同棲

まとめ
(同棲を始めたらすぐ取り組みたい30のこと)
まとめ | 同棲を始めたらすぐ取り組みたい30のこと

  • お互いとも同棲の初心者であることを意識しておく。
  • 同棲を始めて最初の1カ月は、大変であっても、ひとまず我慢を貫く。
  • 「立場や年収が違っても、同棲の主役は2人」という意識を共有する。
  • 引っ越ししたら、ご近所に挨拶をする。
  • 余った家具や生活用品は、万一に備え、しばらく実家に保管しておく。
  • ごみに関するルールは、早めに話し合っておく。
  • 譲れないことがあれば、前もって伝えておく。
  • 家事の役割分担は、曖昧にせず、きちんと話し合って決める。
  • ルールは、むやみに増やすのではなく、なるべく必要最小限に抑える。
  • 仲直りのルールは、喧嘩が起こる前に決めておく。
  • 契約者をどちらにするか、きちんと話し合っておく。
  • 事情がないかぎり、できるだけ表札を掲げておく。
  • 騒音で近所迷惑をかけないよう注意する。
  • お揃いの食器を買って、毎日2人で使う。
  • 同棲の食事は、自炊を基本とする。
  • 生理の痛みがひどいなら、無理に隠したりごまかしたりせず、伝える努力をする。
  • 同棲を始めても、最低限の恥じらいは持ち続ける。
  • 2人でお風呂に入るのは、特別なときだけにする。
  • できるだけ自分の下着は自分で洗うようにする。
  • 同棲で引っ越しをしたら、郵便物の転送サービスを利用する。
  • 占いや風水を取り入れるなら、限度に注意する。
  • 同棲で住民票を異動するなら、事情がないかぎり、2人とも世帯主になっておく。
  • 社内恋愛で同棲する場合、住民票を世帯別で登録しても、ばれる可能性を把握しておく。
  • 同棲で引っ越したら、きちんと会社に報告する。
  • 会社の人に打ち明けるかは、状況を見ながら判断する。
  • 会社に住所変更の連絡をしないなら、両家の親に事情を話して、理解を得ておく。
  • 同棲の状況に応じて、住民票の異動の必要性を判断する。
  • 同一世帯にするときの注意点を把握する。
  • 住民票を移さないデメリットを確認しておく。
  • いずればれることなら、早めに言っておく。

同じカテゴリーの作品