人生の教科書



心の健康

幸せを呼ぶ
30の言葉

お気に入り2 読んだ
1

あなたの好感度は、
笑顔の数と一致する。

あなたの好感度は、笑顔の数と一致する。 | 幸せを呼ぶ30の言葉

あなたは1日何回、笑顔になりますか。

普通の笑いだけでなく、ほほ笑みも、すべて笑顔として考えます。

笑顔は、あなたに大きな違いをもたらすポイントです。

もちろん笑顔が少なくても、日常生活に支障はありません。

普通に人と会話ができ、きちんと仕事をして、やるべきことをやっていれば、特に問題はないでしょう。

会話のとき、きちんと相手の目を見ながら話ができれば、それほど不快感はありません。

たとえ笑顔がゼロでも、普通に日常生活を送ることは可能です。

 

では、何の違うのか。

好感度が違うのです。

自分の好感度を上げたいなら、少しでも笑顔の数を増やすことです。

気の利いた言葉があってもいいですが、なくてもいい。

声を出して笑うのもいいですが、声を出さずにほほ笑むだけでもいいのです。

普通ににっこりするだけで、笑顔にカウントされます。

 

たとえば、人と会話をするとき、にこにこしながら話しましょう。

挨拶をするとき、にっこり笑顔になるのも1カウントです。

もちろん話が面白くて笑うのも、1カウントです。

楽しい話題が必要とは限りません。

楽しい話題がなくても、にこにこしながら話すことはできます。

にっこりした笑顔を、1回でも増やすことです。

笑顔の数が増えるにつれて、好感度も上がります。

笑顔になるのが1日3回なら、あなたの好感度を数字で表すと「3」です。

笑顔になるのが1日10回なら、あなたの好感度を数字で表すと「10」です。

もし笑顔になるのが1日100回なら、あなたの好感度を数字で表すと「100」です。

にこにこした笑顔をどれだけ振りまけるかです。

テレビで活躍する、好感度の高いアイドルや芸能人は、笑顔をたくさん振りまいているのが特徴です。

好感度が高いから、笑顔を振りまいているのではありません。

笑顔を振りまいているから、好感度が高いのです。

人気者ほど、笑いじわも気にせず、にこにこしています。

表情も豊かで生き生きしています。

逆にどれだけ美男美女であっても、まったく笑顔がないと、なかなか好感度が上がりません。

1回でも笑顔を増やして、好感度を上げていきましょう。

笑顔は、時間やお金と違って、減るものではありません。

1日中ずっと笑顔になるのは大変でも、少し増やすくらいならできるでしょう。

自分から笑える話題を振ってみるのもよし。

面白いユーモアを言ってみるのもよし。

話が面白くなるように変えていくのもよし。

笑いじわも気にせず、どんどん笑っていきましょう。

笑顔、笑顔、また笑顔です。

あなたの好感度は、笑顔の数と一致するのです。

まとめ

幸せを呼ぶ言葉 その1
  • あなたの好感度は、
    笑顔の数と一致する。
少しくらい矛盾があってもよし。

もくじ
(幸せを呼ぶ30の言葉)

同じカテゴリーの作品