人生の教科書



心の健康

幸せを呼ぶ
30の言葉

お気に入り2 読んだ
3

挨拶をされたとき、
無言のまま、
笑顔や会釈の返事が癖になっている人は要注意。

挨拶をされたとき、無言のまま、笑顔や会釈の返事が癖になっている人は要注意。 | 幸せを呼ぶ30の言葉

  • 「おはようございます!」

人から挨拶をされたとき、どんなリアクションをしていますか。

  • 無言で会釈をする
  • 無言で笑顔だけ返す

完全な無視ではありません。

態度や表情を通して、ひとまず挨拶の返事はできています。

「こちらこそおはようございます」というニュアンスが伝わるでしょう。

もちろんたまたま声を出せない事情があって、無言のリアクションにならうならいいのです。

 

たとえば、口いっぱいに食べ物を含んでいるときは、声を出したくでも出せません。

仕方なく無言のまま、笑顔や会釈だけの返事になるでしょう。

とても忙しい最中なら、挨拶を返す余裕がないときもあるでしょう。

 

しかし日頃から、無言のまま、笑顔や会釈の返事が癖になっている人は要注意です。

理想的な挨拶の返事ではないからです。

相手はわざわざ声を出して挨拶をしていて、自分は無言の挨拶ではアンバランスでしょう。

声で挨拶が返ってこないと、あまり感じがよくありません。

相手は「どうしたのだろうか」「タイミングが悪かったかな」と不安や心配になります。

ときどきならいいですが、普段から癖になっているなら、意識して早めに直しておくのがいいでしょう。

言葉で挨拶されたら、言葉で挨拶を返すのがマナーです。

「おはようございます」と笑顔で挨拶をされたら、自分も「おはようございます」と声を出して挨拶を返します。

「お疲れ様です」と笑顔で挨拶をされたら、自分も「お疲れ様です」と声を出して挨拶を返します。

相手と同じくらいか、それより少し元気な挨拶を心がけるのが好印象です。

これが、最も気持ちのよい挨拶のやりとりです。

まとめ

幸せを呼ぶ言葉 その3
  • 声を出して挨拶をされたときは、
    自分もきちんと声を出して挨拶を返す。
力を入れて頑張るのもいい。
力を抜いて頑張るのはもっといい。

もくじ
(幸せを呼ぶ30の言葉)

同じカテゴリーの作品