人生の教科書



心の健康

幸せを呼ぶ
30の言葉

お気に入り3 読んだ
4

力を入れて頑張るのもいい。
力を抜いて頑張るのはもっといい。

力を入れて頑張るのもいい。力を抜いて頑張るのはもっといい。 | 幸せを呼ぶ30の言葉

「頑張る」と言えば、力を入れて行うイメージがあります。

気合を入れて、集中力を高め、覇気を出す。

余計な手抜きはせず、全力を尽くす。

力を入れれば入れるほど、頑張ることになると思うでしょう。

もちろんこれも頑張ることになります。

力を入れてこそ、自分の力を最大に発揮できます。

人生を分ける勝負所では、力を入れて頑張るのが有効でしょう。

すべての力を集中させれば、120パーセントの力を発揮できるはずです。

分厚い壁も、力を入れて頑張るからこそ、ぶち壊せます。

瞬発的な力を発揮させるなら、力を入れて頑張るのが最適でしょう。

 

しかし、力を入れて頑張るのは限界があります。

体力を激しく消耗するため、頑張ることはできても、長くは続きません。

短期的な仕事ならいいですが、長期的な仕事には不向きです。

また、力が入りすぎていると、うまくいくこともいなくなることがあります。

力が入りすぎたプレゼンでは、ぎこちない動きになり、不自然になります。

力が入りすぎた試合では、本来の実力を発揮できず、残念な結果で終わるかもしれません。

力を入れて頑張るのは素晴らしいことですが、力が入っているゆえのデメリットもあるのです。

  • 「頑張っているのになかなかうまくいかない」

そう思ったときは、いっそのこと、逆のことをしてみてください。

力を抜いて頑張るのです。

「力を抜いたら頑張れない」と思うかもしれませんが、もちろん「サボる」という意味ではありません。

あくまで「余計な力を抜く」という意味です。

肩の力を抜いて、呼吸を穏やかにします。

できるだけリラックスして、ありのままの自然体を意識します。

そうすれば、余計な緊張やストレスに苦しまなくて済みます。

本来の実力も発揮しやすくなるのです。

力を抜いて頑張るのは、長期的な仕事に向いています。

パワーは7割程度ですが、体力の消耗が緩やかなので、集中力が長く続きます。

あなたはきっと今、頑張っているでしょう。

頑張っているのになかなかうまくいかないときは、力を抜いてみてください。

力を抜いて頑張る。

なかなかうまくいかなかったことが、あっさり達成できるかもしれません。

力を入れて頑張るのもいいですが、力を抜いて頑張るのはもっといいのです。

まとめ

幸せを呼ぶ言葉 その4
  • 力を入れて頑張るより、
    力を抜いて頑張る。
ぎりぎりセーフは素晴らしい。
ぎりぎりアウトも素晴らしい。

もくじ
(幸せを呼ぶ30の言葉)

同じカテゴリーの作品