人生の教科書



同棲

同棲を始めたらすぐ取り組みたい
30のこと

お気に入り0 読んだ
5

余った家具や生活用品は、
すぐ処分しないほうがいい。

余った家具や生活用品は、すぐ処分しないほうがいい。 | 同棲を始めたらすぐ取り組みたい30のこと

別々のアパートに住んでいたカップルが同棲を始める際、家具や生活用品が余るときがあります。

炊飯器やトースターが2つあっても仕方ありません。

鍋やフライパンが2つあっても、使うのは1つだけでしょう。

大きなテーブルが2つあるのは便利ですが、部屋の広さに限りがあるため邪魔になります。

2つを平行して使う用事がないかぎり、基本的には余分でしょう。

部屋のスペースも限られているため、どちらか一方を処分しようと考えるかもしれませんが、ちょっと待ってください。

このとき注意したいことがあります。

すぐ処分するのは避け、しばらく実家で保管しておくことをおすすめします。

後から必要になるかもしれないからです。

 

たとえば、使っている家電や家具が急に壊れることもあるでしょう。

あるいは同棲の結果、別れや同棲解消になることもあるでしょう。

そうした事態になったとき、足りないものは買い直さなくてはなりません。

買い直すお金や手間暇がかかり、生活費が苦しくなるでしょう。

家電や家具は高価なものもあるため、ものによっては、買い直すのは大きな出費になるはずです。

急な破損や同棲解消に備えるのは、縁起が悪く思えますが、実際にあり得る話です。

「絶対大丈夫」と思っていても、いざ一緒に暮らし始めてみると、思わぬ事情が発生することは珍しくありません。

こうした不測の事態に備え、余った家具や生活用品は、しばらく実家に保管しておくのが賢明です。

完全に必要ないものなら処分してもいいですが、必要になる可能性があるなら、念のため実家に保管しておくほうが安心です。

家具や生活用品を実家に移動する際、配送料がかかる場合もありますが「保険料」として考えれば安いものです。

常に万一を考えながら行動することで、後悔を減らせます。

慎重な判断と計画的な行動は、親も感心してくれるはずです。

まとめ

同棲を始めたらすぐ取り組みたいこと その5
  • 余った家具や生活用品は、
    万一に備え、
    しばらく実家に保管しておく。
ごみに関するルールは、早めに話し合っておこう。

もくじ
(同棲を始めたらすぐ取り組みたい30のこと)

同じカテゴリーの作品