人生の教科書



同棲
余った家具や生活用品は、すぐ処分しないほうがいい。
同棲
騒音による近所迷惑には要注意。
スキンケア
「アレルギー肌」と「敏感肌」の違いとは。
同棲
神経質になっていると、身も心も持たない。
ある程度は気にしないことも必要。
同棲

同棲を始めたらすぐ取り組みたい
30のこと

お気に入り0 読んだ
11

契約者の決め方は軽視できない。
契約者をどちらにするか、
きちんと話し合っておく。

契約者の決め方は軽視できない。契約者をどちらにするか、きちんと話し合っておく。 | 同棲を始めたらすぐ取り組みたい30のこと

同棲で話し合っておきたいのは、生活費の折半だけではありません。

見落としがちなのは「契約者をどちらにするか」という問題です。

「お金を支払う人」と「契約をする人」は別問題です。

支払うのは折半でも、契約者はどちらか1人を決めなければいけません。

「どちらでもいいではないか」と思うかもしれませんが、油断できません。

後から問題に発展する可能性があるため、軽視できない課題です。

想定したいのは「別れのとき」です。

もし別れることになって同棲を解消することになれば、契約変更が必要です。

別れるとき、スムーズにいくとはかぎりません。

大喧嘩をして、部屋から飛び出していくように同棲が解消されると、契約変更の手続きも苦労します。

契約者の変更は、契約者本人が行うのが基本です。

別れ方によっては「話したくない。会いたくない。顔すら見たくない」という状況になるかもしれません。

お互い接触したくない状況になれば、契約者の変更手続きに苦労します。

場合によっては、相手の家族にお願いしなければいけない状況も考えられます。

賃貸の契約だけでなく、水道・ガス・電気・電話・インターネットなど、数多くの契約変更が必要になると手間暇もかかります。

口座振替の場合、契約変更がスムーズにいかなければ、別れてからも契約者の口座からお金を引き落とされ続けます。

すると今度は、お金のトラブルに発展するのです。

「そんなことはあり得ない」と思うかもしれませんが、実際は何が起こるのか分かりません。

生活費の折半は簡単でも、契約者の変更は手間暇がかかります。

契約者は、軽い気持ちで決める傾向がありますが、実際は大変重要です。

デリケートなので話しにくいかもしれませんが、万一のためにも、きちんと話し合っておくことをおすすめします。

契約者を決めるなら「別れたとき、どちらが部屋に住み続けるか」という点で考えることが大切です。

後先のことを考えたとき、部屋に住み続ける人を契約者にしたほうが安心です。

まとめ

同棲を始めたらすぐ取り組みたいこと その11
  • 契約者をどちらにするか、
    きちんと話し合っておく。
同棲では表札をどうするか。

もくじ
(同棲を始めたらすぐ取り組みたい30のこと)

同じカテゴリーの作品