人生の教科書



読み上げ動画・音声
同棲
同棲が1カ月続くごとに、お祝いをしよう。
同棲
同棲で引っ越したら、会社に報告する義務があるのか。
同棲
同棲で一番大切なルールは、お金。
同棲
同棲に疲れたら、きちんと原因を見極める。
同棲
同棲していることを、会社の上司や同僚に報告すべきか。
同棲
立場や年収が違っても、同棲の主役は、あくまで2人。

同棲めたらすぐみたい
30のこと

お気に入り0 読んだ
9

同棲ルールは、
いよりないほうがいい

棲のルールは、多いほうがいいのか、少ないほうがいいのか。

正解は明らかです。

同棲のルールは、多いより少ないほうがベターです。

「同棲のルールは、増やさなければいけない」と思っているなら要注意です。

もちろん必要なルールは、きちんと決めなければいけません。

役割分担や家事の仕方は不可欠なルール。

特に生活費や貯蓄といったお金に関するルールは、曖昧にせず、はっきり決めておく必要があります。

同棲に欠かせないルールは、きちんと話し合って決めておくことが大切です。

ルールを決めておけば、いちいち悩んだり話し合ったりする手間暇が省けます。

適度なルールが、快適な同棲に役立つのは間違いありません。

 

しかし理想を言えば、同棲のルールは、多いより少ないほうがいいのです。

ルールは、便利である反面、多すぎると制限になります。

ルールに縛られた同棲は、誰にとっても窮屈です。

「自由が制限される」「自主性を妨げる」「疲れやすくなる」など、同棲に悪影響を与えることがあります。

ルールを作るなら、むやみに増やすのではなく、なるべく必要最小限を心がけましょう。

少ないルールの中で生活するほうが、お互い行動しやすくなって快適です。

ルールによる制限や不自由が少なくなる上、お互いの自主性を高められるでしょう。

時には、あえて決めないことも選択肢です。

 

たとえば「細かいことは気づいた人がする」ということにしておけば、ルールの数を減らせるでしょう。

のびのび快適に過ごせる生活のほうが、ストレスが減ります。

笑顔の数も増えます。

現実においても、同棲が成功したカップルには「同棲のルールが少ない」という特徴が目立ちます。

ルールをゼロにするのは困難ですが、多くなりすぎないように注意してください。

同棲を始めたらすぐ取り組みたいこと その9

  • ルールは、
    むやみにやすのではなく、
    なるべく必要最小限える
仲直りのルールは、喧嘩が起こる前に決めておくほうがいい。

もくじ
(同棲を始めたらすぐ取り組みたい30のこと)

同じカテゴリーの作品