人生の教科書



心の健康

幸せを呼ぶ
30の言葉

お気に入り4 読んだ
19

断るたびに、
あなたの心が鍛えられている。

断るたびに、あなたの心が鍛えられている。 | 幸せを呼ぶ30の言葉

丁寧な誘いは断りづらい。

「断るだけ」と思いますが、これがなかなか難しい。

断ると、少なからず相手をがっかりさせることになります。

現実では、心理的に断りにくい場面も少なくありません。

仕事で忙しいとき、友達から遊びの誘いがあれば、断りにくいでしょう。

洋服屋で店員さんの対応が親切丁寧なら、いらない衣服であっても、断りにくいでしょう。

キャパシティーいっぱいまで仕事をしているなら、上司からの依頼とはいえ、引き受ける余裕がありません。

人によっては、つい断り切れず、OKをしてしまうかもしれません。

何でも承諾してくれる人には「優しい」「器が大きい」といった印象を持つかもしれません。

 

しかし、ここが要注意です。

断れない人は、本当は優しいのではなく、勇気がないだけです。

相手から嫌われたり叱られたりするのを恐れて「ノー」と言えません。

断れずにどんどん承諾していると、自分のキャパシティーを超えてしまい、大変なことになるでしょう。

人に迷惑をかけることもあれば、かえって自分の評価を下げてしまうこともあります。

頑張ろうとしても、人には限界があります。

できないと分かっている仕事を引き受けるのは、断るより、不親切です。

必要ないことなら、きちんと断ることです。

用事があって時間がないなら「余裕がなくて行けません」と断ります。

いらないものなら「結構です」と断ります。

たとえ上司からの依頼でも、完全に限界を超えているものなら、丁重に断ることも大切です。

相手をがっかりさせようと、自分の評価が下がろうと、断るべきときはきちんと断るのが正解です。

罪悪感に悩む必要もなければ、責任を取る必要もありません。

断ることで、人生の軌道修正ができたり、不要なトラブルを避けたりできます。

人生をコントロールするためには、断る力が欠かせません。

なかなか断りにくいなら、気づいてほしいことがあります。

断るたびに、あなたの心が鍛えられていることに気づいてください。

断るには、勇気や度胸が必要です。

覚悟や信念も必要です。

つまり「断る」という行為を通して、勇気や度胸、覚悟や信念がどんどん強くなっているのです。

断ることは「心を鍛えるトレーニング」と思えば、抵抗感も小さくなるでしょう。

心が強いから断れるのではありません。

断るから、心が強くなっています。

きちんと断れる人は、自分の軸・自分の哲学を持った人です。

周りに流されず、自分らしい人生を歩めます。

まとめ

幸せを呼ぶ言葉 その19
  • 断ることは
    「心を鍛えるトレーニング」と考える。
トラブルに巻き込まれたのではない。
厄払いを手伝ってもらったのだ。

もくじ
(幸せを呼ぶ30の言葉)

同じカテゴリーの作品