人生の教科書



読み上げ動画・音声
同棲
同棲すると、どきどきが増えるより減ることを覚悟しておくこと。
同棲
メンタルを鍛えておくことも、同棲の準備の1つ。
同棲
同棲中に見栄を張ると、結婚が遠のく。
同棲
同棲で引っ越したとき、住民票を移動させる必要があるのか。

同棲めたらすぐみたい
30のこと

お気に入り0 読んだ
3

立場年収っても、
同棲主役は、
あくまで2人

棲を始めるにあたり、まず同棲の主役を考えましょう。

同性の主役は誰でしょうか。

主役と聞けば「権限や経済力のある人がなるもの」という印象があるかもしれません。

体力のある人・発言力が強い人・家事能力が高い人がなるものと考える人もいるでしょう。

たしかに力が大きく偏っていると、ギャップが生まれ、自然と上限関係が生まれやすくなります。

立場の高い人のほうが主役を考える人も多いのではないでしょうか。

しかし、いずれも誤解です。

立場や年収が違っても、同棲の主役は、あくまで2人です。

同棲は、2人が存在してこそ実現する生活だからです。

1人で生活するなら、一人暮らしと同じです。

2人で支え合い、助け合ってこそ同棲が成り立ちます。

そのため、ルールも家事も、2人が分担してこなすことが大切です。

大きな決断が必要な場面では、独断は避け、前もって相談が必要です。

困難がやってきたときも、1人ではなく、2人が協力して越えるようにします。

2人が話し合って、納得して決めていくから、2人らしい同棲が実現できます。

一方が生活費を全額支払っていたり、家事をすべて賄っていたりしても、主役は2人であることに変わりありません。

「同棲の主役は2人」という認識が欠けているなら、あらためて意識合わせをしておきましょう。

「どんなときも2人で一緒に頑張っていこう」という一言で、気持ちを1つできるでしょう。

仮に主役が偏っているなら「2人が主役」という状態になるよう調整しましょう。

「同棲の主役は2人」という意識を共有できれば、お互いに責任感が生まれ、自発的な行動を促せます。

同棲のモチベーションも高まり、意欲的に家事を取り組めるようになります。

悩みもトラブルも、常に同棲の主役は2人であることを意識しながら解決していきましょう。

同棲を始めたらすぐ取り組みたいこと その3

  • 「立場年収っても、
    同棲主役2人」という意識共有する
引っ越ししたら、ご近所に挨拶をしよう。

もくじ
(同棲を始めたらすぐ取り組みたい30のこと)

同じカテゴリーの作品