人生の教科書



自分磨き
なぜ、見えない努力をする人は、必ず報われるのか。
自分磨き
準備をすると、運がよくなる。
成功哲学
努力・我慢・義務は、そもそも夢の実現に必要ない。
リーダーシップ
人望を集める上司ほど、口数が少ない。
成功哲学
努力なくして、成功もない。
就職活動
その道を諦めて後悔しないか。
さらに努力をすれば、道が開けるのではないか。
心の健康

幸せを呼ぶ
30の言葉

お気に入り6 読んだ
25

仕事ができない人は、
見えない努力より見える努力を重視する。
仕事ができる人は、
見える努力より見えない努力を重視する。

仕事ができない人は、見えない努力より見える努力を重視する。仕事ができる人は、見える努力より見えない努力を重視する。 | 幸せを呼ぶ30の言葉

仕事ができない人が重視するのは「見える努力」です。

一目で努力していると分かるよう、人前では頑張っていることをアピールします。

積極的に仕事をしようとします。

できるだけ集中して、仕事をしようとします。

持てる力をすべて発揮できるよう頑張ります。

必要なら、残業もします。

「人に努力を見てもらえるチャンス」と思って、とことん仕事に打ち込みます。

一目で努力していると分かれば、周りの人も応援してくれるでしょう。

「すごいね」「偉いね」「かっこいいね」と言われると、疲れが吹き飛び、モチベーションも上がります。

一目で頑張っていると分かれば、評価をされやすくなります。

 

ところが、人がいなくなると、態度が一変します。

人がいないと、努力をしている自分を見てもらえません。

褒められることがなくなり、評価もされません。

見えない努力は無駄と思い、手抜きを始めるのです。

努力をしているときと、そうでないときの差が激しい。

見えないところでサボっているため、努力している割に、なかなか見合った結果が出ません。

見える努力しかできない人は、実力も結果も中途半端で終わります。

仕事ができる人は違います。

仕事ができる人は、見える努力より見えない努力を重視します。

もちろん周り人がいるときも、きちんと努力をします。

しっかり仕事をしているので、周りから見ても、努力している様子がうかがえます。

常にベストを尽くして仕事をする姿は、ひときわ輝いて見えるでしょう。

そして周りに人がいなくても、変わらず努力を続けます。

別に周りに人がいてもいなくても、気にしません。

仕事ができる人は、常に努力をするのが当たり前になっているため、周りに人がいなくてもサボりません。

むしろ周りに人がいないほうが好都合と考えます。

1人になったほうが、静かで邪魔も入りにくいため、集中しやすくなります。

自分のペースで進めることもできます。

本当に人と差がつくのは、見えない努力です。

誰も見ていないとき、どれだけ努力ができるか。

ここで本当の差がつきます。

仕事ができない人は、見えない努力より見える努力を重視します。

仕事ができる人は、見える努力より見えない努力を重視するのです。

まとめ

幸せを呼ぶ言葉 その25
  • 見える努力より見えない努力を重視する。
すでに完璧な状態ほど、つまらない人生はない。

もくじ
(幸せを呼ぶ30の言葉)

同じカテゴリーの作品