。 丁寧な言葉遣いは、相手の年齢・性別に関係なく、誰と話すときでも心がけたい基本です。 雰囲気は少し堅苦しくなるかもしれません。 たしかに丁寧な言葉遣いでは、形式張った雰囲気が出て、打ち解けるまでに少し時間がかかるかもしれません。 最初からラフな話し方のほうが、早く仲良くなりやすいと考える人もいるでしょう。 相手と仲良くなるために、わざと言葉遣いを崩して、距離感を縮めるテクニックがあるのも事実です。 しかし、少なくとも初対面では、丁寧な言葉遣いを心がけるのが賢明です。 最初から言葉遣いが乱れていると、第一印象がよくありません。 言葉遣いが悪いと、誤解や不快感を与える原因になります。 言葉遣いとはいえ、印象に影響を及ぼす重要な要素です。 言葉遣いは、相手のことを知る手がかりの1つとして判断されます。 乱暴な言葉遣いなら、性格が悪くて、下品で無教養な人だと判断されるでしょう。 丁寧な言葉遣いなら、性格がよくて、品性と教養を兼ね備えた人と思われるでしょう。 言葉遣いは、その人の内面を表す鏡です。 「言葉遣いだけで、自分のすべてを判断されてはたまらない」 そう思うかもしれませんが、残念ながら、言葉遣いで相手を判断する現実があります。 特に初対面では、相手のことを知る手がかりが限られるため、言葉遣いによる影響も大きくなります。 丁寧な言葉遣いを心がけると、丁寧な印象が伝わります。 相手は安心と優しさを感じて心を開きやすくなり、コミュニケーションがスムーズになります。 相手が年上なら、きちんと敬語を使うことも大切です。 丁寧な言葉遣いさえあれば、世代の異なる人とのコミュニケーションもスムーズです。 初対面の場でアルコールが登場しても、乱暴な言葉遣いには注意しましょう。 無礼講はありません。 酔いが回っても、丁寧な言葉遣いを死守しましょう。 たとえ相手の言葉遣いが乱れていたとしても、丁寧な言葉遣いを貫きましょう。 ビジネスだけでなく、プライベートの初対面でも、丁寧な言葉遣いは大切です。 言葉遣いを崩したいなら、ある程度親しくなってからがいいでしょう。 打ち解けて仲良くなるにつれて、少しずつ敬語を取ったり言葉を崩したりします。 信頼関係が構築されていれば、呼び捨てやニックネームで呼んだり、少しくらい言葉が乱れたりしても不快感はありません。 初対面では、相手に関係なく、丁寧な言葉遣いを心がける。

10
★3

自己紹介で相手の名前が分かれば、きちんと覚えて、すぐ使おう。

お互い自己紹介をすると、相手の名前が分かります。 相手の名前が分かったら、それで終わりではありません。 大切なのは、その後です。 自己紹介で相手の名前が分かれば、きちんと覚え、早速会話で使いましょう。 「○○さんはどちらにお住まいですか」 「○○さんは休日、どう過ごされていますか」 「○○さんは話が面白いですね」 会話の中で相手の名前を呼ぶチャンスがあれば、積極的に使っていくことが大切です。 いきなり名前を呼ぶのは失礼ではないかと思うかもしれませんが、誤解です。 あなたが名前が呼ばれたときの場面を思い出してください。 相手から名前を呼ばれると、どきっとして、嬉しく感じたことでしょう。 自分が大切にされ、尊重された気持ちになったはずです。 そして名前を呼んでくれた相手にも好感を持ったはずです。 あなたがそうであるように、相手もそうです。 初対面から相手の名前を呼ぶのは恥ずかしく感じるかもしれませんが、勇気を出しましょう。 誰でも自分の名前を呼んでもらえると、嬉しくなります。 相手の名前を呼ぶと、心理的距離を縮める効果があります。 個人として尊重され、大切にされていると感じるため、安心感が湧きます。 不思議と親近感が湧いて、心のガードが下がります。 そして自分を尊重してくれる相手にも好印象を持つのです。 照れくさい気持ちもあるかもしれませんが、最初だけです。 何度か名前を呼んでいるうちに慣れていくでしょう。 何度も声に出して名前を呼ぶことで、名前をしっかり覚えることができます。 もしニックネームの紹介もあれば、早速ニックネームを使うといいでしょう。 相手からわざわざニックネームの紹介があるのは「ぜひ、そう呼んでほしい」という意思表示です。 せっかくニックネームの紹介があったなら、いきなりニックネームを使っても失礼には当たりません。 相手の期待に応え、どんどんニックネームで呼びましょう。 あなたが積極的に相手の名前を呼ぶと、相手もあなたの名前を積極的に呼んでくれるでしょう。 名前を呼べば呼ぶほど心のガードが下がり、一気に相手との距離が縮まります。 初対面にもかかわらず、親近感が湧いて、親しい雰囲気が出るでしょう。 初対面の好印象を上げるのは簡単です。 仲良くなるチャンスは、相手の名前にあります。 自己紹介で相手の名前が分かれば、きちんと覚えて、すぐ使いましょう。 相手の名前が分かれば、きちんと覚えて、すぐ使う。

11
★3

会うことに時間を割いてくれたお礼を言おう。
相手の時間を尊重して、しすぎることはない。

初対面で会うとき、冒頭で伝えたい一言があります。 それは、時間を割いてくださったことのお礼です。 もちろんプライベートやカジュアルな場面なら、特に必要ありません。 プライベートで堅苦しいやりとりがあると、余計に緊張してしまいます。 交流会やパーティーなど、カジュアルに出会う場面なら、そのまま普通に挨拶や自己紹介をすればいいでしょう。 しかし、ビジネスのようなフォーマルな場面では配慮が必要です。 時は金なり。 1分1秒でも、お金のように貴重です。 お互い時間を合わせて会う場面なら、初対面の冒頭でお礼を伝えましょう。 「本日はお時間を作っていただき、ありがとうございます」 「お忙しい中、お時間を割いていただき、ありがとうございます」 そうすれば、初対面の冒頭、気持ちのいいお礼から始めることができます。 にこにこした笑顔で感謝を伝えれば、ますます好印象です。 相手にとっても「尊重されている」と分かるので、気分もよいはずです。 「時間を大切にしている人なのだな」と、高く評価してくれるでしょう。 ビジネスの初対面では、必須の挨拶です。 ここで注意したいのは「あくまで感謝を伝える」というポイントです。 人によっては謝罪が口癖の人もいるでしょう。 うっかり謝罪を使った言い方をすると、ぎこちない雰囲気が出てしまいます。 「時間を作っていただいてすみません」 「お忙しい中、お邪魔をしてしまい、申し訳ございません」 謝罪から始まる挨拶も悪くありませんが、少し暗い雰囲気が漂います。 初対面の冒頭を謝罪から始めることになると、第一印象の好感を妨げる原因になります。 初対面の好印象を考えるなら、やはり感謝を伝えるのがスマートです。 感謝は、温かい心を伝えられ、コミュニケーションを円滑にする作用があります。 たとえ相手が時間に余裕のある人だとしても、お礼を伝える対応は同じです。 相手が時間に余裕のある人だとしても、時間を割いてくださったことは事実。 初対面で好印象を与えるには、相手を「快」の気持ちにさせることが大切ですから、きちんと感謝を伝えましょう。 さて、冒頭でお礼を伝えたら、それで終わりではありません。 別れ際にも、もう一度お礼を伝えましょう。 「本日は、時間を作っていただき、ありがとうございました」 「お忙しい中、お時間を割いていただき、ありがとうございました」 打ち合わせで不穏な空気が流れたとしても、別れ際だけはお礼で締めくくりましょう。 初対面の冒頭と別れ際をお礼で締めくくることができれば、心地よい余韻が残り、好印象につながります。 相手の時間を尊重して、しすぎることはないのです。 会うために、わざわざ時間を割いてくださったお礼を伝える。

12
★1

相手の目を見て話すのは、コミュニケーションの基本。
恥ずかしくても、相手の目を見て話そう。

初対面では、きちんと相手の目を見て話しましょう。 初めて会う人なら、照れや緊張があるでしょう。 照れや緊張があれば、抵抗感が出てきて、つい目をそらしがちです。 普段は相手の目を見て話す人でも、初対面では照れや緊張があって、目をそらすこともあるはずです。 相手が憧れの人や尊敬する人なら、照れや緊張もひとしお大きく「目を見て話せない!」という状況もあるはずです。 しかし、いくら恥ずかしいとはいえ、目をそらした話し方はよくありません。 目を見て話すのは、コミュニケーションの基本です。 コミュニケーションの基本ができていないと、さまざまな悪影響があります。 挙動不審な様子が目立ち、相手を不安にさせるでしょう。 「話をしたくないのだろうか」 「隠し事でもあるのであろうか」 「別の用事があるのだろうか」 誤解を招く原因になり、第一印象や好印象を妨げます。 初対面だからこそ、目を見て話すことが大切です。 どんなに明るく楽しい話も、目を見て話さないと、印象が悪くなります。 目をそらしていると、自信がないように見えるため、話も信用されなくなります。 初対面では、どんなに恥ずかしくても、きちんと相手の目を見て話すようにしましょう。 たとえ抵抗感のある相手でも、きちんと目を見て話すことが大切です。 明るく楽しい話がなくても好印象は可能ですが、目を見て話さないと好印象は不可能です。 そのくらい目を見て話すのは大事ということです。 目を見て話すと、発する言葉もしっかり相手に伝わります。 自信のある雰囲気も出るため、話も信用してもらいやすくなります。 目は、口で話すのと同じくらい気持ちを表現する力があります。 そして、相手の心を捉える力があるのです。 初対面では、どんなに恥ずかしくても、きちんと相手の目を見て話す。

13
★0

相槌と好印象は、密接なつながりがある。

初対面で好印象を与えるポイントの1つ。 それは、相槌です。 会話で相槌を心がけていますか。 じっとしたまま無反応で話を聞くだけでは、相手を不安にさせるでしょう。 同意や納得のサインが伝わりにくくなり、会話が噛み合っていないような、不自然な雰囲気になります。 そこで必要なのが、相槌です。 相槌とは、相手の話の途中で、うなずいたり短い言葉を入れたりすることをいいます。 普段の会話でも大切なポイントですが、初対面でも欠かせない好印象のポイントです。 首を縦に振ってうなずくと、同意・納得の気持ちを表せます。 うなずきは「理解しています」「肯定しています」「話を続けてください」というサインです。 「楽しい」「面白い」「心地よい」といったポジティブなメッセージも伝えられます。 相槌といえば、首を縦に振るうなずきを思い浮かべますが、それだけではありません。 相槌の種類はほかにもたくさんあります。 「なるほど」 「へえ」 「ごもっともです」 「そうなのですね」 「私も同感です」 「いいですね」 「おっしゃるとおりです」 話の流れを妨げないよう、上手に調子を合わせましょう。 さまざまな相槌を織り交ぜると、ますます会話が豊かになります。 相槌と好印象は、密接なつながりがあります。 「好印象は、相槌の回数と比例する」と言っても過言ではありません。 相槌を心がけると、相手は気分がよくなって、ますます話がしたくなります。 会話のキャッチボールがスムーズになるため、どんどん話が盛り上がるのです。 特に初対面は、第一印象につながる場面です。 好印象を与えるためにも、相槌をしっかり心がけておきましょう。 うなずくとき、首を縦に小さく振るのではなく、大きく振ります。 相槌が少し大げさであっても、不自然ではありません。 「しっかり話を聞いてくれる人だ」「理解力のある人だ」といったポジティブな印象を持ってもらえるでしょう。 きちんと相槌を打てば、初対面の緊張を和らげ、好印象につながります。 相槌は、会話を豊かにするカンフル剤。 コミュニケーションを活性化させる作用があります。 小さな相槌であっても、会話を豊かにする効果は絶大なのです。 きちんと相槌を打ちながら話をする。

14
★1

初対面でいきなり暗い話をしない。

初対面では、どんな話をするかが大切です。 初対面は、第一印象に深く関わる場面。 第一印象は、見た目だけでなく、話の内容も関係します。 どれだけ見た目が整っていて素晴らしくても、話の内容が悪ければ、悪印象につながります。 まず注意したいのは、暗い話です。 初対面でいきなり暗い話をするのは控えたほうがいいでしょう。 たとえば、噂話・苦労話・不幸話です。 仕事の不平不満、人の愚痴や悪口も注意が必要です。 ネガティブな印象が伴う話は、すべてNGです。 暗い話をすると、相手を不安で重たい気持ちにさせるため、第一印象が悪くなります。 「この人は何だか雰囲気が暗いな」 「一緒にいるだけで疲れそう」 「あまり深く関わると、面倒が増えそう」 さまざまな誤解を招き、好印象を妨げます。 たとえ普段は明るくても、うっかり暗い話をしたばかりにネガティブな印象がついてしまいます。 初対面でいきなり暗い話して喜ぶ人は、ほとんどいません。 暗い話をしたくても、喉のところでぐっと我慢するのがいいでしょう。 自分にとって話しやすい話題だとしても、やはり初対面では印象を第一に考えるのが得策です。 よかれと思って話した内容が、思わぬ悪印象を招き、貴重な出会いを台無しにすることがあるのです。 もちろん絶対暗い話をしてはいけないわけではなく、初対面に限った場合です。 何度か会って親しくなれば、暗い話もプライベートな話題の1つとして話すといいでしょう。 では、初対面ではどんな話が適切なのか。 初対面では、明るい話が最適です。 楽しい話、面白い話、前向きな話。 嬉しい出来事、面白い出来事、幸せな出来事。 自慢話や武勇伝を除き、ポジティブな印象が伴う話なら、おおむねOKです。 明るい話をすると、相手を明るい気持ちにさせます。 「この人には楽しそうでいいな」 「明るい雰囲気があって心地よい」 「一緒にいるだけで、こちらまで幸せになりそう」 爽やかで誠実な印象を持ってもらえるでしょう。 身の上話をするにしても、暗い話はできるだけ避けておくのが賢明です。 どうしても暗い話をする必要があるなら、にこにこしながら暗い話をしましょう。 たとえば、失敗談を話すなら、楽しそうに話します。 そうすれば、暗い話であっても明るい雰囲気が漂うため、第一印象を妨げずに済みます。 初対面の第一印象は、1回しかありません。 最初の印象を後から挽回するのは、不可能ではありませんが、手間暇がかかります。 第一印象は、大切にしてしすぎることはありません。 できるだけ明るい話ができるよう、初対面の話題の選択には注意しましょう。 初対面では、できるだけ明るい話をする。

15
★1

初対面で相手の粗探しをするのは、マナー違反。

初対面で注意したいのは、粗探しです。 粗探しとは、わざわざ人の欠点や過失を探し出すことをいいます。 粗探しをする人は、相手に何か悪いところはないか探し出そうとします。 悪いところが見つかれば、指摘してけなしたり見下したりします。 悪意があってしているのではなく、癖になって行われているのが一般的です。 本人に粗探しの癖の自覚がある場合もあれば、ない場合もあり、人によって異なります。 もちろん明らかに悪いところが目立つ人もいるでしょう。 乱暴な言動・不快な身だしなみが目立っていれば、印象が悪くなるのも当然です。 粗探しをするまでもなく、明らかな悪印象がある場合があるのもたしかです。 しかし、最初から無条件に粗探しをするのはよくありません。 「悪いところがあるのだから仕方ない」という考え方には、注意が必要です。 人は誰でも欠点があります。 完全無欠の人は1人もいません。 どんな人でも何らかの短所や欠点があり、それと向き合いながら生きています。 そのため、粗探しをすれば、誰にでも何らかの短所や欠点が見つかるでしょう。 粗探しの行為は、貴重な初対面をわざわざ悪印象に変えようとしているようなもの。 粗探しをしてしまうと、どんな人との出会いも悪くなります。 「粗探しは性格だから仕方ない」と思うかもしれませんが、諦めるのはよくありません。 「直らない」と思っているから直りません。 たとえ性格だとしても、意識をすれば、改善できる性格です。 少なくとも程度を下げるくらいはできるでしょう。 粗探しは弊害ばかりで、いいことはありません。 どんなに素晴らしい初対面も台無しになります。 手間や時間がかかったとしても、改善したほうがいいでしょう。 特に粗探しが癖になっている人は要注意です。 無意識のうちに粗探しをすると、どんな初対面も印象が悪くなります。 自分でも気づかないうちに、素晴らしい出会いを逃している可能性があります。 粗探しをする癖は、ビジネスでもプライベートでも悪影響を及ぼします。 心当たりのある人は、意識的に改善したほうがいいでしょう。 初対面では、相手の悪いところより、よいところを探すようにしましょう。 どんな人にも短所や欠点があるように、どんな人にも長所や美点があります。 「この人は、ここが素晴らしい」 「この人には、こんな魅力があるのか」 よいところが必ず1つはあるはずです。 相手のよいところが見つかれば、褒めるチャンスにもなります。 人は、褒めてくれる人に好印象を持ちます。 ますます初対面が素晴らしくなるのです。 初対面で相手の粗探しをしない。

16
★2

人は、褒めてくれる人に好印象を持つ。

初対面で好印象を与えるテクニックの1つ。 それは、褒めることです。 人は、褒めてくれる人に好印象を持ちます。 初対面で相手と接していると、ふと長所や美点に気づくことがあるでしょう。 素晴らしい点が見つかれば、すかさず褒めましょう。 「すごいですね」 「きれいですね」 「かっこいいですね」 「スマートですね」 「素晴らしいですね」 初対面なので、相手について分かる範囲は限られますが、素晴らしく点が1つくらいはあるでしょう。 たとえば、相手が立派な国家資格の保持者なら「努力家ですね」「独立できますね」という褒め方ができるでしょう。 積極的に褒めるところを見つけに行く姿勢が大切です。 「何か褒めるところはないだろうか」と思いながら話していると、観察力が高まって素晴らしい点を発見しやすくなります。 「素晴らしいところがないと褒めることができない」と思っているなら誤解です。 褒めることは、大きなことばかりではありません。 小さなことでもいいのです。 褒めるところがないように思えても、着眼点を工夫すれば、褒めるところが見つかります。 たとえば「どちらにお住まいですか」と聞く場面があるとします。 相手が利便性のよい場所に住んでいると分かれば「いいところにお住まいですね。羨ましい!」という褒め方ができるでしょう。 「どんな趣味ですか」と聞く場面があるとします。 「趣味は裁縫です」という答えが返ってくれば「手先が器用なのですね」という褒め方ができるでしょう。 たとえネガティブなことでも、発想と表現を工夫すれば、上手に褒めることが可能です。 相手が、休日出勤の多い仕事をしている話が出たとします。 「ひどい環境ですね」とけなすのではありません。 「体力があるのですね」「頼りにされているのですね」「お仕事が熱心ですね」という言い方ができるでしょう。 相手から最近失恋をした話が出たとします。 「残念ですね」「もったいない」と同情するのではありません。 「自由が手に入りましたね」「もっといい人が見つかる前触れですね」という言い方ができるでしょう。 明るい未来を感じさせる言い方をすれば、快く受け入れてもらえるはずです。 褒める対象は何でもかまいません。 能力、個性、実績、趣味、住まい、価値観、考え方、生き方。 あらゆることが褒める対象です。 褒めると、相手は嬉しくなってくれます。 褒め言葉を通して相手は承認欲求を満たせるので、あなたに好印象を持つでしょう。 褒めることができるなら、小さなことでもかまいません。 むしろ小さなことのほうが、褒めるのにうってつけです。 相手は「小さなところまで見てくれている」と分かるので、ますます好印象につながります。 褒める習慣は、相手を楽しませる習慣です。 少しでも魅力的なポイントが見つかれば、どんどん褒めていきましょう。 褒める習慣があれば、相手のよいところを探すのも習慣になります。 褒める習慣があれば、初対面の相手と会うのが、ますます楽しみになるでしょう。 「どんな長所がある人なのだろうか」とわくわくすれば、初対面を楽しくできます。 初対面は、褒め言葉から始めるのが最も好印象なのです。 初対面では、まず褒める。

17
★2

初対面で好印象を与えるコツは、自己開示の法則にある。

初対面で好印象を与えるコツの1つ。 それは、積極的な自己開示です。 自己開示とは「心を開いて、個人的な話を打ち明けること」をいいます。 「初対面から、自分の話をするのは抵抗がある」 「聞かれてもいないのに自分の話をするのが下品」 「会ったばかりの人に、いきなりプライベートな話をしたくない」 たしかに初対面から、自分のことを話すのに抵抗を感じる人もいるでしょう。 むしろそれは普通の感覚です。 すべての人には、防御本能があります。 まだ相手のことをよく知らない段階で、プライベートな話を打ち明けるのは、誰でも抵抗があって当然です。 「相手が個人的な話をしてきたら、自分も少しずつ個人的な話をしていこう」と様子見する人も多いでしょう。 初対面では万一を考え、個人的な話は控えようと考える人も多いのではないでしょうか。 しかし、心を閉じたままでは、初対面で好印象をアピールするのが難しくなります。 心を閉じていると、消極的な姿勢になってしまいます。 自分の情報を秘密にしていると、アピールが不足して、自分のことが正しく理解されません。 あなたが心を閉じていると、相手も心を閉じたままになるでしょう。 自分が秘密主義を貫いていると、相手も秘密主義になります。 何度か会ってゆっくり自己開示していくのもいいですが、初対面は最初の1回しかありません。 初対面で心を閉じていると、悪印象につながり、再び会うチャンスを失うかもしれません。 ここで大切になるのが「自己開示」です。 自分から積極的にプライベートを打ち明けていきましょう。 たとえば、仕事・趣味・家族構成です。 積極的に自己開示をすることで、オープンな雰囲気が漂い、相手と心の距離を縮めることができます。 相手は、こう思うでしょう。 「自分のことを打ち明けてくれた。私も個人的な話を打ち明けてみようかな」と。 自分から心を開くことで、相手は心のガードが下がり、心を開きやすくなるのです。 これを心理学では「自己開示の法則」と呼びます。 自分がオープンになっていると、相手も影響を受けてオープンになるのです。 相手に心を開いてもらいたいなら、まず自分の心から開いていきましょう。 もちろん最初から何でもあけすけに話すわけではありません。 いきなり重大なプライベートを打ち明けるのはインパクトが強すぎます。 過去のトラウマや人に知られたくないは、もちろん秘密のままでもOKです。 あくまで差し支えない程度のプライベートを、少しずつ打ち明けていくといいでしょう。 たとえば、趣味・出身地・家族構成といった情報なら、普通に話しても問題ないでしょう。 仲良くなるにつれて自己開示をしていくのもいいですが、初対面は1回かぎりです。 むしろ初対面だからこそ、積極的に自己開示をしたい。 最初に好印象を与えるからこそ仲良くなれ、再び会うチャンスに恵まれ、親しい人間関係に発展できます。 初対面で好印象を与えるコツは、自己開示の法則にあるのです。 自己開示をして、プライベートな話をしていく。

18
★1

下品なネタは、悪印象につながる。
知的なユーモアは、好印象につながる。

初対面では、話題の選択に注意しましょう。 「相手を面白い話で楽しませたい」と思うのはいいのです。 面白い話をすれば、相手を楽しませることができるでしょう。 サービス精神にあふれていると、相手にも伝わります。 しかし、相手を楽しませるとはいえ、どんな話題でもよいわけではありません。 相手を笑わせることができても、悪印象やマイナスイメージにつながる話題には要注意です。 初対面で注意したいのは「下品なネタ」です。 汚くて、卑しくて、不快感が伴う下品なネタは、内容にかかわらず不適切です。 たとえば、下ネタです。 初対面から下品なネタを話すと、いくら笑える内容でも、悪印象につながります。 下ネタを好む人もいますが、好まない人もいます。 自分が楽しく感じても、相手は不快を感じることもあるでしょう。 下ネタを話して、相手が楽しそうに笑っていても「楽しんでいる」と判断するのは早計です。 表向きは笑っていても、相手は心の中で「気持ち悪い」と感じていることが少なくありません。 心の中は不快感・嫌悪感が渦巻いていて、吐き気を我慢しているかもしれません。 相手を楽しませたい気持ちは大切ですが、初対面から下品なネタでは悪印象につながります。 自分の得意なネタが下ネタであっても、控えておくのが賢明です。 初対面では「下品なネタ」ではなく「知的なユーモア」を心がけましょう。 知性と教養にあふれるしゃれは、場を和ませ、リラックスさせる力があります。 知的なユーモアは、大笑いをするほど面白くないかもしれませんが、それでもいいのです。 くすくす小さく笑う程度であっても、好印象は抜群です。 爽やかで、心を軽くさせる印象があります。 たとえば、相手が「最近しわが増えてしまった」と嘆いてきたとします。 「笑顔の多い生活を送っている証拠ですよ」と言えば、ポジティブが伝わり、くすっと笑ってしまうでしょう。 相手が博識な人だとします。 「歩く図書館みたいですね」と言えば、頭に面白いイメージが浮かんで、自然と笑みがこぼれるでしょう。 相手が不運に見舞われて、嘆いていたとします。 「厄払いですよ。次はいいことがありますよ」と言えば、相手は笑顔になってくれるはずです。 知的なユーモアなら、少しくらいスベっても大丈夫です。 少なくとも「楽しませたい」という気持ちは伝わるので、好印象につながります。 頭の回転だけでなく、知識と教養も必要ですが、どうか諦めないで挑戦してみてください。 場数を増やしていけば、だんだん身につくようになります。 メディアで活躍する芸人や司会者の話し方を参考にしてみるのもおすすめです。 芸人や司会者の洗練された話し方から学ぶことは多いはずです。 知的なユーモアを心がけると「面白い」だけでなく「賢い」「博識」「視野が広い」といった印象も伝わります。 知的なユーモアは、好印象につながるのです。 下品なネタは控える。 知的なユーモアを心がける。

19
★0

共通点は、相手と仲良くなるためにある。

初対面で好印象を与えるなら「あること」を探してください。 それは、共通点です。 挨拶と自己紹介を済ませ、雑談を楽しんでいると、ふと共通点が見つかることがあります。 共通点はさまざまです。 ・名字が同じ ・名前が同じ ・年齢が同じ ・誕生月が同じ ・血液型が同じ ・出身地が同じ ・出身校が同じ ・職種が同じ ・趣味が同じ ・ペットが同じ 「笑いのツボが同じ」といった感性的なことでもいいでしょう。 共通点が見つかれば、仲良くなったも同然です。 にこにこしながら「同じですね」と言いましょう。 共通点は、心理的な距離を縮め、心のガードを下げる働きがあります。 自然と親近感が湧き、仲間意識が生まれます。 共通点は、自然と見つかることもありますが、受け身に姿勢では不十分です。 大切なのは、積極的に見つけていく姿勢です。 「どこかに共通するところはないだろうか」と思って探すほうが、注意力が高まって、共通点が見つかりやすくなります。 共通点の上手な探し方は「幅を広げること」にあります。 完全に同じではなくてかまいません。 大体同じならいいのです。 たとえば、誕生日がぴったり同じでなくても、誕生月が同じなら、共通点になります。 出身地が、市町村まで同じでなくても、同じ県ならやはり共通点になります。 年齢が同じでなくても、世代が同じなら、共通点の1つとしてカウントしてもいいでしょう。 幅を広げると、共通点はたくさん見つかるでしょう。 「きっとどこかに共通点がある」と信じて探すと、観察力がアップして、ますます見つかりやすくなります。 共通点が1つ見つかっても、満足するには早すぎます。 会話をしながら、引き続き2つ目・3つ目の共通点を探していきましょう。 共通点は、少なくて困ることはあっても、多すぎて困ることはありません。 初対面であっても、共通点をたくさん見つけることは可能です。 むしろ初対面だからこそ、積極的に共通点を探す姿勢が大切です。 共通点がたくさん見つかるほど、好印象もアップします。 共通点がたくさん見つかると「運命的な何か」を感じ、見えないつながりを意識するでしょう。 宝探しの感覚で、わくわくしながら共通点を探しましょう。 共通点が見つかると、自然と親近感と仲間意識が湧き、好印象につながります。 共通点は、相手と仲良くなるためにあるのです。 積極的に共通点を探す。

20
★1

姿勢の良しあしは、第一印象や好印象に直結する。

初対面で好印象を与えるには、姿勢も要チェックです。 いつの間にか姿勢が悪くなっていませんか。 清潔感や話す内容ばかり注意が向いて、姿勢がおろそかになっていませんか。 携帯電話が普及した影響で、前かがみの姿勢の人が増えています。 「姿勢くらいいいではないか」と思うかもしれませんが、油断は禁物です。 たしかに姿勢は、身だしなみではありません。 不潔な印象を与えるわけでもなければ、不快感を与えるわけでもありません。 しかし、姿勢はその人の印象を決める重要なポイントです。 姿勢が悪いと、自然とだらしない印象を与えてしまいます。 猫背を見て、好印象を受ける人はいません。 曲がった背筋からは「だるい」「疲れている」「元気がない」といったネガティブな雰囲気が漂います。 背筋が曲がっていると、心まで曲がっているように見えるでしょう。 せっかく笑顔で明るい会話ができても、姿勢が悪いと台無しです。 悪気がなくても、姿勢が悪いだけで、思わぬ誤解を招く恐れがあるのです。 きれいな姿勢を意識しましょう。 きれいな姿勢は、普段の生活でも大切なポイントですが、特に初対面は重要です。 初対面は、相手の外見から印象を決めるため、姿勢の良しあしは、第一印象や好印象に直結します。 前を向き、垂直に背筋をぴんと伸ばしましょう。 きれいな姿勢になると、シルエットが美しくなります。 きれいに伸びた背筋からは、知性と品性が感じられます。 少し顎を引くと、きゅっと表情が引き締まり、知的な印象もアップします。 座って話をするなら、椅子の背もたれに寄りかかるのは注意したほうがいいでしょう。 椅子の背もたれに寄りかかると、体が後ろに傾くため、どうしても姿勢が悪くなります。 寄りかかるのが悪いわけではありませんが、初対面から堂々と背もたれに寄りかかっていると、好印象を妨げることがあります。 リラックスしたくても、せめて初対面の場面なら、椅子の背もたれに寄りかからず、少し前かがみの姿勢がいいでしょう。 姿勢も大切な外見の1つです。 姿勢は身だしなみではありませんが、身だしなみと同じくらい外見の印象に影響を与えます。 背筋を伸ばしていると、疲れやすく感じるかもしれませんが、誤解です。 最初のうちだけです。 きちんと垂直に背筋を伸ばせば、体の重心が中央になり、筋肉に入れる力が小さくて済むので、かえって楽になります。 特に普段から姿勢が悪い人は、普段からきれいな姿勢を意識して習慣にしておきましょう。 きれいな姿勢の心がけに時間は不要です。 今すぐ意識をすれば、今すぐ実現できます。 あなたのきれいな姿勢が、好印象がにじみ出るのです。 顎を引き、背筋をぴんと伸ばして、きれいな姿勢を意識する。

21
★0

ずけずけデリケートな質問をするのは、いきなり土足で相手の心に踏み込んでいるようなもの。

初対面では、デリケートな質問には注意しましょう。 たとえば、持病、年収、家族問題などです。 どれも、極めてプライベートな内容です。 相手についてもっと詳しく知りたいと思ったら、デリケートな質問をすることになるでしょう。 もちろん自然な会話の流れがあるなら、まだいいのです。 雑談をしながら、持病で悩んでいる話になったら、自然な会話の流れで質問してみてもいいでしょう。 会話の流れがあるなら、不自然な感じはありません。 個人情報を含んだ質問とはいえ、あくまで自然な聞き方なので、相手も答えやすいはずです。 しかし、会話の流れもなく、ずけずけした聞き方をするのはよくありません。 相手の詳しいプライベートを知りたい気持ちがあったとしても、詮索するような聞き方はNGです。 「どんな持病なのですか」 「医療費はどのくらいかかっているのですか」 「年収はどのくらいですか」 「なぜ会社を解雇されたのですか」 「どうして離婚したのですか」 「慰謝料はどうなったのですか」 興味関心があるとはいえ、遠慮のない聞き方をすれば、警察の尋問のような雰囲気になるでしょう。 話の流れで相手から打ち明けるならいいですが、こちらから無理に聞き出そうとするのはNGです。 相手は不快感を覚え「デリカシーがない人」という印象を持つでしょう。 ずけずけデリケートな質問をするのは、いきなり土足で相手の心に踏み込んでいるようなもの。 気にしない人もいますが、気にする人もいます。 相手を悲しませたり怒らせたりする可能性もゼロではありません。 デリケートな質問として見落としがちなのは、年齢です。 「年齢を聞くくらいいいだろう」と思うかもしれませんが、女性なら気にする人も多いでしょう。 たとえ男性であっても、年齢を答えにくく感じる人もいるはずです。 初対面は第一印象につながる場面です。 相手から話してくるならいいですが、こちらから無理に聞き出すのはマナー違反です。 自然な会話の流れがあるわけでもないのに、しつこく聞き出すのは悪印象につながります。 興味関心があっても、初対面では質問を控えておくことも大切です。 もしくは、自然なタイミングが来るまで聞かないでおくのがマナーです。 デリケートな質問は、内容にかかわらず、十分注意しておく必要があるのです。 もしデリケートな質問をするなら、ある程度打ち解けてからがいいでしょう。 何度か会って会話を交わし、お互い親しくなった後なら、デリケートな質問にも快く答えてくれるでしょう。 むしろ個人的な話を打ち明けることは、さらに仲を深めるきっかけになります。 初対面から、ずけずけデリケートな質問をしない。

22
★0

弱みは、隠すより見せたほうが、好印象につながる。

初対面で好印象を与えるなら、弱みを見せるのが効果的です。 あなたの短所や欠点、苦手や不得意は何ですか。 弱みがあれば、さりげなく紹介してみましょう。 初対面で重大な弱みを見せるのは、抵抗を感じる人も多いでしょう。 もちろん弱みを見せるとはいえ、重大な弱点をさらけ出すわけではありません。 抵抗感が大きいのは普通の感覚です。 きちんと秘密を守ってくれる人なのか、まだ分かりません。 まだ信頼関係がない段階で重大な弱みをさらけ出すのは、リスクがあります。 弱みを見せるとはいえ、大きなことではなく、小さなことでいいのです。 自分から心のガードを外し、心をオープンにして、何らかの弱みを紹介してみましょう。 たとえば、自己紹介で出身地の話になったとします。 「私はミカンで有名な愛媛県出身ですが、実はミカンが苦手です」 弱みを見せるとはいえ、苦手な食べ物を紹介するくらいなら、たやすいでしょう。 出身地に交えてさりげなく弱みを見ると、相手はくすくす笑ってくれるに違いありません。 相手から「体格がいいですね」と褒められたとします。 「ありがとうございます。でも実はこう見えて、臆病者です」 どっと笑いが生まれ、場が和むに違いありません。 自分の弱みを見せたとしても、悪い気はしないはずです。 意外なギャップもあって、親近感も湧くでしょう。 楽しく明るい雰囲気が出て、もっと話がしたくなります。 「弱い人だと思われそう」「印象が悪くなりそう」などの不安を持つかもしれませんが、誤解です。 完璧な人間は1人もいません。 人間なら、1つや2つ、弱みがあるのは普通のこと。 弱みを見せても、けなす人はいないでしょう。 自分から弱みを見せていくことで、親近感が湧いて、相手を安心させることができます。 結果として、好印象につながっていくのです。 弱みを打ち明けることで、相手は心のガードが下がり、話しやすくなります。 心が和んで、相手も何らかの弱みを話しやすくなるでしょう。 初対面で好印象を与えるなら、さりげなく弱みを見せましょう。 自己紹介に交えてみるのもよし。 雑談中にさりげなく話してみるのもよし。 あなたの弱みは、初対面で好印象を与える武器になります。 弱みは、隠すより見せたほうが、好印象につながるのです。 弱みは、隠すより見せて、親近感を持ってもらう。

23
★2

好意を持たれようとぺらぺら話しすぎない。
初対面では、話すより聞くほうが大切。

初対面では、話しすぎに注意しましょう。 もちろん普通に話すならいいのです。 挨拶や自己紹介をしたり雑談を楽しんだりするくらいなら、何の問題ありません。 むしろ初対面で好印象を与えるためには大切なことでしょう。 自分の素性を明かすことで、相手にあなたのことが伝わります。 出身地の話、家族の話、性格の話、趣味の話、仕事の話。 たくさん話をすれば、自分のことがよく伝わり、好感を持ってもらえるだろうと思う。 しかし、初対面でたくさん話すのはよくても、話してばかりではよくありません。 初対面で好印象を与えたい気持ちが強いと、話しすぎる傾向があります。 「自分をよく知ってもらいたい」と思えば、口数も増えるでしょう。 「たくさん話をして相手を楽しませたい」と思うと、早口になるでしょう。 自分だけがぺらぺら話していると、相手は聞いてばかりになる。 これでは一方的なコミュニケーションです。 相手に聞かれて話すならまだいいですが、聞かれてもいないのに、延々とぺらぺら話し続けるのはよくありません。 会話はキャッチボールが基本です。 自分ばかり話していると、コミュニケーションが偏り、お互いの理解もアンバランスになります。 話している自分は爽快かもしれませんが、相手は延々と続く話に圧倒され、ストレスを感じるでしょう。 自分の話ばかりで、相手の話を聞くのがおろそかになります。 一方的な話し方は、不快感を与える原因になるでしょう。 さて、話すことと聞くことをバランスよく心がけるのも悪くありませんが、ここに工夫の余地があります。 初対面で好印象を与えたいなら、聞くことに重点を置くのが得策です。 もちろん自分の話もしますが、それ以上に聞くことを重視しましょう。 話すことと聞くことの割合としては「3対7」もしくは「2対8」がいいでしょう。 相手にたくさん話をしてもらい、しっかり聞くようにします。 相手の話を折らず、最後までじっくり聞くようにしましょう。 自分の話は控えめにして、とことん聞くようにするとスマートです。 しっかり話を聞くことで、相手は「理解されている」と感じ、心のガードが取り払われます。 相手の話をたくさん聞くと、相手は満足してくれ、あなたに好感を持つでしょう。 「話をして心地よかった」 「とても楽しい時間だった」 「また会って話がしたい」 そう思ってくれるに違いありません。 しっかり話を聞くことで、相手を喜ばせることができ、好印象につながります。 初対面では、ぺらぺら話しすぎないように注意する。 話すより聞くことを意識する。

24
★1

失礼なことがあっても、表に出さず、受け流すのが一番。

初対面で、相手に失礼なことを言われることがあります。 相手も悪気があるとは限りません。 うっかりコンプレックスを刺激してしまうこともあるでしょう。 たまたま触れてはいけない話題に触れてしまうこともあるでしょう。 まだお互いを理解し合っていない段階ではよくあることです。 さて、失礼なことがあったとき、どう対処するか。 ここは、初対面の印象を決める大切なポイントです。 普通にリアクションをするなら、むっとした表情や態度を返す人が多いでしょう。 不快なことをされたら、正直な反応を見せるのが普通です。 しかし、露骨に不機嫌な様子を見せると、初対面の雰囲気が悪くなります。 ぴりぴりした空気が流れ、ぎくしゃくした雰囲気が漂うでしょう。 せっかくの初対面が台無しになってしまいます。 こうした場面では、あまり深く受け止めず、受け流すのが賢明です。 心の耐久力を上げましょう。 相手の言動で不快を感じても、不快感を表に出さない配慮が大切です。 たとえば、初対面の相手から「変わった声をしていますね」と言われたとします。 相手は褒めたつもりであっても、自分としては嫌いなコンプレックスの1つで、不快を感じることもあるでしょう。 コンプレックスを刺激されると、心の中でネガティブな感情が生まれます。 一瞬むっとするかもしれませんが、表情を出すのはよくありません。 むっとした表情は、一瞬でも相手に伝わります。 「しまった。余計なことを言ってしまった」と相手を困らせると、雰囲気が悪くなります。 こういうときは、にこにこしながら「そうなんですよ」と当たり障りのない返事をするのがいいでしょう。 本当は気にしていても、気にしていないふりをします。 もしくは、笑顔で「そこはあまり触れないでくださいよ」と言えば、穏便に嫌がっていることをアピールできるでしょう。 にこにこしながらさらりと受け流せば、和やかな雰囲気が保てます。 初対面の人から「まだまだ未熟者だね」と言われ、見下されたとします。 見下されると誰でも不快です。 いらいらしてストレスを感じますが、やはり表に出さないのがいいでしょう。 むやみに盾突くと、初対面が台無しです。 「たしかにそうですね」「これからも精進します」など、謙虚なリアクションでその場をしのぐのが無難です。 失礼なこともさらりと受け流してしまえば、初対面の好印象を妨げずに済みます。 特に感情が表情や態度に出やすい人は要注意です。 ストレスを感じたとしても、寛大な心で対処しようではありませんか。 重大な失礼があれば別ですが、ささいな失礼なら、笑って吹き飛ばすのがいいでしょう。 失礼なことがあっても、表に出さず、受け流すのが一番です。 失礼なことがあっても、あまり気にせず、にこにこしながら受け流す。

25
★0

外見に気になる部分があっても、じろじろ見るのは失礼。

相手の外見に、気になる部分を見つけることがあります。 たとえば、薄毛や傷痕などです。 同じ人間であっても、外見の特徴はさまざまです。 先天性のものもあれば、後天性のものもあります。 相手の外見に気になる部分があると、好奇心や興味関心が湧いて見たくなるでしょう。 ちらっと見るくらいならまだいいのです。 外見に少し変わった特徴があれば、気になる気持ちが湧くのは自然の範囲。 気になって一瞬ちらっと見るくらいなら、子供だけでなく、大人でも普通にあります。 しかし、じろじろした見方には注意が必要です。 何度も繰り返し見てしまうと、相手を不快にさせるでしょう。 「気づかれないだろう」と思うかもしれませんが、意外と簡単に気づかれます。 視線の動きから、相手は「見られている」と分かります。 相手は、観察されているように感じて、嫌な気持ちになるでしょう。 物珍しそうな目つきは、失礼な印象を与える原因になります。 小さなことだとしても、相手はコンプレックスになっていることがあります。 自分が興味本位の対象として見られるのは、誰でも不快です。 単なる視線でも相手にストレスを与え、息苦しくさせてしまうでしょう。 たとえ悪意がなくても、じろじろした見方は悪印象につながる恐れがあるのです。 視線は、物言わぬコミュニケーションツールです。 相手の外見に好奇心や興味関心があったとしても、じろじろした見方はマナー違反。 興味本位で見た一瞬の視線が、思わぬ誤解を招き、好印象を妨げになることがあるのです。 相手の外見に気になるところがあっても、きちんと相手の目を見るようにしましょう。 外見に気になるところがあっても、できるだけ見ないようにする配慮が大切です。 視線を外すときも、相手の気になる部分を見るのではなく、普通に横や上をぼんやり見るのがいいでしょう。 相手の外見に気になる部分があっても、じろじろ見ない。

26
★2

横柄な態度は悪印象につながる。
謙虚な態度は好印象につながる。

初対面で最も印象の悪い態度は何か。 それは、横柄な態度です。 にらむような目つき。 偉そうな振る舞い。 見下すような話し方。 残念ながら、横柄な態度が好印象につながることはありません。 横柄な態度は、どんな人にも悪印象。 初対面で横柄な態度を取ると、その態度がその人の本性と思われます。 一気に印象が悪くなり、貴重な出会いを逃すでしょう。 自分のほうが年齢や立場が高くても、横柄な態度には注意したい。 横柄な態度を取るだけで、相手に不快感やストレスを与えることになり、悪印象を招きます。 相手が年下であろうと立場の低い人であろうと、横柄な態度はNGです。 知識をひけらかしたり、急に自慢話を始めたりするのも、要注意です。 過剰なアピールは「下品な自慢」と判断され、悪印象を招く原因になります。 「あの人は感じが悪い」と陰で言われるようになるでしょう。 悪気はなくても、横柄な態度として映り、不本意な誤解を招くのです。 初対面では、謙虚な態度を意識しましょう。 普段から心がけたい態度ですが、初対面ではより大切なポイントです。 物腰の低い態度を心がけましょう。 目立たないように控えめの態度を取るのが得策です。 自慢したいことがあっても、ずけずけ話すのは控え、聞かれたときに答えるようにします。 もしくは、話の流れでさりげなく紹介する程度がいいでしょう。 自然な流れで話すなら、嫌みな感じはなく、不快感はありません。 実力や実績があっても、必要な場合を除き、ひけらかさないようにするのが賢明です。 相手から実力や功績を認められたとき、きちんと感謝は伝えつつも、謙遜したほうがいいでしょう。 「まだまだ未熟者です」 「少し運がよかっただけです」 「これからも精進します」 自分を謙虚に見せると、摩擦もストレスもなく、スムーズです。 謙遜だけでなく、周りへの配慮を加えると好印象です。 「周りの人のおかげです」 「頼りになる先輩のおかげです」 「みなさまの支えのおかげです」 周りへの尊敬と感謝を示すと、ますます好印象につながるのは間違いありません。 謙虚な態度を見せる人には、人徳を感じます。 世の中にいる人格者を見てください。 世の中にいる優れた人格者は、みな謙虚です。 謙虚な人は、好かれることはあっても嫌われることはありません。 横柄な態度には注意しつつ、謙虚な態度を意識しましょう。 横柄な態度には注意しつつ、謙虚な態度を意識する。

27
★0

痩せすぎ・太りすぎは、好印象・第一印象に悪影響。

好印象と第一印象に悪影響を及ぼす体形があります。 それは「痩せすぎ」と「太りすぎ」です。 痩せすぎ・太りすぎを判定する目安は、BMIが標準から外れている場合のことを指します。 「少し痩せている」「少し太っている」という程度なら、まだいいのです。 少し痩せたり太ったりしているくらいなら、普通の範囲です。 むしろ好印象を与える場合すらあります。 少し痩せていると、シルエットが美しくなり、スリムな印象につながるでしょう。 少し太っていると、温厚で柔和な印象につながるでしょう。 少し痩せたり太ったりした体形は、健康の許容範囲であり、まったく問題ありません。 しかし、体形が大幅に乱れているなら注意が必要です。 痩せすぎ・太りすぎの体形に好印象を持つ人は少ないでしょう。 骨が浮き出るほど痩せこけていたり、脂肪が目立つほど太っていたりすると、初対面の相手を驚かせるはずです。 外見で差別するわけではありませんが、だからとはいえ、無視することもできません。 体形は、その人の性格や内面が反映されたところだからです。 痩せすぎも太りすぎも「自己管理が不十分」という証拠です。 乱れた体形から、食事や運動をコントロールできていないことが分かります。 痩せすぎ・太りすぎを放置すれば、ゆくゆく健康被害に発展するのは時間問題です。 欧米では、痩せすぎや太りすぎの人は、管理能力の欠如と見なされ、昇進に悪影響を与えます。 残念ながら、痩せすぎも太りすぎもネガティブな印象を与えてしまい、好印象につながりにくいのが現実です。 好印象を与えるなら「標準体形」が一番です。 痩せすぎているなら、積極的に食事量を少し増やし、適度な運動を取り入れましょう。 積極的に食べることも仕事です。 しっかりタンパク質を取って、運動を楽しみながら筋肉を増やしましょう。 太りすぎているなら、適度な範囲で食事制限を行いつつ、適度な運動を心がけます。 運動は、脂肪の燃焼に効果的です。 有酸素運動も無酸素運動も、両方が大事です。 有酸素運動で脂肪の燃焼を促しつつ、無酸素運動で筋肉をつけて基礎代謝量が高まれば、相乗効果が生まれます。 ダイエットに挑戦するのも悪くありません。 あくまで標準体形を目指すダイエットなら、美容にも健康にも有効です。 BMIが「標準」に収まるよう、体形を整えることは、健康にも有効です。 時間はかかりますが、第一印象の改善に効果的です。 標準体形になれば、選べる服の幅も広がり、おしゃれを楽しみやすくなります。 自分に自信がつくことで、笑顔の数も増えるでしょう。 体の調子がよくなることで、元気も出やすくなるでしょう。 痩せすぎ・太りすぎの人は、好印象のためだけでなく、美容と健康のためにも、食事と運動の見直しをお勧めします。 痩せすぎ・太りすぎの人は、標準体形を目指して、食事と運動をコントロールする。

28
★1

初対面で注意したい3つの態度。
腕を組む、足を組む、ポケットに手を入れる。

初対面で注意したい態度があります。 初対面の態度は、その場の雰囲気に合わせて十分ですが、次の3つの態度は、例外として注意したほうがいいでしょう。 (1)腕を組む (2)足を組む (3)ポケットに手を入れる もちろん次の態度をしただけで、すぐ悪印象につながるわけではありません。 どれも普段からよく見る態度です。 親しい人とのコミュニケーションなら、まったく問題ありません。 すでに親しい関係なら、腕や足を組んだりポケットに手を入れたりしても悪印象はありません。 しかし、初対面だけは例外です。 初対面はちょっとした態度もよく目立ち、第一印象につながります。 時と場合によっては、相手に失礼な印象を与えることがあります。 悪気はなくても、いつの間にか誤解されるのは不本意でしょう。 禁止ではありませんが、悪く誤解されることがあるため、できるだけ注意が必要です。 ●腕を組む 考え事をしているときによく見られるのが、腕を組む姿勢です。 腕を組むと、考え事に集中しやすい人もいるでしょう。 しかし、腕を組んでいる様子は、相手に威圧感を与えてしまいます。 心を閉ざし、自分の殻に閉じこもっているようにも見えるでしょう。 いつの間にかネガティブな印象を与えることも少なくありません。 悪気はなくても、お互いの間に「壁」を作ってしまい、コミュニケーションを妨げる可能性があります。 初対面で好印象を与えるなら、なるべく腕を組む姿勢は控えておくのがいいでしょう。 ●足を組む 足元は、その人の素性が見える部分です。 また、個性やステータスを見極めるポイントでもあります。 性格がだらしない人は、足元もだらしない傾向があります。 足を組むと、楽になってリラックスできる人もいるでしょう。 しかし、初対面から堂々と足を組んでいると、偉そうな態度に見えることがあるため注意が必要です。 足を組むと、相手に靴の裏を見せてしまう姿勢になります。 靴の裏を見せられて嬉しい人はいないでしょう。 不潔やだらしない印象を与えることがあります。 また相手を見下した横柄な態度に見えることもあります。 足を組むのが癖になっている人もいるでしょうが、初対面では、なるべく控えておくほうがいいでしょう。 普通に足をそろえるのが一番好印象です。 ●ポケットに手を入れる 手が冷たいと、ズボンやコードのポケットに手を入れたくなります。 手が寂しいと、何となく感触が欲しくなり、ポケットに手を入れたくなる人もいるかもしれません。 しかし、ポケットに手を入れる様子は、偉そうな態度と誤解されることがあります。 悪気はなくても、ポケットに手を入れているだけで、悪く誤解されるのは不本意でしょう。 ポケットの中に何かを隠しているような態度にも見えるため、相手に不信感を与える原因になります。 思わぬ誤解を招く恐れがあるため、やはり初対面では控えておくのが賢明です。 初対面では「腕を組む」「足を組む」「ポケットに手を入れる」という態度に注意する。

29
★0

「○○に似ていますよね」という一言には要注意。

「おや、あの人に似ているな」 初対面の相手が、有名人にそっくりだと気づくことがあります。 アイドルや芸能人に似ていることもあるでしょう。 プロ野球選手やプロサッカー選手に似ていることもあるでしょう。 人の顔は千差万別ですが、人の数が多いと、やはり似ている人同士も見つかります。 本人と見間違えそうなほど酷似していることもあれば、目元・口元といった一部が似ていることもあるでしょう。 初対面の相手が有名人と似ていると、つい言いたくなる一言があります。 「○○に似ていますよね」 よくあるシーンですが、ここは注意したい場面の1つです。 結論から言うと、相手が有名人に似ていても、初対面では触れないでおくのが得策です。 似ている話を持ち出すと、相手はどう感じるでしょうか。 もちろん似ていることを喜ぶ人もいるでしょうが、不快に感じる人もいるはずです。 「○○に似ていますね」という一言は、往々にして誤解を生みやすい。 相手は「本物のそっくりさんとして扱われた」と誤解して、軽く扱われた印象を受けるかもしれません。 「サブ」「偽物」といった誤解を招いてしまうことがあります。 相手は「どうしようもないこと」として、コンプレックスを抱えている可能性もあります。 きっと相手はさまざまな人から「○○に似ていますね」と言われているでしょう。 会う人ごとに「似ている、似ている」と何度も言われ、うんざりしているはずです。 初対面で「○○に似ていますね」と言ってしまうと「あなたもですか」と幻滅されかねません。 初対面は、加点を狙うより、減点を避けるのが得策です。 有名人に似ている話を持ち出すと、思わぬ減点につながることがあります。 悪気があって言ったつもりはなくても、初対面の好印象を妨げることがあるため、注意が必要なのです。 初対面は、相手に集中しましょう。 相手が有名人に似ていると気づいても、気にしません。 似ていることには触れず、普通に会話を楽しむのがベストです。 どうしても似ている話を持ち出したいなら、何度か会って、2人の関係が深まってからにしましょう。 親しくなってから似ている話を切り出せば、信頼関係が構築されているので、悪い気はしません。 プライベートな話の1つとして、話を楽しめるはずです。 初対面の相手が有名人に似ていても、わざわざ指摘しない。

30
★0

初対面で好印象を与える極意は、楽しむ気持ちにある。

初対面で好印象を与える極意は何でしょうか。 笑顔でしょうか。 清潔感でしょうか。 丁寧な言葉遣いでしょうか。 もちろんどれも大切なポイントですが、極意は、もっと心に関係したところにあります。 それは、初対面を楽しむ気持ちなのです。 初対面と聞くと、精神的な抵抗を感じることが多いでしょう。 「どんな人か分からない」 「怖い人だったらどうしよう」 「もし悪い印象を与えてしまったらどうしよう」 不安や恐怖、照れや緊張は、初対面につきものです。 しかし、ネガティブなことを考えていると、悪い妄想が働き、精神的な抵抗がエスカレートします。 心拍数が上がって、心臓の鼓動も高鳴ります。 相手のことを知らないと、さまざまな不安がよぎり、緊張も高まってくるでしょう。 ここで大切になるのが初対面の極意。 すなわち、初対面を楽しむ気持ちなのです。 難しく考えず、初対面を楽しむ気持ちになりましょう。 「新しい知り合いが増える。嬉しい!」 「初対面でわくわくする!」 「どんな人なのだろう。楽しみ!」 「新鮮な刺激をたっぷり楽しもう!」 「たくさん話をして、いい時間を過ごそう!」 そう思えないこともあるかもしれませんが、できるだけポジティブな気持ちで出会いを楽しんでください。 照れを感じるなら、照れを楽しみましょう。 緊張するなら、緊張すら楽しんでしまおうと思えばいい。 初対面を楽しむ気持ちさえあれば、物事の見方が肯定的に変わります。 楽しむ気持ちさえあれば、すべてが前向きに変わります。 照れや緊張すら快感に変わるでしょう。 初対面とは、ちょっとしたイベントです。 これから起こる初対面が、人生を変える出来事になる可能性もゼロではありません。 初対面を楽しむ気持ちがあれば、自然と表情や態度が柔和になります。 笑顔が増えたり、言葉遣いが丁寧になったり、嬉しい気持ちが湧いたりします。 初対面は、楽しむのが一番。 初対面で好印象を与える極意は、楽しむ気持ちにあるのです。 初対面を楽しむ気持ちになる。

同じカテゴリーの作品