人生の教科書



同棲
同棲は、離婚率を下げる働きはあっても、ゼロにはできない。
同棲
同棲は、結婚へのファイナルステージ。
同棲
急いで結婚しても、離婚になっては意味がない。
同棲
同棲は、3年すれば十分。
同棲
短期間で同棲を解消することもあっていい。
同棲
同棲の本当のシミュレーションとは、結婚までの道筋を描くこと。
同棲

同棲の挨拶で心がけたい
30のマナー

お気に入り0 読んだ
28

離婚歴がある人に、
同棲は必要なのか。

離婚歴がある人に、同棲は必要なのか。 | 同棲の挨拶で心がけたい30のマナー

離婚歴がある人に、同棲は必要でしょうか。

離婚歴があると、再婚したい相手がいても、途中のプロセスを省略する傾向があります。

「すでに離婚を経験している。今さら慎重になっても仕方ない」と考える人もいるでしょう。

戸籍に傷がついたことで、人生に対する緊張感が途切れ、離婚後の行動が雑になることもあるでしょう。

特に女性の場合、妊娠できるリミットがあります。

リミットが近づいていれば、焦る気持ちも強くなるでしょう。

 

しかし、ここは重要なポイントです。

やはり離婚歴がある人こそ、同棲が必要です。

結婚生活がうまくいかなかった過去があるからこそ、より慎重な対応を心がけたい。

ここで焦って行動を早まると、同じ過ちを繰り返す可能性があります。

離婚歴を理由に同棲を省略するのは「離婚」という経験が生かされていない状態です。

客観的に見たとき「学習能力がない」と思われても仕方ないでしょう。

妊娠のリミットが心配なら、同棲期間を最小限に抑えるようにします。

たった1カ月の同棲でも、前もって一緒に暮らす経験があるかどうかは違います。

たとえ離婚歴が2回や3回であっても、考え方は同じです。

同棲とは、一緒に暮らすという意味だけではありません。

同棲とは、真剣に人生を生きる姿勢でもあります。

離婚歴があるからこそ、同棲をしておきたい。

防げる失敗は、きちんと防ぐことです。

パートナーが理解してくれなければ「お互いを十分理解してから結婚したい」という気持ちをきちんと伝えましょう。

お互いのご両親を安心させるためにも、同棲をしておくのが賢明です。

まとめ

同棲の挨拶で心がけたいマナー その28
  • 離婚歴があっても、
    できるだけ結婚前に同棲をしておく。
親同士の挨拶は必要か。

もくじ
(同棲の挨拶で心がけたい30のマナー)

同じカテゴリーの作品