同棲

同棲の挨拶で心がけたい
30のマナー

読んだ お気に入り1
5

あらかじめご両親の好みや考え方などを確認しておく。

あらかじめご両親の好みや考え方などを確認しておく。 | 同棲の挨拶で心がけたい30のマナー

あなたはパートナーのご両親について、どれだけ知っているでしょうか。

予備知識がゼロの状態は注意が必要です。

ご両親の人柄を何も知らないままでは、挨拶のとき、どう話し始めていいか分かりません。

うっかり触れてはいけない話題に触れてしまうと、気まずい雰囲気が漂うでしょう。

持参した手土産が、ご両親の苦手なものである可能性もあり得ます。

人によって、好み・価値観・考え方などさまざまです。

同じ家族であっても、父親と母親ではタイプが大きく異なることもあります。

そのため、パートナーのご両親について詳しく知っておけば、挨拶の際に役立ちます。

挨拶前にパートナーを通してご両親の好みや考え方を確認しておきましょう。

ご両親は、どんな好み・価値観・考え方があるのか。

ご両親のどちらが家族運営の主導権を握っているのか。

触れてはいけない話題などはあるか。

ご両親はどんな職業なのか。

どんな夫婦関係なのか。

ささいなことでもいいので、できるだけ詳しく確認しておきましょう。

 

たとえば、父親が古風な考え方をしていると分かれば、礼儀作法を重視すべきと分かるでしょう。

ご両親とも甘い食べ物が大好物なら、手土産を選ぶときの参考になります。

そのほか「父親は釣りが得意」「母親は海外旅行が好き」などの情報も、雑談のネタとして役立つはずです。

触れてはいけない話題があれば、あらかじめ注意ができます。

予備知識があればあるほど、会話での空回りを回避できます。

まとめ

同棲の挨拶で心がけたいマナー その5
  • 事前にパートナーのご両親の人柄について確認しておく。
同棲の挨拶のシミュレーションは必須。

もくじ
同棲の挨拶で心がけたい30のマナー
あらかじめご両親の好みや考え方などを確認しておく。 | 同棲の挨拶で心がけたい30のマナー

  1. 親への挨拶も同棲の一環。
    同棲するなら、パートナーのご両親に挨拶をしよう。
  2. ご両親への挨拶の前に大切なのは、良好な人間関係。
  3. 先に同棲の具体的な準備を進めないこと。
  4. 同棲の挨拶の基本的な流れ。
  5. あらかじめご両親の好みや考え方などを確認しておく。
  6. 同棲の挨拶のシミュレーションは必須。
  7. 同棲に反対されることが予想されるなら、前もって説得を考えておく。
  8. 事前に話を進めておくと、本番がスムーズ。
  9. 同棲の挨拶に行くなら、男性の場合、スーツがベスト。
  10. 同棲の挨拶で心がけたい身だしなみ。
  11. 挨拶に行く際の手土産に関するマナー。
  12. 同棲の挨拶の場所には、どこがいいのか。
  13. 「同棲」という言葉は使わないほうがいい。
  14. ご両親の前では、愛称や呼び捨てで呼ばないこと。
  15. 同棲の挨拶では、緊張をしてもいい。
  16. 同棲の挨拶で最も大切なのは、同棲の理由。
  17. 同棲の理由として不適切な4つのパターン。
  18. ご両親からの質問は、正直に答えるのが基本。
  19. パートナーの悪口は禁句。
  20. 挨拶中に心がけたい5つの話し方。
  21. 自宅で注意したい7つの振る舞い。
  22. パートナーを大切にしていることだけは、しっかり伝えること。
  23. パートナーを苦労させるような発言は控える。
  24. 食事にお酒が登場したときのマナー。
  25. 親への挨拶は、やりすぎくらいがちょうどいい。
  26. 結婚に関する質問は、曖昧に答えないこと。
  27. 同棲の挨拶は、両家に必要なのか。
  28. 離婚歴がある人に、同棲は必要なのか。
  29. 親同士の挨拶は必要か。
  30. 数回必要な同棲の挨拶を、1回で済ませてしまう方法とは。

同じカテゴリーの作品