人生の教科書



✨ランキング✨  動画・音声
同棲
仲直りの余計な先延ばしは不要。
同棲
相手の気持ちを理解するだけで、仲直りがしやすくなる。

同棲めたらすぐみたい
30のこと

お気に入り0 読んだ
10

仲直りのルールは、
喧嘩こるめておくほうがいい

仲直りのルールは、喧嘩が起こる前に決めておくほうがいい。 | 同棲を始めたらすぐ取り組みたい30のこと

棲のルールでは、生活しながら決めようと思うものがあります。

同棲では、想定外も数多くあります。

そのときになってみないと分からない状況も多いため、前もって決めにくいルールがあるのも事実。

もちろん細かいルールは、その都度決めれば間に合うでしょう。

 

しかし、たとえ状況が分からなくても、前もって決めておくほうがいいルールがあります。

「仲直りのルール」なのです。

仲直りのルールは、その都度決めるのではなく、前もって決めておくのが賢明です。

喧嘩をしてから考えればよいと思っても、実際はなかなかうまくいかないことが多い。

いざ喧嘩で不仲になると、ぴりぴりした険悪な雰囲気が漂います。

2人の間に溝ができ、面と向かって話し合うのは難しい。

抵抗感や嫌悪感が強い状況の中、冷静に話し合ってルールを決めるのは困難です。

喧嘩が始まってから仲直りのルールを決めようと思っても、なかなか難しいのが現実なのです。

そのため同棲を始めたら、早めに仲直りのルールを決めておくのが得策です。

仲直りのルールを決めておけば「喧嘩をしたら仲直りをする」という意識合わせもできます。

仲直りのルールは、喧嘩をしてから決めるのではなく、喧嘩が起こる前に決めるから意味があります。

ルールは、2人の愛情や恋愛に関する内容がいいでしょう。

前もって仲直りのルールを作っておけば、いざ喧嘩をして仲が悪くなっても、仲直りしやすくなります。

本当にルールが守られるかは2人次第ですが、少なくとも、ないよりあったほうがいいのは間違いありません。

喧嘩が起こったときの目安程度・参考程度にはなるはずです。

「ルールを守らなければいけない」という気持ちが少しでも強くなれば、喧嘩の後の仲直りもスムーズになります。

同棲を始めたらすぐ取り組みたいこと その10

  • 仲直りのルールは、
    喧嘩こるめておく
契約者の決め方は軽視できない。
契約者をどちらにするか、きちんと話し合っておく。

もくじ
(同棲を始めたらすぐ取り組みたい30のこと)

同じカテゴリーの作品