人見知りを克服する
30の方法

3
5

人見知りの5つの種類と対策。

人見知りの5つの種類と対策。 | 人見知りを克服する30の方法

人見知りとは何か。

人見知りとは「見慣れない人を恥ずかしがって、なかなか打ち解けないこと」をいいます。

しかし、一言で「人見知り」といっても、特徴に応じて種類があります。

人見知りの種類に応じて、克服に向けた対策も異なります。

人見知りの種類は、次の5つが代表的です。

自分が該当するタイプを確認して、克服の近道を発見してください。

(タイプ1)
苦手な人だけ人見知り

人見知りとして最も一般的なのは「苦手な人だけ人見知り」というタイプです。

もちろん苦手な人に対して抵抗があるのは誰でも同じ。

柄の悪い人や怖そうな人など、自分の苦手とするタイプの人からは逃げようとします。

たとえ生理的に受け付けなくても、仕事なら嫌々ながらも、最低限は接していく必要があります。

しかし、人見知りの場合は顕著です。

苦手な人には、徹底的に心を閉ざして打ち解けようとしません。

逃げるように避けたり徹底的に排除したりなど、露骨な拒絶を示します。

苦手な人と一緒に仕事をすることがあっても、警戒心や恐怖心が強いと、自然なコミュニケーションを妨げます。

普通は、社会経験を積んでいくにつれて、苦手な人との接し方も身につけますが、うまくいかないこともあります。

苦手な人を避け続けた結果、苦手な人との対応がますます不十分になります。

苦手な人を避け続けていると、改善はますます遠ざかるばかり。

このタイプの対策としては、やはり自分から「苦手だな」と思う人に話しかけていくことが大切です。

仲良くなる必要はなく、当たり障りのない対応で十分です。

挨拶や雑談くらいならできるでしょう。

苦手な人と接する機会を増やすことで、苦手な人に対する抵抗感が小さくなります。

(タイプ2)
同性だけ人見知り

同性だから接しやすい人もいれば、同性だから接しにくい人もいます。

同性だけ人見知りは、幼少期の経験に原因があります。

たとえば、同性からいじめや嫌がらせを受けた経験があると、同性に特別な警戒心を持ちやすくなります。

苦手の範囲が、個人ではなく同性全体に広がって、人見知りになるケースがあります。

同性だけ人見知りをするタイプなら、同性に対して話しかける対策を重視するといいでしょう。

(タイプ3)
異性だけ人見知り

異性だけ人見知りというタイプは、男子校や女子校だった人によく見られる特徴です。

同じ人間であっても、男性と女性とは性質が異なる点があります。

もちろん異性を前にすると、どきどきするのは誰でも同じでしょう。

特に自分の好みの異性なら、なおさらです。

普通は社会経験の中で異性との接し方に慣れていくものですが、同性しかいない環境では慣れる経験も限られます。

同性しかいない環境にいる時間が長いと、異性との接し方に慣れる機会が少ないため、人見知りになることがあります。

異性だけ人見知りをするタイプなら、異性に話しかける対策を重視するといいでしょう。

最初は抵抗感があって大変ですが、慣れと成功体験を積んでいけば、克服することが可能です。

(タイプ4)
1回目だけ人見知り

1回目だけ人見知りであり、2回目から普通に接することができるパターンもあります。

初対面には、初対面特有のマナーやルールがあります。

また出会いには、独特の雰囲気も漂います。

初対面の場に慣れていないと、立ち振る舞いに困ってしまい「1回目だけ人見知り」という状況が発生します。

初対面のマナー・ルール・雰囲気は、本を読んで学べるものではなく、実体験を通して慣れていくしかありません。

知識だけ知っていても、実践で生かせなければ無意味です。

1回目だけ人見知りのタイプなら、挨拶や自己紹介を重点的に訓練すると、克服もスムーズに進みます。

(タイプ5)
複数人の前だけ人見知り

複数人と同時に接するときだけ、人見知りになってしまうパターンもあります。

2人きりなら大丈夫でも、複数人と同時に接するときには、独特の対応が必要です。

全体を見渡しながら気配り・気遣い・空気を読むといった能力が一段と求められるため、苦手とする人がいます。

複数人との接し方に慣れていないと、苦手意識は改善されないままになります。

複数人の前だけ人見知りなら、複数人と接する状況を重点的に経験していく必要があります。

たとえば、飲み会やパーティーなど、大勢が集まる場を利用するといいでしょう。

人見知りを克服する方法(3)
  • 人見知りのタイプを把握して、タイプに応じた対策を考える。
人見知りと対人恐怖症の違いとは。

人見知りを克服する30の方法
人見知りを克服する30の方法

  1. 人見知りは、直したほうがいい性格なのか。
    人見知りは、直したほうがいい性格なのか。
  2. 人見知りの人は、自意識と自己防衛本能が強すぎる。
    人見知りの人は、自意識と自己防衛本能が強すぎる。
  3. 人見知りの5つの種類と対策。
    人見知りの5つの種類と対策。
  4. 人見知りと対人恐怖症の違いとは。
    人見知りと対人恐怖症の違いとは。
  5. 大人になってから人見知りになることもある。
    大人になってから人見知りになることもある。
  6. 人見知りの克服に必要な3つの要素。<br>意識改革・場数・成功体験。
    人見知りの克服に必要な3つの要素。
    意識改革・場数・成功体験。
  7. 人見知りを克服する場は、日常に数多く点在する。
    人見知りを克服する場は、日常に数多く点在する。
  8. 人見知りの克服の第一歩は、挨拶。
    人見知りの克服の第一歩は、挨拶。
  9. 自分から初対面の人に話しかけて、会話を楽しむ。
    自分から初対面の人に話しかけて、会話を楽しむ。
  10. 週に1人は面識のない人に話しかけて、会話をしよう。
    週に1人は面識のない人に話しかけて、会話をしよう。
  11. 自分がどう思われているか気にしたところで仕方ない。
    自分がどう思われているか気にしたところで仕方ない。
  12. 人見知りを「悪い性格」と否定しない。
    人見知りを「悪い性格」と否定しない。
  13. 楽しく話せる定番ネタを準備しておけば、人との会話も怖くない。
    楽しく話せる定番ネタを準備しておけば、人との会話も怖くない。
  14. 相手を知ってから興味を持つのではない。<br>相手を知る前から興味を持つ。
    相手を知ってから興味を持つのではない。
    相手を知る前から興味を持つ。
  15. 常に社交的である必要はない。<br>必要なときだけ社交的になるだけでいい。
    常に社交的である必要はない。
    必要なときだけ社交的になるだけでいい。
  16. 話すのが苦手なら、聞き役に回ればいい。
    話すのが苦手なら、聞き役に回ればいい。
  17. 会話が途切れることを恐れていると、人見知りの改善が遅くなる。
    会話が途切れることを恐れていると、人見知りの改善が遅くなる。
  18. 人見知りであることを無理に隠さないほうが、早く克服できる。
    人見知りであることを無理に隠さないほうが、早く克服できる。
  19. 1人で飲食店に行き、きちんと目を見て注文する。
    1人で飲食店に行き、きちんと目を見て注文する。
  20. 劣等感やコンプレックスはあっていい。<br>自信のあることを1つ考えるだけでいい。<br>自信のあることが、あなたの人見知りを救う鍵になる。
    劣等感やコンプレックスはあっていい。
    自信のあることを1つ考えるだけでいい。
    自信のあることが、あなたの人見知りを救う鍵になる。
  21. 好かれようと思わない。<br>嫌われないだけで十分と考える。
    好かれようと思わない。
    嫌われないだけで十分と考える。
  22. 前もって相手の情報を集めて、親近感を高めておく。
    前もって相手の情報を集めて、親近感を高めておく。
  23. 声をかけに行くのではない。<br>褒めに行くのだ。
    声をかけに行くのではない。
    褒めに行くのだ。
  24. マイナス思考を蹴散らそう。<br>すべてプラス思考で考えよう。
    マイナス思考を蹴散らそう。
    すべてプラス思考で考えよう。
  25. メンタルトレーニングと思えば、人に話しかけやすくなる。
    メンタルトレーニングと思えば、人に話しかけやすくなる。
  26. 外見がだらしないと、心もだらしなくなる。<br>外見を整えると、心も整う。
    外見がだらしないと、心もだらしなくなる。
    外見を整えると、心も整う。
  27. 1人でイベントに出かける。
    1人でイベントに出かける。
  28. 空気を読んでも、読みすぎないこと。
    空気を読んでも、読みすぎないこと。
  29. 「話しかけたい」と思わせる雰囲気を出していますか。
    「話しかけたい」と思わせる雰囲気を出していますか。
  30. 「その場限りの人間関係」と割り切れば、余計な緊張をしなくて済む。
    「その場限りの人間関係」と割り切れば、余計な緊張をしなくて済む。

同じカテゴリーの作品

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION