ビジネスチャンスをつかむ
30の方法

7
5

感じた時代の流れを、
好きな得意技と絡めて考える。

感じた時代の流れを、好きな得意技と絡めて考える。 | ビジネスチャンスをつかむ30の方法

HAPPY LIFESTYLEを運営し始めた当初、これからはデジタル社会がより進むであろうと直感しました。

1980年代、友人に携帯電話を持っている人は、1人もいませんでした。

「携帯電話」という言葉さえ、耳にしない時代でした。

未来小説の中で出てくる単語と思っていました。

パソコンを持っている知り合いも、1人もいませんでした。

パソコンという言葉は、未知の単語でした。

しかし、時代は変化します。

ポケットベルが登場し、その後、携帯電話が登場しました。

コンピューターも進化し、本格的なインターネット時代の到来です。

携帯電話のおかげで、いつでもどこでも誰とでも話ができるようになりました。

コンピューターの進化で、デジタル処理や性能が向上しました。

インターネットのおかげで、地球上のさまざまな情報を一瞬で手に入れることができるようになりました。

昔には考えられなかった時代です。

わずか短い間に、劇的な変化がありました。

今では携帯電話を持っていない人は、ほとんどいません。

また、パソコンを持っていない人も、ほとんどいません。

瞬く間の変化を実感できる時代に生きていることに感謝をしました。

しかし、同時に、将来に対する不安もありました。

人と会わなくても会話ができ、旅行をしなくても、いろいろな場所の情報を瞬時に手に入れられる時代の行く末を考えました。

勢いよく進む時代の変化を感じ、ある考えが思い浮かびました。

「便利な物が増えれば、人間関係が希薄になるだろう」

「コミュニケーションが減れば、愛情のない生活が増えてしまう可能性がある。悩み解決の重要性は、より高まるはずだ」

そう直感しました。

もちろんこれまでも、悩みの解決をテーマにした時代はありました。

しかし、特にこの数十年のすさまじいコンピューターの進化とインターネットの普及は、前代未聞でした。

爆発的にデジタル社会が進んでいる流れを感じ、これからの世界の行く末を心配しました。

それに加えて、私には昔から考えたり書いたりするのが好きな性分がありました。

もともと備わっている素質です。

物事を考えたり文章を書いたりするのが好きなので、テーマさえ与えられれば、ある程度は何でも書けると思います。

私は、2003年ごろから文章を書き始めました。

しかし、具体的などんな作品を書き進めていこうという明確な方向性は、まだ定まっていませんでした。

ちょうど時代の大きな変化を感じていたので、考慮して選んだのは「悩み解決」や「幸せ向上」に関わるテーマでした。

昔から成功哲学や人の幸せについても興味関心が強かったので、時代の流れを考慮しても、まさにうってつけでした。

デジタル時代が進み、人間関係が進むであろう時代の流れを直感したので、その一躍を担う文章を書ければと思ったのでした。

ビジネスチャンスをつかむ方法(7)
  • 時代の変化と、自分の好きなことを、組み合わせる。
世の中が向かっている方向を知れば、未来は容易に予想できる。

ビジネスチャンスをつかむ30の方法
ビジネスチャンスをつかむ30の方法

  1. 逃げたい場所に、チャンスがある。
    逃げたい場所に、チャンスがある。
  2. お金に対して、悪い印象を持たない。
    お金に対して、悪い印象を持たない。
  3. 「経済力」という言葉を使うと、印象がよくなる。
    「経済力」という言葉を使うと、印象がよくなる。
  4. 時代の流れを読むと、ビジネスチャンスをつかみやすくなる。
    時代の流れを読むと、ビジネスチャンスをつかみやすくなる。
  5. 個性を生かして、ビジネスにつなげる。
    個性を生かして、ビジネスにつなげる。
  6. 感じた時代の流れを、好きなことと絡めて考える。
    感じた時代の流れを、好きなことと絡めて考える。
  7. 感じた時代の流れを、好きな得意技と絡めて考える。
    感じた時代の流れを、好きな得意技と絡めて考える。
  8. 世の中が向かっている方向を知れば、未来は容易に予想できる。
    世の中が向かっている方向を知れば、未来は容易に予想できる。
  9. 今、人気が出ているものは、必ず何か理由がある。
    今、人気が出ているものは、必ず何か理由がある。
  10. ビジネスは、人の心が動かしている。<br>人の心を動かせば、ビジネスが動き始める。
    ビジネスは、人の心が動かしている。
    人の心を動かせば、ビジネスが動き始める。
  11. チップは、サービスを受ける前に払うほうがいい。
    チップは、サービスを受ける前に払うほうがいい。
  12. 1人が解決した知恵は、みんなに役立つ解決策になる。
    1人が解決した知恵は、みんなに役立つ解決策になる。
  13. 「失敗しないように」と思うほど、逆に失敗しやすくなる。
    「失敗しないように」と思うほど、逆に失敗しやすくなる。
  14. 小さな声で口にした言葉には、ビジネスチャンスが詰まっている。
    小さな声で口にした言葉には、ビジネスチャンスが詰まっている。
  15. 身軽でなければ、突然のチャンスはつかめない。
    身軽でなければ、突然のチャンスはつかめない。
  16. ファーストムーバーが、トップシェアを握る。
    ファーストムーバーが、トップシェアを握る。
  17. ビジネスでは、デザイン重視より、機能性重視。
    ビジネスでは、デザイン重視より、機能性重視。
  18. 理想的な勝ち方は「WIN&LOSE」ではなく「WIN&WIN」。
    理想的な勝ち方は「WIN&LOSE」ではなく「WIN&WIN」。
  19. 自分の特徴を伸ばして、自分にしかできない分野を作る。
    自分の特徴を伸ばして、自分にしかできない分野を作る。
  20. 誰より早く行動できる人が、最も大きな金を手に入れることができる。
    誰より早く行動できる人が、最も大きな金を手に入れることができる。
  21. 宝を掘り当てるより、宝の地図を販売する。
    宝を掘り当てるより、宝の地図を販売する。
  22. 初体験を求める人が、ビジネスチャンスをつかむ。
    初体験を求める人が、ビジネスチャンスをつかむ。
  23. 本当のビジネスチャンスは、本には書いていない。
    本当のビジネスチャンスは、本には書いていない。
  24. 人間関係がいい人は、お礼を3回言う。
    人間関係がいい人は、お礼を3回言う。
  25. 便利な物を組み合わせると、もっと便利な物が誕生する。
    便利な物を組み合わせると、もっと便利な物が誕生する。
  26. ビジネスをレンタルから始めると、成功しやすくなる。
    ビジネスをレンタルから始めると、成功しやすくなる。
  27. 自社ビルを建てた会社は、倒産する。
    自社ビルを建てた会社は、倒産する。
  28. 自分が顧客になり、感動を体験する。
    自分が顧客になり、感動を体験する。
  29. 歴史の本は、最高のビジネス書だった。
    歴史の本は、最高のビジネス書だった。
  30. ビジネスは、モノポリーゲーム。
    ビジネスは、モノポリーゲーム。

同じカテゴリーの作品

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION