人生の教科書



読み上げ動画・音声
勉強法
時間という緊張感が、脳を活性化させる。
勉強法
頭の回転が速い人は、パワーを一点に集中している。
勉強法
部屋の外のほうが、脳を広範囲に刺激できる。
情報力
忙しいときほど、読書をする絶好のチャンス。
勉強法
朝食を取るだけで、頭の回転が速くなる。
勉強法
散歩中の脳は、回転が速くなっている。

回転くする
30方法

お気に入り8 読んだ
22

食欲素直になって行動するから、
回転くなる

になる料理、興味のある異国の食事、食べてみたいと思う一品。

頭の回転の速い人は、いつも「おいしいもの」を食べています。

私たち人間は単純なもので、おいしいものを食べると元気になります。

またおいしいものを食べたい気持ちは、強い行動力に変わります。

食欲は、人間の行動力を駆り立てます。

どんなに運動不足の人でも、おなかがすけば、近くのコンビニまで足を運びます。

引きこもりの人が部屋から出てくるのは、トイレとおなかがすいたときです。

親が「部屋から出てきなさい」といくら言っても出てきませんが、おなかがすけば、自分から出てきます。

人間は、食欲によって、行動しているといっても過言ではありません。

頭の回転が速い人は、食欲をうまく使って、速い仕事をしています。

おいしい食事を自分にとって、ご褒美にしているのです。

おいしい食事が待っていると思えば「仕事を速く片付けたい」という気持ちになります。

それが結果として、速い仕事へとつながります。

頭の回転も自然と速くなるのです。

「もう少しで、おいしい食事が待っている」と思えば「頑張るぞ」という気持ちになります。

おいしい食事を食べれば、また元気とやる気が出てきます。

出てきた元気とやる気が、次への仕事への行動力になるのです。

食べることを削る人は、頭の回転が鈍くなります。

ご褒美もなければ、だらだらした仕事になります。

おいしい食事を抜いていると、元気もやる気も出ないからです。

おいしい食事には、もちろんお金が必要です。

節約のために、朝食を抜く人がいますが、得ではなく損をしているのです。

お金を払ってでも、朝食はきちんと食べたほうが、仕事の調子がよくなります。

仕事を速くこなすことができれば、元以上の成果を挙げることができるはずです。

頭の回転を速くする方法 その22

  • おいしい食事べて、
    元気とやる
興味関心のある本を読み続けていると、速く読む力は自然と身につく。

もくじ
(頭の回転を速くする30の方法)

同じカテゴリーの作品