人生の教科書



同棲
同棲の食事は、自炊が基本。
自炊こそ、大きな節約効果を生み出す。
同棲
同棲で引っ越したとき、住民票を異動させる必要があるのか。
同棲
同棲していることを、会社の上司や同僚に報告すべきか。
同棲
同棲で引っ越したら、会社に報告する義務があるのか。
旅行
搭乗手続きで荷物の超過が明らかなら、国際配達のほうがいい。
同棲
お風呂は、毎日一緒に入らないほうがいい。
同棲

同棲を始めたらすぐ取り組みたい
30のこと

お気に入り0 読んだ
12

同棲では表札をどうするか。

同棲では表札をどうするか。 | 同棲を始めたらすぐ取り組みたい30のこと

同棲では表札をどうするかが問題です。

表札を出すと、住んでいる人の氏名が分かるようになるので、抵抗を感じる人も多いのではないでしょうか。

インターネットが普及して、個人の特定が容易になっている時代です。

「個人情報が心配」「周りに名前を知られたくない」と考える人も多いでしょう。

表札を出さなくても法律上は問題ないため、個人の自由です。

物騒な世の中です。

複雑な社会事情を考慮して、表札を出さない選択をするのも自由です。

 

ただし、一人暮らしの状況とは違い、同棲となると、少し状況が異なります。

同棲の場合、異なる氏名の男女が1つの部屋に住むことになります。

表札がないと、配送業者の方は、該当の部屋を見つけるのが大変になります。

配送物の到着が遅くなったり、届かなかったりする可能性もあります。

時には大家や隣近所に確認の連絡が入り、迷惑をかけることもあるでしょう。

同棲は、一人暮らしのときとは違い、配送業者への負担が大きくなることが考えられます。

そのため、同棲では、できるだけ表札を掲げておくほうがいいでしょう。

表札に抵抗はあるかもしれませんが、配送業者の配慮を考えるなら、きちんと表札を出しておくほうが便利です。

もし個人情報が不安なら、名字の記載だけでもかまいません。

名字があるだけでも、配送業者は識別が楽になります。

表札に名字の異なる2人の名前があれば、それを見た近隣住民は不思議に思うかもしれませんが、気にしないことです。

むしろマナーの面で考えれば、きちんと表札を出している人のほうが丁寧と言えます。

表札を掲げることは、同棲をスムーズにするマナーの1つです。

まとめ

同棲を始めたらすぐ取り組みたいこと その12
  • 事情がないかぎり、
    できるだけ表札を掲げておく。
騒音による近所迷惑には要注意。

もくじ
(同棲を始めたらすぐ取り組みたい30のこと)

同じカテゴリーの作品