出会い

縁結びの神様に愛される
30の方法

  • 嫌いなことをしていると、
    嫌いな人に出会う。
    好きなことをしていると、
    好きな人に出会う。
縁結びの神様に愛される30の方法

もくじ
  1. 嫌いなことをしていると、嫌いな人に出会う。
    好きなことをしていると、好きな人に出会う。

    ●なぜ嫌いなことをしていると、嫌いな人に出会うのか
    「私には嫌いな人が多い」
    「会う人は、なぜか嫌いな人ばかり」

  2. あなたに出会いがないのは「出会いにいかない習慣」が原因。

    なぜあなたには出会いがないのでしょうか。
    なぜ縁結びの運に恵まれないのでしょうか。
    なぜ出会いがあっても、チャンスを逃してしまうのでしょうか。

  3. つまらない人しか寄ってこないのは、あなたがつまらない人間だから。

    「つまらない人しか寄ってこない」
    「アプローチされるのは、いつもつまらない人ばかり」
    「告白されても、つまらない人ばかり」

  4. 出会い力のない人は「特別な場所が出会いの場」と思っている。
    出会い力のある人は「普通の場所も出会いの場」と思っている。

    出会い力の差はどこに現れるのでしょうか。
    その1つは「出会いの場に対する考え方」です。
    考え方とはいえ、思い込みや行動パターンに関わるポイントです。

  5. 「いい人に出会えない」と愚痴る人は、出会い運を没収される。
    「いい人に出会えた」と感謝する人は、ますます出会い運が与えられる。

    「いい人に出会えない」と愚痴るのはよくありません。
    いい人に出会えない現実があるのかもしれませんが、愚痴はよくありません。
    「いい人に出会えない」と愚痴ることは、縁結びの神様を否定することになります。

  6. 近道をするから、出会いが減る。
    回り道をするから、出会いが増える。

    近道と回り道があったとき、どちらを通りますか。
    出会い運を高めたいなら、ここが大切な分かれ道です。
     

  7. いい出会いをしたいなら、いいことをしよう。
    縁結びの神様が、出会いのチャンスを与えてくれる。

    ●いいことをしよう
    いい出会いをしたいとき、どうすればいいのでしょうか。
    いい出会いをしたいなら「いいこと」をしてください。

  8. 外見を磨くことは、出会いを引き寄せることになる。

    出会い運を高めたいなら、外見がポイントです。
    少しでも外見を磨いていきましょう。
    外見が魅力的になればなるほど、出会い運も高まっていくからです。

  9. 魅力的な人になりたいとき、中身と外見のどちらを磨けばいいのか。

    人間には「中身」と「外見」があります。
    中身とは、知識・教養・礼儀作法といった、人間性の部分です。
    外見とは、服装や身だしなみといった、見た目の部分です。

  10. 普段話しかけない人に、話しかけてみよう。
    そこに運命の出会いがある。

    出会い力を高めたいなら、普段話しかけない人に話しかけてみましょう。
    私たちは普段、無意識のうちに話しかける人を選んでいます。
    たとえば、街中で道を聞くとき、無意識のうちに人を選んでいるでしょう。

  11. 明るいものを1つは身につけておかないと、誰も近づいてもらえなくなる。

    あなたは普段どんな服装をしているでしょうか。
    服装の「組み合わせ」ではなく「色」に注目してください。
     

  12. キープを作る癖があるから、恋愛がうまくいかない。
    本命に絞るから、交際がうまくいく。

    ●キープを作る癖があると、本命もキープも失うことになる
    キープを作る癖はありませんか。
    キープとは、本命とは別に存在する、保険的な存在のことをいいます。

  13. 縁結びの神様は、身近な人間に化けて、あなたにチャンスを与える。

    ●ご縁は、人を介してやって来る
    あるとき友達から出会いの誘いを受けることがあります。
    「合コンがあるから一緒に行こうよ」

  14. 謙遜しすぎて遠慮がちになっている人は、出会いに恵まれない。

    ときどき謙遜しすぎて遠慮がちになっている人を見かけます。
    ・飲み会やパーティーがあっても「私なんかが行ってもいいのかな」と謙遜して行こうとしない
    ・食事に誘われても「私と食べても楽しくないよ」と遠慮する

  15. 縁結びの神様は、出会いの機会を与えることしかできない。
    出会った後は、あなたの出番。

    ●縁結びの神様ができるのは、出会いの機会を与えることまで
    縁結びの神様は、あなたにご縁の機会を与えてくれます。
    あなたのもとにすてきな人を運んでくれます。

  16. 会いたい人がいるなら、積極的に会いに行ったほうがいい。

    あなたには会いたい人がいますか。
    きっとあなたは心の中で「イエス」と答えたはずです。
    憧れの画家や作家。

  17. スケジュール変更が必要な場面は、縁結びの神様から試されている。

    ●出会いのチャンスが巡ってきたとき、どうするか
    出会いのチャンスは、唐突に訪れます。
    たまたま時間が空いていればいいですが、忙しくてスケジュールがぎっしり埋まっていることもあるでしょう。

  18. 肩書から入ると、いい出会いができなくなる。
    いい出会いをしたければ、肩書なしから入るのが正解。

    いい出会いをするためには、肩書に注意してください。
    肩書から入るのではありません。
    肩書なしから入るのです。

  19. 好きという気持ちは、目で伝えていくもの。
    きちんと相手の目を見ることができなければ、どんな恋愛もうまくいかない。

    恋愛で大切なことの1つ。
    それは「きちんと相手の目を見ること」です。
     

  20. 自分が寂しいことを、いちいち言いふらさない。
    「寂しい」と言えば言うほど、出会い運も恋愛運も遠ざける。

    1人でいるときは、寂しく感じることがあります。
    孤独を感じれば、誰でも寂しく感じるもの。
    1人の時間が充実しているときは平気ですが、あるとき急に寂しさが襲ってくることもあるでしょう。

  21. しつこく粘ると、縁結びの神様に嫌われる。
    早めに切り上げると、縁結びの神様に愛される。

    縁結びの神様に愛されるにはどうすればいいか。
    そのポイントの1つは「別れるタイミング」にあります。
     

  22. 誕生日を聞かれたとき、ぼかして答える人は、出会いのチャンスを逃す。
    きちんと答える人が、チャンスをつかむ。

    恋愛のチャンスを生かせるかどうか。
    それは、誕生日を聞かれたときに分かります。
     

  23. 「出会いがない」と嘆く人は、本屋に行けばいい。
    本との巡り合いも、れっきとした出会い。

    「出会いがない」と嘆いていませんか。
    「いい出会いがないかな」
    「最近、まったく出会いがない」

  24. 「こんなに○○しているのに」と思うのは、見返りを期待している証拠。

    「こんなに○○しているのに」
    そう思うことはありませんか。
    「こんなに優しくしているのに」

  25. レシートの争奪戦をしていないか。
    食事の場でレシートの奪い合いをすることほど、見苦しいことはない。

    人から食事をごちそうになることがあります。
    相手から「今日の食事代は私が持ちます」と言われることがあるでしょう。
    このとき、とっさに否定していませんか。

  26. 自分ばかりの幸せを祈らない。
    たまには他人の幸せも祈ろう。

    自分の幸せばかり祈っていませんか。
    「私の受験がうまくいきますように」
    「私の仕事が成功しますように」

  27. 好きでもない人と結ばれるより、好きな人に振られるほうが幸せ。

    「とにかく恋愛がしたい」
    「誰でもいいから、交際したい」
    周りの人が恋愛を楽しんでいると、自分も恋愛をしたくなります。

  28. 幸せを目指してもいい。
    ただし、追いかけ回さないこと。

    あなたは幸せになりたいですか。
    きっと誰もが「もちろん」と即答することでしょう。
    幸せになりたくない人はいません。

  29. 「もうすぐいい出会いがある」と信じると、縁結びの神様がチャンスを与えてくれる。

    信じるだけでいいのです。
    縁結びの神様に愛されたいなら「もうすぐいい出会いがある」と信じましょう。
    願って、祈って、信じましょう。

  30. 「出会いがない」と思い込んでいるだけ。
    すでにあなたは、多くの人と出会っている。

    あなたは今「出会いがない」と思い込んでいます。
    出会いのことを「特別な人との巡り合い」と思っていないでしょうか。
    「運命的な出来事」「好みの異性と知り合うこと」などと考えている人もいるかもしれません。

同じカテゴリーの作品