出会い

好きな女性に近づく
30の方法

  • 勇気を持って話しかける男性が、
    女性に近づける。
好きな女性に近づく30の方法

もくじ

勇気を持って話しかける男性が、女性に近づける。

勇気を持って話しかける男性が、女性に近づける。

「気になる女性がいる。知り合いたい、どうしよう……」
ためらう気持ちになるのは、不思議なことでも何でもありません。
美しい女性やかわいい女性を目の前にすれば、誰でも胸の鼓動が高鳴ります。

女性のことを知るためには、女性向けの雑誌を読めばいい。

女性のことを知るためには、女性向けの雑誌を読めばいい。

女性からモテるために、女性の見方や考え方を知る必要があります。
「女性は、どう男性を見ているのか」
「男性に、何を求めているのか」

女性は、清潔感のある男性を好む。

女性は、清潔感のある男性を好む。

勇気を持って話しかけても、相手の好みにあなたが当てはまらなければ、手応えは小さいでしょう。
すべての女性に当てはまるわけではありませんが、多くの女性に当てはまる傾向です。
その傾向をつかんで自分を磨くことで、女性にも気に入られやすくなり、仲良くなりやすくなります。

女性は「飲みに行こう」と誘う男性より「おいしいものを食べに行こう」と誘う男性につく。

女性は「飲みに行こう」と誘う男性より「おいしいものを食べに行こう」と誘う男性につく。

男性同士では「飲みに行こう」という誘い方はよく使われます。
日本のビジネスの世界では、決まり文句です。
「飲みニケーション」と言葉があるように、酔いの力を借りて、堅い雰囲気を取り払い、コミュニケーションをしやすくします。

過去の武勇伝より、今の仕事ぶりを話す男性を好む。

過去の武勇伝より、今の仕事ぶりを話す男性を好む。

男性は、自慢が大好きです。
力を誇示したいため、見栄を張りたがり、自慢話もよくします。
力は、男性の象徴です。

きちんと目を見て話す男性は、モテる。

きちんと目を見て話す男性は、モテる。

女性と会話をするときには、目を見て話しましょう。
当たり前のことだと思うかもしれません。
自分に自信がない人でも、きちんと相手の目を見て話すようにしましょう。

洋服のコーディネートを女性に任せてみる。

洋服のコーディネートを女性に任せてみる。

あなたには、気になる女性がいますか。
気になる女性に少しでも気に入ってもらえるように、服装を見直したくなることがあります。
「彼女は男性に対して、どのようなファッションを求めているのだろうか」

女性は、甘いものに弱い。

女性は、甘いものに弱い。

近所のケーキ屋さんをのぞいてください。
なぜか、女性客が目立ちませんか。
デパートのお菓子コーナーも、女性にとても人気があります。

話ばかりする男性より、何でも話を聞いてくれる男性がモテる。

話ばかりする男性より、何でも話を聞いてくれる男性がモテる。

「どんな話題で話しかければいいか」
「どんな話題を喜んでくれるか」
「話し上手にならなければ口説けないのか」

祝祭日や記念日は、デートに誘う絶好の口実。

祝祭日や記念日は、デートに誘う絶好の口実。

女性に近づくタイミングは、祝祭日や記念日です。
せっかくのお休みの日に、部屋で昼寝をするのはもったいない。
好きな女性と一緒に出かけるきっかけにしましょう。

心を開く男性に、女性も心を開く。

心を開く男性に、女性も心を開く。

「あなたはどこにお住まいですか」
初対面の人に突然プライベートな質問をされたとき、どう感じますか。
「えっ? いきなり……」と驚くことでしょう。

自分の長所を1つ考えながら、好きな人に話しかける。

自分の長所を1つ考えながら、好きな人に話しかける。

勉強ができない……。
スポーツが苦手……。
歌を歌うのが苦手……。

相手の幸せを心の底から考える。

相手の幸せを心の底から考える。

私はある日、10代のころに付き合っていた女性とうまくいかなかった理由について真剣に考えたことがありました。
当時の私は、彼女を束縛する習慣がありました。
ほかの男性と食事に行ってはいけなかったり、太らないために食事制限を強要したりしていました。

好きだからこそ発揮できる驚異的な記憶力で、彼女を感動させる。

好きだからこそ発揮できる驚異的な記憶力で、彼女を感動させる。

相手のことが本当に好きなら、会話の内容を真剣に聞くようになります。
好きならこそ、相手のことをもっと知りたいと思います。
話を聞く態度も真剣になり、聞いた話の内容も深く記憶に残り続けます。

口臭と体臭の対策をきちんとしていますか。

口臭と体臭の対策をきちんとしていますか。

なぞなぞです。
自分では気づきにくく、他人は気づきやすい、不快を与える透明なものは何でしょうか。
答えは「口臭」と「体臭」です。

好きな人の話を最後まで聞かない。

好きな人の話を最後まで聞かない。

相手の気を引くためには、相手の話を最後まで聞いてはいけません。
「えっ? 話を最後まで聞かないのはよくないのでは?」
たしかに話は最後まで聞くのが基本です。

体が目的で女性を見ている人は、必ず失敗する。

体が目的で女性を見ている人は、必ず失敗する。

女性に近づく目的について、大切なことをお話します。
あなたが近づきたいという女性への気持ちについてです。
なかなか恋愛がうまくいかない人は、そもそも女性を「体が目的」で見ていないでしょうか。

恋愛修行は、自分磨きにつながる。

恋愛修行は、自分磨きにつながる。

私が初めてお付き合いを経験したのは、14歳の夏です。
当時は、まだ中学2年生でした。
同じクラスのある女の子のことが好きになり、頭から離れなくなりました。

恋愛は、勇気を養うためにある。

恋愛は、勇気を養うためにある。

不思議なことがあります。
恋愛のアプローチは「男性から女性へ」が基本になっていることです。
もちろん時と場合によっては、女性から男性へとアプローチすることもあるでしょう。

恋愛の一休みも、時には必要。

恋愛の一休みも、時には必要。

バレーの試合を見ていると、形勢が不利になったチームの監督が小休止を要求することがあります。
監督が小休止を要求するのは、相手の勢いを妨げるためです。
タイムで数分の休憩を取った後、また試合に戻ると、不思議な光景を目にすることがあります。

門限を守る男性は、彼女と彼女の親に印象がよくなる。

門限を守る男性は、彼女と彼女の親に印象がよくなる。

あなたの彼女には、門限がありますか。
女の子のいる家庭では、門限があって当たり前です。
子供が夜遅くまで出歩くと危険です。

女性の見えない努力に気づき、すぐ褒める。

女性の見えない努力に気づき、すぐ褒める。

ある日、彼女とデートをしていたときのことです。
彼女の髪に「天使の輪っか」ができていることに気づきました。
「髪のつやがいいね」と話しかけると「気づくの遅い!」と叱られました。

明るい雰囲気は、言葉より表情から作る。

明るい雰囲気は、言葉より表情から作る。

彼女と話すときの雰囲気を、どう作っていますか。
・冗談を言う
・明るい音楽を流す

女性は心のどこかで、思いきり口説かれたいと望んでいる。

女性は心のどこかで、思いきり口説かれたいと望んでいる。

私がアメリカに留学していたころ、日本人女性に圧倒的にモテる黒人男性がいました。
年は、30代半ばくらいです。
特別、お金があるわけでも、ルックスがいいわけでもありませんでした。

あれこれと考えすぎない。

あれこれと考えすぎない。

あなたが友達に話しかけるとき、深く考えながら話しかけているでしょうか。
雑談をするときに、深く考えながら話をしているでしょうか。
いいえ、そうではありませんね。

家のように、人を守り、癒す存在になる。

家のように、人を守り、癒す存在になる。

あなたにとって、家とはどのような存在ですか。
家は、生活に必要不可欠であり、家のない生活は考えられません。
雨や風から身を守り、安心できる場所です。

毎日、3秒でも会話をする習慣を作る。

毎日、3秒でも会話をする習慣を作る。

心の距離を近づけるのは「深さ」ではありません。
「頻度」です。
もちろん深さも大切です。

追えば逃げられるのが、恋愛の法則。

追えば逃げられるのが、恋愛の法則。

あなたは道を歩いている。
おや?
後ろから、誰かが追いかけてくる。

かっこ悪い姿を見られたら、笑いに変えればいい。

かっこ悪い姿を見られたら、笑いに変えればいい。

・楽しい会話
・てきぱきしたテーブルマナー
・はやりのファッション

女性は、エッチの後に急に冷たくなる男性に幻滅する。

女性は、エッチの後に急に冷たくなる男性に幻滅する。

男性は、エッチが終わった後、ガス欠状態です。
女性はエッチが終わっても、興奮や余韻が残ります。
しかし、男性の場合、性的興奮の最高潮であるオーガズムの後は、生気が抜けたかのようにぐったりします。

同じカテゴリーの作品